mixiユーザー(id:3482559)

2020年07月01日00:23

18 view

メモ

波が静かに流れている
波が私の足元で行き来する
波が私の足元に小魚を連れてきた
この水が私の一部になっていく
ろ過した水が私の内側へと入っていくとき
私は水と同化していく気持ちになっていく
私たちはまだ一度も会ったことがない
大丈夫
もしもこれまでの間に私があなたに会っていたら
私は発狂し続けていてどんな仕事も手付かずな状態だったことだろう
大丈夫
まだ時間はある
大丈夫
私はまだあなたを必要としていない
私はまだあなたと作る幸せの蜜を知らない
誰かと時間を共有する楽しさと幸せは別物です
それはその人と未来を築けるか否かの違いです
私はあなた宛の手紙を何度も書きました
それは自分を愛してくれる人を探している行動にとてもよく似ています
しかし未来が築けるか否かはまた別の話です
大丈夫
もしもこれまでの間に私があなたに会っていたら
私は発狂し続けていてどんな仕事も手付かずな状態だったことだろう
大丈夫
まだ時間はある
大丈夫
私はまだあなたを必要としていない
私はまだあなたと作る幸せの蜜を知らない
しかし私もまた嘘つきです
夜になると時々あなたの名前を呼んでいます
しかし私は別の夜には別の人の名前を呼んでいます
あなたは高貴な方です
しかし私はまだ幼稚園児レベルです
もしもあなたが私と子供戻りをしてくれるのであれば
私と一緒に南国へ行きませんか?
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する