mixiユーザー(id:34983401)

2020年03月31日06:33

36 view

うむ

ドローンの遠隔操縦、免許制へ 2022年から 共同通信報道
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=32&from=diary&id=6027752

TD-LTE陸上移動局は(特別)特定無線設備だから
陸特の無線免許もいるんじゃなかったっけ?

電話通信型LTE・・・FDD方式。FDD-LTE
無線通信型LTE・・・TDD方式。TD-LTE
上り、下りで同じ回線を使うのが前者。違う回線を使うのが後者。

必要なのは一陸特か?

>操縦者がドローンを直接見られない範囲で操縦する目視外飛行は、
>主に4G LTEや5Gのモバイルネットワーク経由でドローンを操縦する仕組み。

1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月01日 22:56
    3級が必要とかなんとからしいのですが、どうなんでしょうね?
    それに携帯の回線もあやしいです。

    僕は一級陸特無線技士ですのでなんでもいいですが。


    一級特殊で出る試験の図で、一級では選択筋の「正しいものを選べ」から
    今、勉強中の二級無線技術士は同じ図で
    「合っているものは1、間違っているのは2をつけろ」と、
    一級特殊試験で満点を取れる知識量を要求されていて
    四苦八苦していますあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月02日 21:17
    > mixiユーザー 
    多重無線設備が扱える一陸特は陸技三級と言われるレベルですからねぇ・・・
    アマ四(三?)レベルの二陸特・海特・航特とは別格でした。

    10年くらい前に南海トラフ巨大地震云々でNPO法人を作ろうと資格を取りまくりました。
    結局熱が冷めてNPO法人は作りませんでしたが(汗

    同じ年に電通主任と合わせて受けたのですが先行した一陸特と似た問題があって救われました。
    陸技は電通主任(伝送交換)があるので無線工学の基礎・無線工学Aは科目免除が使えるのですが
    試験を受けるためだけに法規と無線工学Bで二日も休まないといけないという・・・
    それもあって陸技の取得は諦めていますが資格がなくても知識があるだけ便利だと割り切りました。

    解答方法は電通主任の十六肢択一(全網羅)はやり過ぎだと思う(笑

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する