ホーム > mixiユーザー(id:3472200) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:3472200)

日記一覧

米大統領選挙徹底分析(10):FBIの「電子メール事件」再捜査報道はクリントン候補の致命傷になるか中岡望 | 東洋英和女学院大学教授 ジャーナリスト 2016年10月31日 17時4分配信 突然、クリントン候補のメール事件の再捜査を発表したコメイFBI長官

続きを読む

伊藤桂一講談社, 2005 - 283 ページ昭和十四年五月、満蒙国境で始まった小競り合いは、関東軍、ソ蒙軍間の四ヵ月に亘る凄絶な戦闘に発展した。襲いかかる大戦車群に、徒手空拳の軽装備で対し、水さえない砂また砂の戦場に斃れた死者八千余。生還した三人の体

続きを読む

<大西飛行士帰還>充実の4カ月「成果、早く報告したい」毎日新聞 10/30(日) 17:30配信 <大西飛行士帰還>充実の4カ月「成果、早く報告したい」救助スタッフに抱えられながら報道陣に笑顔で手を振る大西卓哉宇宙飛行士=カザフスタンのジェスカズガン近郊

続きを読む

マツダ「SKYACTIV」をさらに進化させた新技術は何が凄いのか? プレジデントオンライン 宮本喜一18 時間前ゴールドに輝く「Q60」特別限定仕様 霰 MAZDA AXELA 新技術で欧州車に並んだ「アクセラ」 マツダが「SKYACTIV」の進化を図る一連の技術開発の過程で

続きを読む

アイスマン 愛称「エッツィー」 (Otzi, Oetzi, ?zi)1991年にアルプスで発見された、非常に保存状態の良い古代人のミイラ。  当初は近代の登山遭難者の死体ではないかとみなされた。  実際は調査の結果、5300年も前のネイティブ(先住民)の遺体だったと

続きを読む

国際宇宙ステーション計画ってなに?国際宇宙ステーション(ISS)の建設計画を最初に考えたのはアメリカでした。1984年、当時のアメリカの大統領であったレーガンは、宇宙で人間が生活できる宇宙基地を作ることを発表し、この計画を国際協力のもとで進めるこ

続きを読む

韓国機密漏えい 知人女性崔順実(チェ・スンシル)氏、このタイミングでの帰国の狙いは崔(さい、チェ、朝: 최)は、朝鮮人の姓の一つである。本貫は320個以上。金・李・朴・鄭とともに朝鮮の五大姓のひとつ。大韓民国の統計庁の2000年の調査(右図)に

続きを読む

ヒラリー氏 メール調査を非難10/30(日) 15:20 掲載 .クリントン氏、メール問題でFBI長官を非難CNN.co.jp 10/30(日) 10:21配信 (CNN) 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題で、連邦捜査局(FBI)のコミー長官が新たなメ

続きを読む

01 cry wine and sell vinegar 「羊頭狗肉; 看板に偽りあり」 研究社の新和英大辞典の「羊頭を掲げて狗肉を売る」の項には use a better name to sell inferior goods 「劣った商品を売るためにより良い名前を使う」や make an extravagant advertiseme

続きを読む

日中韓 貿易で保護主義に対抗10/29(土) 17:20 掲載 .日中韓、保護主義に対抗=協力強化が必要―貿易相会合時事通信 10/29(土) 11:00配信  日本、中国、韓国は29日、東京都内で経済貿易相会合を開き、自国の産業と雇用維持を優先する保護主義が世界経済の懸念

続きを読む

サウスカロライナ州(英: State of South Carolina [ˌsaʊθ kærəˈlaɪnə] ( 聞く))は、アメリカ合衆国の南東部を構成する州の1つである。2010年国勢調査による人口は4,625,364人だった。北はノースカロライナ州に、南と西

続きを読む

栗山 英樹(くりやま ひでき、1961年4月26日 - )は、東京都小平市出身の元プロ野球選手(外野手)、監督、野球解説者・評論家、スポーツジャーナリスト・スポーツライター、大学教授。マネジメント事務所は有限会社オフィスマリーン。2012年から北海道日本ハ

続きを読む

自動運転車の事故は「原理的に」避けられない!? AI技術の死角テスラの死亡事故が残した教訓 小林 雅一KDDI総研リサーチフェロープロフィール 〔PHOTO〕gettyimages 死亡事故の波紋今年5月に米テスラ・モーターズ製の電気自動車「モデルS」が引き起こ

続きを読む

<横浜・小1死亡事故>運転の87歳逮捕…前日から車で走行 299 2016年10月28日 23:51 毎日新聞つぶやきを見る( 195 )日記を読む( 12 )限定公開( 92 ) チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアする毎日新聞写真登校中の小学生らに車両が突っ込み、

続きを読む

「パラサイト・シングルの子」に介護される親の“悲劇” プレジデントオンライン 相沢 光一4 時間前 (写真はイメージです) 指混入以外も 外食業界不祥事の裏側 霰 登校中の小学生らに車両が突っ込み、騒然とする事故現場周辺=横浜市港南区で2016年1

続きを読む

マン・プラス/F.ポールMan Plus/F.Pohl 1976年発表 矢野 徹訳 ハヤカワ文庫SF833(早川書房)  この作品では語り手が明確に“神の視点”に位置しています。この、すべてを見通す語り手“われわれ”がコンピューター・ネットワークであることはある程度予

続きを読む

六中全会、集団指導体制堅持を再確認――「核心」は特別の言葉ではない遠藤誉 | 東京福祉大学国際交流センター長、筑波大学名誉教授、理学博士 2016年10月28日 11時38分配信 中国共産党「6中全会」 開催期間中の北京(写真:ロイター/アフロ) 27日、

続きを読む

サシガメ(刺椿象・刺亀虫)はカメムシ目カメムシ亜目のサシガメ科 Reduviidae の昆虫の総称。世界で900以上の属に分類される6,000種以上が知られる。時にはサシガメ上科の他の科を含めて「サシガメ」と総称することもある[1]。目次 [非表示] 1 特徴2 生息環

続きを読む

「確かに20年前はこのようなネタを論じ合っていたのは間違いないし、そこからワープや冷凍睡眠、世代宇宙船、異星人のメンタリティなどのネタの先鋭化が進んでいったのは確かだし、>>」を改題。>それによってSFの質なども明らかに向上してきた<のだろう

続きを読む

世界の脊椎動物、70年以降に5分の3減少 WWFAFP=時事 10/27(木) 13:01配信 フランス西部のキブロンでイワシを捕獲する漁師たち(2013年9月24日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】(訂正)人間の食生活や活動の影響で、魚類、鳥類、

続きを読む

「モスクワ大公国がモンゴル勢力と十字軍勢力の摩擦熱から発火し、成長したのと同じように、リ卜 アニア大公国はドイツ騎士修道会の攻撃から自らの身を守るために諸部族の連帯を獲得し、モンゴル 勢力の侵寇に抵抗した南西ルーシを併吞することによつて

続きを読む

Keyword Project+Psychology:心理学事典のブログ心理学やカウンセリング、精神医学、哲学などに関連した“キーワード・専門用語”のブログです。“心理学用語事典・学術用語事典”を作成します。2016年5月の時点で“1430記事以上”の用語を解説しています。

続きを読む

『ツァラトゥストラはこう語った』(ツァラトゥストラはこうかたった、Also sprach Zarathustra)は、1885年に発表された、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの後期思想を代表する著作。「ツァラトゥストラはかく語りき」、「ツァラトゥストラはかく語れ

続きを読む

日本語としての「事件」[編集]日本語の「事件」の語は、「事柄」「案件」を表す語から構成されており、元来、犯罪性、騒擾性という意味はないが、犯罪性、騒擾性のある出来事の意味で用いられることが多い。「殺人事件」「強盗事件」などは1と2の両方の意味を

続きを読む

三笠宮さま悼む.
2016年10月27日11:08

三笠宮(みかさのみや)は、大正天皇の第4皇子崇仁親王の宮号である。三笠宮の宮号は、1935年(昭和10年)12月2日に崇仁親王が成年式を行った際に賜ったもので、阿倍仲麻呂の和歌「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」に出てくる奈良の

続きを読む

「ニューヨーク1997」これから何回かに分けてジョン・カーペンターの映画を紹介したいと思う。「カーペンター後夜祭」とでも思ってよんでいただけたら幸いである♪alai Lamaさんのブログの影響を受けたのはいうまでもなかったりするてなわけで、まず初め

続きを読む

自民総裁任期延長>際立つ「安倍1強」 1カ月余りで決着毎日新聞 10月26日(水)22時18分配信  自民党総裁の「連続3期9年」への任期延長は9月の議論開始からわずか1カ月余りで決着し、「安倍1強」の党内状況を際立たせた。2018年9月に2期目の総裁

続きを読む

【前の日記より】すなわち、世界が「売り手市場」になるにつれ、各国は軸足を微妙にシフトさせながら、自らの利益の確保を図っているのです。しかし、その状況のなかで大国は、いわば「走らなければ負ける」という脅迫観念を抱えながら、果てしないマラソンに

続きを読む

【前の日記より】「売り手市場」における勝者は誰か中国の台頭に代表されるように国際政治が多極化するにともない、「売り手市場」の構図が鮮明になるなかで、歴史的に米国と関係が深い国の政府のなかには、フィリピンほど露骨にでないにせよ、米国への警戒感

続きを読む

【前の日記より】フィリピンの場合、競争が激しくなりやすい条件を抱えているといえます。 フィリピンはかつて米国の植民地でした。そのため、独立後も米国のアジア政策の一つの要であり続け、冷戦時代には沖縄のものを上回るアジア最大の米軍基地が置かれて

続きを読む