ホーム > mixiユーザー(id:3472200) > mixiユーザーの日記一覧 > 地球生命誕生の材料か 隕石から「リボース」を初めて検出>ああ、RNAやATPに欠かせないリボース検出かぁ。地球生命誕生の場が熱水噴出孔だとしても、材料は地球外から供給ってこともありえるってことだよな?

mixiユーザー(id:3472200)

2019年11月19日22:34

19 view

地球生命誕生の材料か 隕石から「リボース」を初めて検出>ああ、RNAやATPに欠かせないリボース検出かぁ。地球生命誕生の場が熱水噴出孔だとしても、材料は地球外から供給ってこともありえるってことだよな?

リボース【ribose】

五個の炭素をもつ単糖類(ペントース)の一。化学式 C5H10O5  D ・ L ・ DL 形が知られているが、天然には D 形のみが存在する。塩基・リン酸と結合してリボ核酸( RNA )に含まれるほか、 ATP や各種の補酵素の糖成分としても広く生体に分布している。 → リボ核酸
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://kotobank.jp/word/%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B9-149385



■地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出
(朝日新聞デジタル - 11月19日 05:18)

隕石(いんせき)からリボ核酸(RNA)を構成するのに必須な糖を検出したと、東北大と北海道大、米航空宇宙局(NASA)などのチームが19日、米科学誌に発表する。これまでにもアミノ酸などの有機物が見つかったことはあったが、生命の根幹を担うRNAを構成するのに必要な糖が見つかったのは初めて。地球で生命が誕生したときの材料となった可能性があるという。


 この糖は「リボース」と呼ばれる物質。豪州などで見つかった隕石を粉砕し、特殊な方法で気体にして成分を分析したところ、見つかった。地球の生物由来の糖とは炭素の同位体の割合などが違っており、隕石が地球に落下してから混ざったのではなく、もともと隕石内にあって宇宙から飛来したと考えられるという。


 この隕石は地球で生命が誕生したより昔の40億年以上前に形成されたらしい。地球でも当時、この糖がつくられた可能性はあるが、証拠は見つかっていない。(合田禄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5869430
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する