mixiユーザー(id:3472200)

2021年03月15日16:29

10 view

ウニは<五放射相称の「アリストテレスの提灯」[8]と呼ばれる骨と筋肉によって動かされる>まことに奇妙な「文化」をもつ棘皮動物で、『暗黒の監視人』のカバーアートが、このウニのようなのはどうしてかな。

ウニ(海胆、海栗、英: Sea urchin)は、ウニ綱に属する棘皮動物の総称。別名にガゼなど。なお、「雲丹」の字をあてるときはウニを加工した食品を指す[1]。日本の俳句では春の季語[2]。


目次 [非表示]
1 概要
2 形態 2.1 棘

3 内部構造
4 発生
5 生態
6 系統
7 分類 7.1 Euechinoidea亜綱
7.2 Perischoechinoidea亜綱

8 食用
9 加工・流通 9.1 アルコールウニの瓶詰
9.2 加工品の瓶詰

10 ウニ漁と資源管理
11 観察・実験 11.1 実験方法
11.2 餌

12 文化 12.1 語源

13 代替食品
14 出典・注釈
15 参考文献
16 外部リンク

概要​[編集]

深海の海底から磯に至る世界中の海に生息し、約870種が確認されている[3]。 多くの種が全身にトゲを持つ。中にはガンガゼのように毒を持つものもある。 ウニの体の構造は5つの部分から成り、背面から見た殻の輪郭が円形で、中心から5つの部分が放射相称に配置されたものを正形ウニ類と呼ぶ。タコノマクラなど、放射状ではなく左右相称になっているものを不正形ウニ類と呼ぶ[3]。

形態​[編集]





ウニの肛門付近。中心の肛門の周りに、生殖孔が空いた生殖板が並んでいる。右下の大きな骨片が多孔板。生殖板の間を埋めている終板から、無数の歩帯板の列がそれぞれ伸びて歩帯をなす。歩帯の左右の穴から管足が伸び、その間は間歩帯と呼ばれる。




ウニの口
棘皮動物は五放射相称の形をしており、棘のためにわかりづらくはなっているものの、ウニも五放射相称である[4]。ウニは炭酸カルシウムの球状の骨格を持ち、骨格上の疣から棘が伸びている。棘のある側に肛門があり、口はその反対側で骨格に大きな穴を空けている[5]。骨格は肛門の付近を除いて、5本の歩帯とその間の間歩帯からなる。歩帯には、管足が伸びる2つの穴を空けた歩帯板が連なっており、その下には放射水管が流れる。間歩帯の下には生殖巣がある[6]。

肛門付近の骨格は頂上板系と呼ばれる。頂上板系はウニのなかで最も古い部分になる。精子や卵が放出される生殖孔を持つ5つの生殖板が肛門の周りにならび、生殖巣はここにつながる。生殖板のうち、ひときわ大きく多くの小孔を持つのが多孔板であり、水管系と外界をつないでいる。生殖板の間に終板と呼ばれる骨があり、歩帯はここからのびる。終板にも管足があり終管足と呼ばれ、これは1本ずつ生える[7]。口からは腸が伸びる。口には5つの歯があり、五放射相称の「アリストテレスの提灯」[8]と呼ばれる骨と筋肉によって動かされる。[9]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%8B
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年03月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031