mixiユーザー(id:3482559)

2020年05月31日23:28

14 view

映画 トランスポーター ファイナル(12)

あらすじ
 運び屋は「サバイバルゲームってなんだよ?!俺は一人で何人を相手に戦わないといけないんだ?ルールはあるのか?!」と依頼人の父親に訊ねた。依頼人の父親は「これから君が今使っている端末に必要なデータを総て送る。俺はすぐにでもテレビの取材に応じなければいけない事態だが、まずは娘を保護してから彼女と一緒にテレビの取材に応じるつもりだ。」運び屋は「あなたの娘は今も体調不良だぞ!それでも父親なのか?!あなたは彼女をビジネスに使っているだけで、あなたは彼女のことを心配していないのではないのか?それは虐待行為ではないのか?!」と彼はとっさに彼女の父親に対して忠告をしてしまった。依頼人の父親は言葉を詰まらせたようだ。「俺はどうしたらいいんだ?一度は会って男同士だけで会話をしてみたかったな。そうか。娘を病院に運んでもらってから、俺は一人で病院で取材に応じるとしよう。君は港に向かってサバイバルゲームを楽しんでくれないか?」依頼人の父親は突然弱気になったようだった。運び屋は「俺はサバイバルゲームをしている暇はない!それは契約違反だ!あなたがこのエリアの安全を破壊し、俺がこのエリアの安全を再生することは不可能だ!最初からあなたがこのエリアの安全を確保すればいいだけだろ?!」依頼人の父親は「しかし俺の娘は他にもいるんだぞ。私は彼女たちの我儘も聞かなければいけない。そうだろ?それが俺の父親としての役割だろ?」運び屋はうんざりしてしまう。「それは違うと思う。俺も病院に行って彼女のそばに寄り添ってあげたいんだが…許可してくれないか?彼女は三姉妹の意見が一致しなければ何事も不可能だと言っていた。あなたは、あなたのわがままを自分の娘たちのわがままにすり替えているだけではないのか?!」と依頼人の父親に説教をしてしまった。「長女と次女がかわいそうだ。彼女たちはこれを機に逮捕されるのか?君は末っ子だけが被害者だと言うのか?」運び屋は「あなたが最もかわいそうですよ。本来であれば全員が被害者なのではないのか?」と同情する言葉を使った。すると依頼人の父親は「君のお父さんは父親としては優秀だな。」と言ったので、運び屋は「どうか自殺だけはするな!」と警告した。依頼人の父親は笑いながら「人は死を覚悟して生きた方が賢くなれると思っていたが、人はいざという時に限って死を考えることもある生き物なのかもしれないな。私も自分の娘たちを幸せにしてあげたかった。私はどうしたらいいんだ?」依頼人の父親は突然弱気になっていった。運び屋は「死を考えることと死を齎すことの意味を同時に考えた時、人の脳は活性化すると思う。幸せを考えることと幸せを齎すことの意味を同時に考えた時、人は自らのアイデアを発信するようになる。」と答えた。依頼人の父親は「それは誰の言葉だ?」と尋ねた。運び屋は「謎のSNSユーザーがSNSの中で使っていた言葉だ。」と答えた。すると依頼主の父親は言葉を詰まらせた後にん「その人が本物だと私は思う。」と答えたので、運び屋は「何のことだ?」と質問をし返すと依頼人の父親は「私たちは知らず知らずのうちに人を死の淵へと追いやっている側の人間なんだよ。」と答えた。「death of qualityのことか?」と運び屋が質問をすると、「その通りだ。君もまた本物の支配下に置かれるな。」と笑った。運び屋は青年期に観たことのある映画ハンニバルを思い出してしまった。依頼人の父親は「君がサバイバルゲームに参加しなくても市民が参加したがっている。彼らは一体何のために生きているんだろうな。」と笑ったので、「これがdeath of qualityのことか。俺はゾンビではない。俺はサバイバルゲームには参加しない。」と運び屋は答えた。依頼人の父親は「彼らは大金を狙ってカーチェースやサバイバルゲームを始めるだろうね。俺は何時間後にそれを止めようかな。」と笑いながら、電話の向こう側で葉巻を吸い始めたのだった。

続く
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する