ホーム > mixiユーザー(id:34710023) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:34710023)

日記一覧

まかない
2017年09月29日19:41

田植えや、稲刈りはやっぱり夫婦二人では無理で、手伝いに来てもらうんだけど、もれなく食事付き。仕事途中だから家の外でちゃっちゃと済ませたい、とか、こちらも料理の時間などほとんどない、など、特殊な条件下で、はて、どうしたもんかと食材を書き出して

続きを読む

導かれて
2017年09月28日16:30

この一週間だけでも。今日、新しく?おろしたマッチ箱をよく見ると、大坂万博を成功させよう、とある。何年前のマッチやねん!!過ぎし方、50年近くを振り返っても。

続きを読む

イザヤ書53章
2017年09月27日19:56

聖書日課もここまで来ました。イエスさまがまだ、お生まれでなかった、紀元前に、人々はここをどう読んだ(正しくは、「聞いた」)のでしょうか。紀元後に生きる者の幸いを思う。これは、今朝の朝焼け。

続きを読む

美しいといえば
2017年09月26日16:25

有名な、コヘレト3章(新共同訳聖書 旧約P1036〜)「何事にも時があり、天の下の出来事にはすべて定められた時がある。生まれる時、死ぬ時、・・・泣く時、笑う時、・・・求める時、失う時、・・・黙する時、語る時・・・」そして「神のなさることはみな

続きを読む

美しいこと
2017年09月25日20:13

良いか悪いか。正しいか間違っているか。ではなく、もう一つの心。美しい心。「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み。なんという喜び。 かぐわしい油が頭に注がれ ひげに滴り ・・ヘルモンにおく露のように シオンの山々に滴り落ちる。 シオンで

続きを読む

おっと
2017年09月24日19:57

わがイナリコを、携帯で写真撮ってくれている人がいた。ちょっとうれしかった。注:これはイナリコではありません。

続きを読む

ナルドの香油
2017年09月23日19:22

女の人が、少しずつ少しずつ、買いためていく財産のようなもの、らしい。これは、オクラの花。

続きを読む

ナルドの壺
2017年09月22日21:10

ナルド、とは、甘松という植物の根っこから採れる香油のことで、ヒマラヤ原産の、とっても貴重な香油らしい。これは、彼岸花、ニラの花、ケイトウ。

続きを読む

士師記、デボラ
2017年09月21日20:24

デボラとバラク、チームを組む。今度は、釘が貫通し、地にまで達する。これも、アガサ・クリスティにあったような。

続きを読む

そういえば
2017年09月20日19:40

去年、工場を作った日に、ジンジャーの花の下で骨折したんだった。え〜去年は、もう、ジンジャーが咲いていたって事?今年はまだまだなのに?これは、その去年のジンジャー。

続きを読む

工場
2017年09月19日20:02

稲刈りの工場もできて、稲刈りの用意は着々と。新しい乾燥機の具合はどうだろうか??期待と不安が・・・・。

続きを読む

桃太郎のおばあさん
2017年09月18日19:53

今日は、田んぼの畦シートを外して、川で泥を洗い流す作業をした。川の流れが、良いあんばいに作業を手助けしてくれるのだけれど、深い用水路に浸かって長いシートを洗っていると、川上から、巨大な桃が流れてきてもおかしくない気がした。いや、今時、もっと

続きを読む

ひやひや
2017年09月17日19:58

収穫前の稲と台風。我が家の田んぼは、他のところが倒れてないときでも、倒れる(箇所がある)。今日の空。台風前?の静かな空。

続きを読む

いなりこ
2017年09月16日19:46

春は、芽生えが楽しみ、で、秋は、とにかく花盛り。台風で倒れる前に、と、見納め?のつもりで花がらを摘んだ。これは、冬野菜の白菜、ブロッコリー、キャベツ。これも、台風でどうなる事やら。

続きを読む

読書の秋
2017年09月15日19:43

しばらくぶりで借りてきた本はこれ。今、もれなく当たる図書カードのチップ付き!「信徒の友」にもついている。

続きを読む

士師記、エフド
2017年09月14日19:39

モアブの王、エグロンを剣で殺害するシーンは、アガサ・クリスティの遺跡の殺人を思い出させる。もう、確かに夏も終わり。

続きを読む

祈祷会で
2017年09月13日19:43

「神の小屋」という映画の話を聞いた。映画を見るのは、たいへんだから、本を買ってみようかしら?

続きを読む

聖書日課
2017年09月12日17:40

イザヤ書も、とうとう40章に突入。確かに、ガラッと雰囲気が変わる。第二イザヤ。これは、収穫中のサツマイモ、サツマイモの葉に鎮座ましますトノサマガエル。トノサマガエルも減少の傾向とテレビで言っていた。

続きを読む

イエスさまでなけりゃ
2017年09月11日19:54

4人の友人も、シリア・フェニキアの女も。(マルコによる福音書2章、7章)「わたしが植えたひまわりの花が咲いた!」と大声で喜ぶ女の子。ひまわりと言うには、ちっぽけな、いかにも成長不良の作品。「・・・・」と思う中年?女の私。いつまでも、少女のよ

続きを読む

罪を赦す
2017年09月10日17:21

神への冒涜、などと正しいことを主張するようでいて、中風の人が治った、ただそのことを喜べない罪。例の漢字パズルで、漱石枕流(そうせきちんりゅう)という熟語があった。調べると、へりくつを言って、自分の死失敗を認めず、なにかと言い逃れをすること、

続きを読む

罪を赦す
2017年09月09日21:07

赦される必要を感じているだろうか。今日、放送のブラタモリ(高野山)を見ていたら、「昔の人は、罪の意識が強かった」、と。自然の驚異という点でも、科学の知識の点でも、ただただ怖れることが多かったに違いない。今は、何でもできる、何でも解明できる、

続きを読む

昨日の答え
2017年09月08日20:06

罪を赦す、なんて、神への冒涜も甚だしいと言って、怒った人々。イエスさまにしか、できないことなのに。イエスさまにしか、言えないことだから。

続きを読む

罪の赦し
2017年09月07日19:55

中風の人に、「起きて歩け」というのと、「あなたの罪は赦された」というのと、どちらが易しいか。書道の道具が身近にあったおかげで、こんな使い方も。マジックの代わり!

続きを読む

4人の友人は、小さな教会。これが、キーワードかも。終点の吉野駅で、青の交響曲(シンフォニー)を丁寧なお辞儀で迎える人の姿。社内清掃のために待っている。

続きを読む

哀れな病人を見て、ではなく、暴挙に出た友人を見て、病を癒やされた。私たちの的を外れた祈りでも?いや、それ以前に、そこまでやっているか?これは、陀羅尼助の飴。のんびり吉野で。

続きを読む

中風の人と4人の友達
2017年09月04日20:01

寝たきりの友人を、イエスさまにいやしてもらうために、屋根を壊してつり下げる、という暴挙に出た人たち。その結末は!?(マタイ9章、マルコ2章、ルカ5章)昔の新幹線の漫才ではないけれど、このお話の意味を考え出すと、夜も寝られない?吉野で久しぶり

続きを読む

今、考え中。シーズンオフの吉野は、人が少なく、のんびりモードだった。

続きを読む

シーズン外れの吉野
2017年09月02日21:05

友達に誘われて、行ってきました。ゆっくり、電車で、ぼちぼちと。吉野駅で、青の交響曲(シンフォニー)を見ました。

続きを読む

9月になったので
2017年09月01日20:17

ガラス食器をなおし、刺し子のカバーを秋の味覚バージョンに替えて。「主の書に尋ね求め、読んでみよ。これらのものに、ひとつも欠けるものはない。」(イザヤ書34章16節(新共同訳聖書 旧約P1115)

続きを読む