mixiユーザー(id:3472200)

2021年03月16日23:21

11 view

「ポスト・アポカリプス」を描いた物語に、我われが惹かれるのはどうしてかな。まぁね、惹かれない人もいるようだけど。じつはアッシも、といいかけて 『地球の長い午後』には圧倒されたよなぁ。

文明の末路に何を見る――。「ポスト・アポカリプス」を描いた物語

どんなものにも始まりがあれば終わりもあります。文明もその例外ではありません。なんらかの理由で現在の文明が崩壊した後の世界。その風景や社会を描いた作品群を「ポスト・アポカリプス」と呼びます。果たしてそこにはどのような人、あるいは生き物が、どのように暮らしているのでしょうか。そんな崩壊の先を描いた物語を集めました。


グラン・ヴァカンス 廃園の天使I
飛浩隆

仮想現実のリゾート地で、現実からの連絡が途絶えて1000年。ゲストを迎え入れるAIたちは、終わることのない夏を繰り返していました。しかし謎の男が訪れた後、幻影の楽園は侵略者「蜘蛛」によって一夜にして崩壊します。AI、人間、仮想と現実。二つの存在が交わる時、生まれるのは悲劇か、救いか・・・本書でお確かめください。



地球の長い午後
ブライアン・オールディス(著),伊藤 典夫(訳)

地球の自転が停止し、地上は運動する植物たちの天下となりました。人類は魁偉な植物、昆虫たちの目を逃れて、ひっそりと滅びの時を待っています。老いた長を埋葬するため、月へと歩く植物ツナワタリに長をくっつける旅から物語は始まります。深い緑の牢獄の中で、人々が生きていけるのかを描いたイギリスSFの古典です。


人類は衰退しました1
田中ロミオ,戸部淑

人類が衰退してはや幾星霜。今や地球の支配者は、ちょっとマヌケでとっても賢い妖精さんです。お菓子作りが趣味の「わたし」は、妖精さんと人間の関係を取り持つ調停官として働き始めるのですが、暴走しがちな妖精さんたちはとんでもない騒動を巻き起こし・・・。不思議な世界観の中で繰り広げられるドタバタSFです。


【期間限定価格】錆喰いビスコ
瘤久保慎司,赤岸K,mocha

あらゆる物質を錆びつかせる「錆び風」が猛威を振るう未来の日本。弓を操りキノコを咲かせるキノコ守りのビスコは、師匠を救うため少年医師ミロとともに、腐敗と暴力の大地を駆け抜けます。襲い来る異形の生物兵器、汚染と環境変動で生まれた過酷な地形。「このライトノベルがすごい!2019」文庫部門の総合・新作でダブル1位となった痛快活劇です。



少女終末旅行 1巻
つくみず

遠い遠い未来。戦争、あるいは別の理由で文明は崩壊しました。もう興亡の歴史も失われ、大きな都市だけが広がっています。少女2人はおかしな乗り物ケッテンクラートに乗って、都市の遺構を旅します。寂しい世界を、それでも生きていくために。アニメ化もされた、静かな都市と騒がしい女の子たちが魅力的なコミックです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://honto.jp/booktree/detail_00008923.html

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年03月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031