mixiユーザー(id:3472200)

2016年01月08日22:44

288 view

北朝鮮抗議決議を棄権した生活・山本太郎代表、理由をブログで説明「『追加的制裁』は相手の思惑にハマったに等しい」 <やるねぇ>産経新聞

山本 太郎(やまもと たろう、1974年11月24日 - )は、日本の政治家、元タレント、元俳優。生活の党と山本太郎となかまたち所属の参議院議員(1期)、生活の党と山本太郎となかまたち共同代表兼政策審議会長、新党ひとりひとり党首。兵庫県宝塚市出身。



目次 [非表示]
1 来歴 1.1 俳優として
1.2 政治家として 1.2.1 政治団体


2 政治公約
3 =その他の政策
4 政治家としての活動 4.1 園遊会における書簡の手渡し 4.1.1 山本太郎の説明
4.1.2 メディア
4.1.3 その他の見解
4.1.4 影響・余波


5 反原発活動
6 特定秘密保護法案反対運動
7 安全保障関連法の採決
8 人物・エピソード 8.1 発言 8.1.1 竹島発言とその真意
8.1.2 東日本女子駅伝を中止に


9 議員連盟
10 主な出演作品
11 書籍、DVD
12 脚注
13 関連項目
14 外部リンク


来歴[編集]

俳優として[編集]

Question book-4.svg この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年10月)

箕面自由学園高等学校在学中(1990年)に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」出場がきっかけとなり芸能界入り。

出演時のグループ名は「アジャコング&戸塚ヨットスクールズ」。ちなみにこのグループ名にも入っている戸塚ヨットスクールズの由来は本人が小さいころに、いたずらをすると必ず母に「戸塚ヨットスクールに入れるぞ!!」と言われていて、「なんとなくつけた」と本人が語っている。オイルを塗った逞しい身体に、その時々の「Q(メロリンQやダブリQなど)」を油性ペンで胸に書き、際どい競泳パンツ、黄色の競泳帽姿にステッキというアイテムで、ボディビルの様なポーズでヘヴィメタルバンドジューダス・プリーストの代表曲『ペインキラー』をバックに迫り来るような奇妙なダンスを踊り、締めに「Q!」と叫ぶ。強烈なパフォーマンスや、当時再ブレイクし始めていたポール牧の指パッチン等で注目を浴びる。一方、山本自身は遊び感覚で出演していたが、「あんな裸踊りをさせるような学校には通わせられない」と保護者から学校に苦情が寄せられたことで親や学校との関係が悪くなりながらも出演するなど、苦労も多くいじめの被害者になった事もあったという。本人も当時ネタにしている通り、高校を留年し(のち中退)、そこから「ダブリQ!」を編み出した。

当初はデビューの経緯もあり、バラエティ番組向けのタレントであったが、トーク下手であったなどから一発屋で終わるかと思われた。しかし1991年、映画代打教師 秋葉、真剣です!の準主役で役者デビュー。それ以来、田舎の気のいいあんちゃんなど肉体派でありながら、どこか素朴さを持つ優しく真面目な面と、ヤクザの若頭などの強面も出来る面が定着。ドラマなどで俳優としての起用が増える。以来50本以上の映画、ドラマ等にて俳優として多方面にて出演。演じる役のほとんどが関西出身の設定であるため(本人も関西出身である)、関西弁で演じている。所属事務所はネスト (1991年 - 1998年)。フリーランスの俳優となってから主演した映画『EDEN』では、新宿二丁目のショーパブの店長であるミロという役で初めてのゲイ役に臨んだ。反原発の行動を起こして以来、久々の本業復帰となったが、プロデューサーの李鳳宇から打診があったときには「この時期にボクの主演映画ですか…。李さんは勇気ありますね」と答えたという[4]。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%A4%AA%E9%83%8E





北朝鮮抗議決議を棄権した生活・山本太郎代表、理由をブログで説明「『追加的制裁』は相手の思惑にハマったに等しい」


産経新聞


2 時間前




シェア
�y
�w


シェア
��
�u







天皇陛下 皇居内で免許の高齢者講習


北朝鮮、終戦の条約得るまで核実験続ける方針=関係筋

北朝鮮 要求する条約得るまで核実験




北朝鮮抗議決議を棄権した生活・山本太郎代表、理由をブログで説明「『追加的制裁』は相手の思惑にハマったに等しい」: 山本太郎氏(斎藤良雄撮影)コピーライト 産経新聞 提供 山本太郎氏(斎藤良雄撮影)

 生活の党と山本太郎となまかたち代表の山本太郎参院議員は8日、参院本会議に出席した上で北朝鮮の核実験に抗議する決議の採決を棄権した理由について、「参議院の決議文は、衆議院のものに比べ、わが国独自の制裁を強める姿勢が読み取れる」と自身のブログで説明した。

 その上で「わが国独自の『追加的制裁』は危険だ」「相手側の挑発に対して、より独自の強硬姿勢を示す事は、挑発に乗った形になる。わが国との緊張状態は、より強まる。それは、相手側の思惑にハマった事に等しい」などと持論を展開した。

 同党は参院会派として採決に賛成したが、代表の山本氏のみが賛成しなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e6%8a%97%e8%ad%b0%e6%b1%ba%e8%ad%b0%e3%82%92%e6%a3%84%e6%a8%a9%e3%81%97%e3%81%9f%e7%94%9f%e6%b4%bb%e3%83%bb%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a4%aa%e9%83%8e%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e3%80%81%e7%90%86%e7%94%b1%e3%82%92%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%81%a7%e8%aa%ac%e6%98%8e%e3%80%8c%e3%80%8e%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e7%9a%84%e5%88%b6%e8%a3%81%e3%80%8f%e3%81%af%e7%9b%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e6%80%9d%e6%83%91%e3%81%ab%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%ab%e7%ad%89%e3%81%97%e3%81%84%e3%80%8d/ar-CChiYA?ocid=SKY2DHP

0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月09日 01:01
    確かに北朝鮮は「瀬戸際外交」「チキンレース」を挑んでいると思います。こういう輩は「しかと」が一番のような気がします。アメリカは北の核兵器の射程内に入ることを恐れているだけで、アジアで何が起ころうと知ったことではない。中国は北朝鮮がやんちゃをしてくれているので自分たちの悪行が影に隠れます。日本は核兵器に対し無反応であるべきかも知れません。そして「拉致被害者の休出」の一点に集中し、一刻も早く家族の元に返すことだけを考えるべきだと思いました。北朝鮮には「人質解放」以外に見返りを与えない、その代わり全員解放されたら相応の人道支援をするくらいでちょうど良いと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31