ホーム > mixiユーザー(id:3472200) > mixiユーザーの日記一覧 > 火星衛星探査計画(MMX)を発表した。この探査機は両衛星の近接探査と、フォボス構成物質のサンプルリターンを行う予定であり、2024年打ち上げ、2025年火星圏到着、2029年地球帰還を想定≪その時>

mixiユーザー(id:3472200)

2020年02月19日01:54

7 view

火星衛星探査計画(MMX)を発表した。この探査機は両衛星の近接探査と、フォボス構成物質のサンプルリターンを行う予定であり、2024年打ち上げ、2025年火星圏到着、2029年地球帰還を想定≪その時>

>生きていたいもんだ。



アサフ・ホール(Asaph Hall、1829年10月15日 - 1907年11月22日)は、アメリカ合衆国の天文学者。火星の2つの衛星ダイモスとフォボスを発見したことなどで知られる。

生涯[編集]

コネチカット州ゴーシェンに生まれた。16歳で大工の徒弟になった後、ニューヨーク、マックグロービルのセントラル・カレッジに入学した。1856年にアンジェリーン・スティックニーと結婚した。彼女は、火星の衛星発見時にホールを激励したという逸話で知られている。

1856年ハーバード大学天文台で職を得ると、軌道計算の専門家になった。1862年にアメリカ海軍天文台の観測助手になり、その年のうちに教授となった。

1875年当時としては世界最大の66-cm反射望遠鏡の責任者となり、1877年に火星の衛星の発見、土星の自転周期の見積もり、土星の衛星ヒペリオンなどの惑星の衛星の軌道の計算などの業績をあげた。その他に プレアデス星団の星の視差や位置の研究を行った。

月のホールクレーターとフォボスの同名のクレーター、小惑星(2023)アサフと(3299)ホールに命名されている。また、フォボス最大のクレーター(直径10km)は妻の旧姓を取りスティックニー・クレーターと命名されている。

賞[編集]
王立天文学会ゴールドメダル(1879年)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB



ポボス(古希: Φόβος, Phobos)は、ギリシア神話に登場する恐怖の神である。その名は「敗走」の意で、古くは敗走を表す神であったが、後に混乱、狼狽、恐怖を表す神となった。後代にはフォボス、またラテン語化してフォブス (Phobus) とも呼ばれる。ローマ神話におけるティモールと同一視される。

概要[編集]

軍神アレースと美の女神アプロディーテーの息子であり、兄弟にデイモス(恐慌)とハルモニアー(調和)がいる。また、エロースとも兄弟ということになる。兄弟のデイモスや叔母のエニューオー(戦い)、時には叔母のエリス(争い、不和)と共に、常にアレースに従属して戦場を跋扈したという。

元はヘーシオドスの『神統記』における恐怖の擬人化である。

英語フォビア(Phobia, 恐怖、恐怖症と訳される)の語源ともなった。また、アサフ・ホールが火星の二つの衛星を発見した際、ポボス(フォボス)とデイモス(ダイモス)の兄弟から名前を付けたことで広く知られている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%9C%E3%82%B9



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フォボス
Phobos

フォボス (2008年撮影)

フォボス
(2008年撮影)


仮符号・別名
Mars I, M 1

視等級 (V)
11.4 ± 0.2[1]

分類
火星の衛星

発見


発見日
1877年8月18日

発見者
アサフ・ホール

発見方法
反射望遠鏡による観測

軌道要素と性質


平均公転半径
9,376 km[2]

離心率 (e)
0.0151[2]

公転周期 (P)
7 時間 39.2 分
(0.3189 日[2])

軌道傾斜角 (i)
1.02 度[2]

火星の衛星


物理的性質


三軸径
27.0 × 21.4
× 19.2 km

半径
11.1±0.15 km[1]

表面積
~6,100 km2

質量
1.26 ×1016 kg

火星との相対質量
2.0 ×10−8

平均密度
1.872 ± 0.076 g/cm3[1]

表面重力
0.0084
- 0.0019 m/s2

脱出速度
0.011 km/s

自転周期
7 時間 39.2 分
(公転と同期)

アルベド(反射能)
0.071 ± 0.012[1]

赤道傾斜角
0 度

表面温度
≈233 K

大気圧
0kPa
■Template (■ノート ■解説) ■Project

フォボス[3][4] (Mars I Phobos) は、火星の第1衛星。もう1つの火星の衛星であるダイモスより大きく、より内側の軌道を回っている。1877年8月18日にアサフ・ホールによって発見された。ギリシア神話の神ポボスにちなんで命名された。


目次 [非表示]
1 特徴
2 地形
3 表面組成の多様性
4 起源 4.1 捕獲説
4.2 ジャイアントインパクト説

5 近接探査
6 フォボス人工天体説
7 フォボスを扱った作品
8 脚注 8.1 注釈
8.2 出典

9 関連項目

特徴[編集]





CGで描かれたフォボスと火星
フォボスは太陽系の惑星の衛星の中で最も主星に近く、火星の表面から6,000km以内の軌道を回っている。

フォボスの軌道は火星の静止軌道より内側にあるため、公転速度は火星の自転速度よりも速い。従って、1日に2回西から上り速いスピードで空を横切り東へ沈む。表面に近いため、火星のどこからでも見えるわけではない。また、火星の自転より速く公転しているので、フォボスは火星の潮汐力のために徐々に火星に引きつけられ(1.8m/世紀)、やがてロッシュ限界に達し破壊される運命にあるとされ、3,000万年から5,000万年後に火星の表面に激突するか、破壊され火星の環となると考えられている[5]。


地形[編集]

詳細は「en:Phobos (moon)#Named_geological_features」を参照





スティックニー・クレーター
フォボスには一つの峰 (Ridges) と十数個のクレーターが確認されている。峰はヨハネス・ケプラーに因んでケプラー・ドルスムと名付けられた。クレーターは天文学者、および『ガリヴァー旅行記』の登場人物に因んで名付けられた。

フォボス最大のクレーターは、ホールの妻クロエ・アンジェリン・スティックニー・ホールにちなんで「スティックニー」と命名されている。スティックニーを中心としてフォボスには放射状の溝 (groove) が見られるが、スティックニーを作った天体が衝突した際の衝撃でできたという説や、火星からの潮汐力による破壊で生じたという説がある[6]。


表面組成の多様性[編集]

フォボスの自転は、火星からの強大な潮汐力によって公転と同期しており、公転方向側とその逆側で反射スペクトルの差異が認められる。フォボスの後行半球の可視-近赤外反射スペクトルは、先行半球と比較して赤っぽく、後行半球はフォボス赤色部(Phobos Red Unit; PRU)、先行半球はフォボス青色部(Phobos Blue Unit; PBU)と呼ばれている。これらは宇宙風化作用によるスペクトル赤化度の違いを反映している可能性がある[7]。スティックニー・クレーターは先行半球、すなわちフォボス青色部に相当する領域に位置している。

起源[編集]

フォボスは、ダイモスとともに、起源について大別して「捕獲説」と「ジャイアントインパクト説」の2つの仮説がある。どちらの仮説も推測やシミュレーションによるものであり、サンプルリターンによる構成物質の分析が待たれている[8]。

捕獲説[編集]

捕獲説は、火星の重力に捕獲された小惑星だと考える。実際、フォボスの可視-近赤外反射スペクトルは、フォボス赤色部はD型小惑星、フォボス青色部はT型小惑星のそれと似ている[6]。フォボスがこれらの小惑星タイプに対応する天体であるならば、炭素質の組成を有するかも知れない。また、フォボスが小惑星起源であるならば、その密度の低さは空隙や氷を内部に含む可能性を示唆している。しかしながら、フォボスの軌道離心率、軌道傾斜角がともに小さい軌道を説明するには、捕獲後に軌道エネルギーを散逸させるプロセスが必要である。

ジャイアントインパクト説[編集]

整った軌道を説明するために、火星への天体衝突で生じたデブリ円盤内で集積した天体だとする意見もある(月の「ジャイアントインパクト説」参照)[6]。

近接探査[編集]

1988年に打ち上げられたソ連の探査機フォボス2号は、翌年火星の周回軌道に入り、フォボスへの接近中に故障したが、その直前にフォボスからごくわずかな気体が安定して噴出していることを発見した。この気体は水蒸気だと考えられている。[要出典]

2011年に打ち上げられたロシアの探査機フォボス・グルントは、フォボスからのサンプルリターンを計画していたが、地球周回軌道からの離脱に失敗し、大気圏へ突入した。

2015年、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は火星衛星探査計画(MMX)を発表した。この探査機は両衛星の近接探査と、フォボス構成物質のサンプルリターンを行う予定であり、2024年打ち上げ、2025年火星圏到着、2029年地球帰還を想定している[9][10]。

フォボス人工天体説[編集]

1950年代から1960年代にかけて、フォボスの奇妙な軌道と密度の低さから「フォボスは中空の人工天体ではないか」という説が唱えられたことがある。

1958年頃、フォボスの公転の永年加速について研究していたソ連の宇宙物理学者、ヨシフ・シクロフスキーは、フォボスが「薄い金属板」構造であると提唱した。これはフォボスが人工的な起源を持つことを示唆するものである[11]。シクロフスキーは火星の上層大気の密度の推定値に基いて、微弱な制動効果でフォボスの永年加速を説明するためには、フォボスが非常に軽くなければならないと推論した -- ある計算では直径が16km、厚さは6cm未満の中空の鉄の球が導かれた[12]。

この仮説はアメリカ合衆国にも伝わり、アイゼンハワー大統領の科学顧問を務めていたジークフリード・シンガーは、天文学雑誌『Astronautics』1960年2月号でシクロフスキー説を支持し、さらに「フォボスの目的は、おそらく火星人が彼らの惑星の周囲で安全に活動できるように、火星の大気中の放射を吸い取ってしまうことだろう」というところまで飛躍させた。また、シクロフスキーと親しかったカール・セーガンやフレッド・ホイルも人工的要素を指摘していた。

しかし後に、こうした考えが生まれる切っ掛けとなった永年加速に関する疑問が提示され[13]、そして1969年までにはこの問題は解決された[14]。初期の研究では、軌道高度が低下する速度を5cm/年という過大な値を使用していたが、後に1.8cm/年まで修正された。現在では、永年加速は当時考慮されていなかった潮汐効果の結果だと考えられている。また、フォボスの密度は1.9 g/cm3と測定されており、これは中空の殻であるという説とは矛盾する。

さらに、1970年代にバイキング探査機によって撮影されたフォボスの画像は明らかに天然の天体であり、人工物ではないことを示していた。

以上のように、科学的には否定されたフォボス人工天体説であるが、21世紀においても、オカルト系の書籍・雑誌やインターネットサイトでは度々提起されている。その多くは、火星の人面岩などとともに、異星人の関与を示唆する内容である[注釈 1]。

フォボスを扱った作品[編集]

詳細は「地球以外の実在天体を扱った事物」を参照

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

1.^ 並木伸一郎『ムー的都市伝説』(学研ホールディングス)所収「フォボス人工天体説」など。

出典[編集]

1.^ a b c d “Planetary Satellite Physical Parameters”. JPL Propulsion Laboratory. 2015年11月20日閲覧。
2.^ a b c d Planetary Satellite Mean Orbital Parameters
3.^ “太陽系内の衛星表”. 国立科学博物館. 2019年3月8日閲覧。
4.^ 『オックスフォード天文学辞典』イアン・リドパス、岡村定矩訳、朝倉書店、初版第1刷、350頁。ISBN 4-254-15017-2。
5.^ “火星の衛星フォボスが崩壊し始めている (ナショナル ジオグラフィック日本版)”. Yahoo!ニュース、ナショナルジオグラフィック (2015年11月20日). 2015年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月20日閲覧。
6.^ a b c Rosenblatt, P. (2011), "The origin of Martian moons revisited", Astron. Astrophys. Rev. (2011) 19:44.
7.^ Rivkin (2002) "Near-Infrared Spectrophotometry of Phobos and Deimos", Icarus 156; 64-75.
8.^ 火星衛星に火星マントル物質の存在を予言 ―JAXA火星衛星サンプルリターン計画での実証に高まる期待―東京工業大学(2017年8月31日)2018年3月31日閲覧。
9.^ “火星衛星探査計画(MMX)”. 宇宙航空研究開発機構. 2019年4月24日閲覧。
10.^ “第21回宇宙科学・探査小委員会”. 宇宙航空研究開発機構. 2019-94-24閲覧。
11.^ Shklovsky, I. S.; The Universe, Life, and Mind, Academy of Sciences USSR, Moscow, 1962
12.^ Öpik, E. J. (September 1964). Is Phobos Artificial?. Irish Astronomical Journal, Vol. 6. pp. 281-283 2006年9月12日閲覧。.
13.^ Öpik, E. J. (March 1963, signed September 1962). News and Comments: Phobos, Nature of Acceleration. Irish Astronomical Journal, Vol. 6. pp. p. 40 2006年9月12日閲覧。.
14.^ Singer, S. F. (1967年). “On the Origin of the Martian Satellites Phobos and Deimos”. Seventh International Space Science Symposium held 10-18 May 1966 in Vienna, North-Holland Publishing Company. 2008年8月8日閲覧。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%9C%E3%82%B9_(%E8%A1%9B%E6%98%9F)


JAXA、目指すは「フォボス」

2/19(水) 0:52

共同通信


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が火星を回る二つの衛星のいずれかに無人探査機を着陸させ、岩石試料を持ち帰ることを目指す世界初の計画「MMX」で、目指す衛星を「フォボス」に決めたことが18日分かった。2024年の出発を目指す。

 19日の文部科学省の宇宙開発利用部会で報告する。小惑星への着陸や試料持ち帰りで実績のあるはやぶさ初号機、2号機の経験を生かす。

 もう一方の衛星「ダイモス」も候補だったが、着陸に必要なデータが多いことや、探査の意義がより大きいことなどからフォボスを選んだ。
.



【関連記事】
JAXAと県内企業が意見交換 東京で技術交流会、品質アピール
宇宙空間に興味津々 高岡でJAXA授業 真空の世界、実験で再現
宇宙の不思議 角田で学ぶ JAXA吉川さん、はやぶさ2の成果を解説 8日
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の松尾尚子さんが特別講座 鳥栖市で弘道館2
児童書を出版した元JAXA研究員 宇宙開発の夢伝える
―――――――――――――――――――――――以上転載ーー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000001-kyodonews-soci



ココがポイント


火星の衛星探査計画 2024年に打ち上げる

出典:共同通信 2/18(火)



「フォボス」火星の表面にかなり近いところを周回している

出典:sorae 宇宙へのポータルサイト 1/18(土)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6351594







0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829