mixiユーザー(id:34983401)

2020年03月29日09:55

22 view

うむ

■債務不履行で「報復サイト」=個人情報、裸写真さらす―専門家「不当な告発」と警告
(時事通信社 - 03月29日 08:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6026334

本質は『デジタル援助交際』だろう。

そもそも、日本の民法は『公序良俗に反する契約は無効』なんだから。
弁済したところで、それは『非債弁済』になる。
担保ではないから弁済完了で『写真の削除義務がない』わけだ。

要するに、
端から弁済なんてせずに
『リベンジポルノ防止法』
で争うしかないということになる。

>25万円の融資の条件として送った自身の裸の写真が・・・
>弁護士は「裸の写真や勤務先までさらすのは正当な告発ではない」と指摘。


そこまでお金に困ることってあるのか?
そもそも、なんで借りないと駄目だったんだ?

『貯められないから借りて、貯められないから返済できない』
というそもそもの論理破綻が見えれば借りなければ良いだけだろう。

1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 09:57
    海外の運営サイトではなく、債権者と言われている奴らに対してね。

    >担保ではないから弁済完了で『写真の削除義務がない』わけだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 10:01
    専門家は「告発」と言ってるが、本質は告発すべき事由がない。

    >専門家「不当な告発」

    (この内容が違法金融をしている奴らの意思そのものであれば)
    そもそも「嫌がらせ」「情報共有」と言っている。

    >「さらすのは嫌がらせ。返さない人を同業者に教えるためでもある。罪悪感なんてみじんもない」
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 15:25
    犯罪者は自己の行為を犯罪では無いといいますね。
    でも、犯罪なのですが。
    違法貸付には関わらないで済むようにしないとですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!