ホーム > mixiユーザー(id:3472200) > mixiユーザーの日記一覧 > 「実際はそうなんだけど陰性にでる」と「実際は違うのだけれども陽性に出る」という反応。普通に使われているインフルエンザでさえそういう危険性はある<「検査受けたい」殺到

mixiユーザー(id:3472200)

2020年02月16日18:59

8 view

「実際はそうなんだけど陰性にでる」と「実際は違うのだけれども陽性に出る」という反応。普通に使われているインフルエンザでさえそういう危険性はある<「検査受けたい」殺到

フォールスポジティブ(誤検知)やフォールスネガティブ(見逃し)


 IDSやIPSにはフォールスポジティブ(誤検知)やフォールスネガティブ(見逃し)というエラーがある。
 (1)フォールスポジティブ
  正常な通信を誤って異常と検知してしまうこと
 (2)フォールスネガティブ
  異常な通信を検知できずに見逃してしまうこと

d18680c9
なかなか覚えられなくて…。逆に覚えたりしてしまいます。

 覚えるのではなく,理解するようにしよう。

 誤検知は,取り越し苦労ではあるが,侵入されていなかったので,前向きに考えてポジティブといえる。一方,見逃しは,侵入されたということなので,否定的にネガティブと言わざるを得ない。病気でいうと,「ガンです」と告知されて,「すいません,間違えていました」と言われるのは,ポジティブに考えられる。一方,「健康です」と言われ,実は「ガンであと少しの命でした」というのはネガティブに考えざるを得ない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
http://sc.seeeko.com/archives/4559461.html

マイミク・BJさんの日記


検査キットは精度が重要2020年02月15日23:55全体に公開 みんなの日記 33 view

 言いたいことは判るし、その通りだと思う。ただ、検査キットというのは開発にとても時間がかかるし、さらにフォスル・ネガティブとかフォルス・ポジティブとかが問題になる。
 それは「実際はそうなんだけど陰性にでる」と「実際は違うのだけれども陽性に出る」という反応。普通に使われているインフルエンザでさえそういう危険性はあるのだ。

 ましてやまだ症例がきちんと把握できない新型に関して今期中に検査キットは無理だ。そして仮に検査キットができても、精度の問題があるだろうし、一般の診療所で使用できるようになるのにはかなりの時間がかかると思う。

 いや、そういうのが一番ほしいのは市中医院なんだけど、もしもそういうキットで陽性が出たら治療薬がないのだから、結局風評被害のみが独り歩きするのではないかなあ。

■「検査受けたい」殺到=相談回線、倍増の自治体も―新型肺炎
(時事通信社 - 02月15日 14:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5974330

コメント
ダーク・ディグラー
ダーク・ディグラー2020年02月16日 00:23 検査キットは制度必要だから機材よりも人材が重要なのにね厄災時は医者と薬と中継地点の連絡網と緊急対応の処置が必要なのにね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1974680248&owner_id=411965
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
忍者モード登場!