ホーム > mixiユーザー(id:350761) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:350761)

日記一覧

見晴台遺跡(みはらしだいいせき)から出土しているものの中に、奇妙な土器があった。それは放射状に縄文の入った目測直径13cmほどの小さな壷なのだが、説明書きに「器台が一体となっており」とあるのだが、この説明文では「壷と器台は分離できるが、意匠的に一

続きを読む

見晴台遺跡(みはらしだいいせき)が全国的に知られることになったのは銅鐸形土製品(どせいひん)が出土したことによる。この見晴台遺跡を代表する遺品は見晴台考古資料館ではなく、名古屋市博物館で常設展示されているという。したがって、見晴台考古資料館に展

続きを読む

縄文海進期の見晴台遺跡(みはらしだいいせき/MAP左)は伊勢湾の北東部に位置する松巨嶋(まつこじま)の東縁に位置していた。小氷河期に入ると海岸線は後退し、松巨嶋は北に位置する八事台地(やごとだいち)や瑞穂台地と陸続きとなり、松巨嶋の西部から南部は浅

続きを読む

北浦神社の近所にある一宮市博物館に向かった。一宮市は愛知県の中では、おそらく縄文遺跡のもっとも多い都市だと思われる。もっとも、遺跡の数が多いのは、近年になってから、公共の建造物が多く築造されたことによる。そして、その公共の建造物の多くは自動

続きを読む

大和町妙興寺 白山神社の表参道上に並ぶ、常夜灯と拝殿を迂回すると、本瓦葺棟入吹放しの拝殿が立ち上がっていた。拝殿は付き固めた地面をコンクリート縁石で囲った中に並べた河原石の基石上に設置されていた、もっとも近い水路は大江用水で、そこまで970m以

続きを読む

下り松遺跡の真東160m以内に位置する大和町妙興寺の白山神社に向かった。表参道の入口部分は一般道となっており、三つ巴神紋の浮き彫りされた貫(ぬき)を持つ石造の台輪鳥居が石タイルを敷きつめた表参道を跨いでいた(写真左)。鳥居の前には玉垣の親柱と思われ

続きを読む

大和町 大神社(おおじんじゃ)の垣を抜けると、目の前には河原石を縁石にして囲った中に細かな砂利を敷きつめた祓所があり、そのすぐ奥には3間巾の瓦葺素木造連子窓型藩塀が設置され、魔防止には万全の体制の整えられている。藩塀の屋根越しには本瓦葺棟入の

続きを読む