mixiユーザー(id:3564922)

2019年07月01日00:25

37 view

【阪神間モダニズム】阪神間の重要文化財

阪神間は戦前建築や洋館が広く建ち分布してるけど意外と少ないのが国指定重要文化財です。
全国的に見ても広い地域に洋館が建ってるのも珍しいけど、重要文化財が少ないです。
施設・関連施設すべてが重要文化財指定を受けた布引ダムや神戸女学院は置いといて、
純国宝ともとれる重要文化財。
阪神間にある重要文化財をいつもより少し写真多めでご紹介します。



移情閣・孫文記念館
フォト

1915年(大正5年)竣工
ひょうごの近代住宅100選
国指定重要文化財
フォト


フォト

地元では「舞子の六角間」の愛称で呼ばれてるけど、尖がり屋根の八角形楼閣洋館。
木造じゃなくコンクリート造りで、中は中華風です。
フォト


フォト


フォト

コロニアル風の付属棟もあり、見る角度からは色んな見え方がします。





旧神戸居留地15番館
フォト

1880年(明治13年)竣工
ひょうごの近代住宅100選
国指定重要文化財

神戸で最古の異人館です。
明治13年に建てられた、当時から唯一残る洋館です。
明治初期には15番館の様な木造コロニアル様式の洋館が建ち並び、当時では東洋で最大規模の居留地が出来上がったそうです。
北野異人館街で見られるガラス窓をはめ込んだ洋館と違って普通にベランダのコロニアルな洋館ですね。
フォト


フォト


フォト






旧小寺家厩舎
フォト

1907年(明治40)頃竣工
河合浩蔵設計
ひょうごの近代住宅100選
国指定重要文化財

赤煉瓦造りの1階と、木造の2階、ドーム型の塔屋が象徴的な厩舎。
白の御影石との色の掛け合いもいい感じです。
これほど大きな美しい厩舎は日本では大変珍しく貴重な建築物です。
フォト


フォト


フォト


フォト






旧ハッサム住宅
フォト

1902年(明治35)竣工
ANハンセル設計
ひょうごの近代住宅100選
国指定重要文化財

インド系イギリス人貿易商・ハッサム氏が自邸として建てた洋館。
もともとは北野異人館街にあったのを相楽園内に移築されました。
ベランダ下見板コロニアルスタイル。
当時の神戸の異人館の特徴をよく表しています。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト






旧トーマス邸・風見鶏の館
フォト


フォト


フォト

1909年(明治42年)竣工
ゲオルグ・デ・ラランデ設計
ひょうごの近代住宅100選
国指定重要文化財

赤い煉瓦の外壁が特徴ですが、木造ハーフティンバーの洋館です。
煉瓦とハーフティンバーを組み合わせた古典的なドイツ建築。
傾斜のキツイ屋根の先にある風見鶏から「風見鶏の館」の愛称で呼ばれ、神戸の観光パンフレットなどには必ず載る北野異人館街の象徴にもなっています。
フォト


フォト


フォト


フォト

1階は来客用のスペースで、広く多様的に使えるようにと廊下を設けていません。
天井の模様が各部屋で違うのも特徴的です。
内部は各所にアールヌーボの模様を取り入れて優しい感じを出しています。
フォト


フォト


フォト

また、使用人専用スペースや屋根裏に通じる階段など、使用人と来客が顔を合わせない様な工夫もなされています。
フォト


フォト






旧シャープ邸・小林家住宅
フォト

1903年(明治36年)竣工
ANハンセル設計
ひょうごの近代住宅100選
国指定重要文化財

淡い緑色の下見板張りの外壁が象徴的で「萌黄の館」の愛称があります。
白の下見板張り洋館が多い北野町で個性が押支出されています。
内部も萌黄色が特徴です。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト

色んなドラマや映画のロケ地などにも使用されてタレントさんや俳優さんのサイン色紙が飾られてありました。
あら、水樹奈々さんも。笑
フォト






旧村山家住宅・香雪美術館
フォト


フォト

1909年(明治42)竣工
河合幾次設計
ひょうごの近代住宅
国指定重要文化財

曲線を描くハーフティンバーがとても優美な洋館。
設計者・河合幾次は門司港レトロの旧大阪商船門司港支店などを手掛けてます。

大阪で職場と住居の近接が一般だった時代に朝日新聞創業者・村山龍平氏が御影に建てた住居。
これをきっかけに大阪の富豪達が次々と阪神間に数千坪単位の土地を買い住居を建て、移り住みました。
阪神間モダニズムの先駆けの1つでもある洋館です。





旧山邑家住宅
フォト

1924年(大正13)竣工
フランク・ロイド・ライト設計
ひょうごの近代住宅100選
国指定重要文化財

ライト様式と言われる、マヤ洋式を模したアールデコ建築。
幾何学模様や凸凹の装飾が至る所に見られ、ライト建築をよく表してます。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト

ヨドコウ迎賓館はライトが設計した建築として阪神間モダニズムを代表する建築の1つです。


色んな洋館やビルをまわって来たけどやっぱり重文指定されてる物は見応えある立派な建物ばかりでした。


ここまで巡って来た阪神間モダニズム建築めぐり。
思いのほか長くかかりましたが、ほぼ全ての阪神間の洋風建築をまわり切りました!
ガイド本に載ってない所や無名の洋館など、細か調べたらまだあるんでしょうけど、ほぼ調べ切り、巡りました。
そして、次回の阪神間モダニズム建築巡り日記が最終建築物になります。


2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年07月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031