mixiユーザー(id:3501169)

2020年08月29日08:54

11 view

第三次イラガの幼虫

やっと涼しくなって来ました。
気温24度。
つい先頃まで9時過ぎには30度を超えてたのに昼過ぎに30度を超えるぐらいかな。

柿の木を見回って今年は裏年の様だ。
実が少ない。
葉に病気の気配がかなりある。
葉を観察していたら「イラガ」の幼虫発見した。卵から孵ったばかりだ。4箇所に分散していた。と、言う事は4箇所に産卵して孵化した様だ。
多分、第三次か第四次産卵だ。

ある意味ハチよりイラガが怖い。
ハチは害を与えなければ刺されもしないがイラガは何の予告もなしに刺される。それもかなり痛い。

今年は蛾に対する見方が変わった年になった。

イラガみたいに果樹を食い荒らし人を刺しまくる幼虫。これまではこう言う害のある蛾の幼虫しか知らなかったが今年は色んな蛾の幼虫に出会った。シンジュサンの幼虫には驚いた。
宝石みたいな美しい幼虫だった。毒も持ってないし何ともキュートだった。孵化したシンジュサン蛾も観れた。優雅だった言えば良いかな。

もう何度もイラガの写真は載せてるので載せてません。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する