mixiユーザー(id:34710023)

日記一覧

手作りラミネート
2019年07月29日22:07

こんな便利なものが、百均に。

続きを読む

夏期学校が
2019年07月28日21:14

去年スライドして残念だったけど、いい結果を生んでいるように思える。今年は、天気に恵まれすぎて?暑っそう〜

続きを読む

ということで、今日は、お茄子の切り戻し。で、実はすべて収穫。こんな小さなお茄子も。ちくび、というらしい。

続きを読む

朝の一仕事
2019年07月26日19:46

収穫しつつ、それぞれの手入れをする。収穫物を洗って分別し、下ごしらえのいるものには、下ごしらえを施して、それぞれを処理する。蚊と戦いながら。(小動物との戦いは何故か休戦中。多分、近くの桃畑の方が魅力的なのだろう)これがここんとこ、ずっと続い

続きを読む

久しぶりに
2019年07月25日17:56

洗濯物が。「乾いたあぁ」という乾き具合。雨で倒れたグラジオラス。

続きを読む

小松左京
2019年07月24日21:56

100分で名著。阪神淡路大震災で、ペンを絶ち、精神にバランスを欠き、東日本大震災の年の7月に亡くなった、と知った。SFで人間を探求した。やはりそこに立ちはだかるのは人間の限界。京都の事件とも重なって。「ラマで声が聞こえた。激しく嘆き悲しむ声だ

続きを読む

ラジオ体操
2019年07月23日20:30

お風呂はシャワーなんだけど、その前に、録画版ラジオ体操をする。選りすぐりのラインアップを順に一つずつこなすと、二ヶ月で3巡りほど出来る。バラエティに富んでいて、楽しみ。また、新8月の分はとりあえず録画してからセレクト。

続きを読む

右側通行だとか、左側通行だとか、言う前に、エスカレーターは止まって降りて、という運動があることを初めて知った。右側が不自由な人、左側が不自由な人がいるからだ。そんなこと、考えもしなかった。

続きを読む

大草原の小さな家で
2019年07月21日21:54

食前の祈りをローラのお姉さんが捧げていた。「天の父なる神さま、食べ物を与えてくださってありがとうございます。あなたのために私たちが用いられるようにお守りください。」という風な祈りだった。我が家の夏食器。少しは涼しく。

続きを読む

感謝なことに
2019年07月19日22:27

今日一日で、ずいぶんとはかどった。夏期学校の担当は一年二年。

続きを読む

コヘレトが終わって
2019年07月17日22:10

次の楽しみは、雅歌。あまり、なじみがないもんで。大好きなベゴニアだけど、うちにはないのに、どうやって芽を出したのか?しかもこんな石ころだらけの場所に。うれしいプレゼント。

続きを読む

ビバップ!ハイヒールで
2019年07月16日21:07

大人も楽しめる絵本、とかをやっていた。そこで、「せんそうとへいわ」という谷川俊太郎の本を紹介していた。手に入れるか、図書室に頼むか考え中。これはお気に入りの絵本のシリーズ。

続きを読む

深謀遠慮
2019年07月15日19:50

神さまのなさること。礼拝で、四字熟語のお勉強。トマトとなすびの双子シリーズ。

続きを読む

いよいよ夏期学校迫る
2019年07月14日19:23

最後の打ち合わせ。最後の詰めをしなくては。

続きを読む

長靴をはいた猫
2019年07月13日21:55

今の子は、あまり知らないらしい。などと偉そうに言って、いざ、あらすじを説明しようとしたら、ほとんど忘れている、ということに気がついた。そうそう、遺産分けから、話が始まるんだった。教会のミニザクロ。

続きを読む

パプリカ
2019年07月12日20:54

色がつくまで待ち続けていたら、こんなジャンボに。インターネットで調べたら、色づくのに、60日かかるとか。いったいどうなる事やら。

続きを読む

選挙
2019年07月11日18:48

冨田林教会の婦人会が、オリーブではなく、オリブの会という名称で良かった。オリーブとかいう政党があるらしいから。はは。あのアサガオ(右)が、今はこんなに(左)。支柱も気に入ってくれたらしい。

続きを読む

いよいよ、溜まっていたドッグイヤーの箇所が今日の箇所に追いついた。今日を最後に、ひとまず、このシリーズは終わるぞ。で、今日の箇所は、新しい聖書の訳が出たことについて、だった。奇しくも、日本でも、去年、聖書協会訳の新しい聖書が発売されたところ

続きを読む

トルストイの寓話。「対岸の方向だけを教えられ、二本のオールだけが与えられた。進むにつれ、流れが速くなり、舟はコースから外れてしまう。周りを見渡すと、オールを投げ出しあきらめている者、対岸に向かって悪戦苦闘している者、流れに身を任せて楽しい声

続きを読む

シュバイツァーの話。「彼は、世界と他者がわたしに何を負っているかとは考えず、わたしは世界と他者に何を負っているかと考えた。」何がいるか、探してください〜二匹です〜

続きを読む

昨日の続き
2019年07月07日19:32

14世紀にようやく英訳聖書が出た時には、その数章を買うために、干し草の山を持って行った人もいた。聖書を手に入れるためにどんなに大きな犠牲を払ったか。今日の我々は、恥ずかしさで顔が赤らむのを感ずる。モジズリソウ。「みちのくの忍ぶもじずり誰ゆえ

続きを読む

昔、印刷術がまだなく、手での書き写しだった頃(4世紀ごろ)、筆記者たちに支払われる筆写代は、スティコイ(ひとかたまりの字数の単位)に分けて計算されたらしい。200スティコイに付き、20〜25デナリという相場だったらしい。100スティコイで1

続きを読む

「もし、イエスがふたたび来られたら、何が起こるだろうか。あるものは、彼を十字架につけるだろう。あるものは、彼を無視するだろう。そして、彼を迎え入れるものは・・・」われわれはどうなのか。さて、久々にまた、探していただきたい。ネコが二匹、見つか

続きを読む

「表彰式や運動会にはおおぜいの親たちが詰めかけてくる。・・しかし彼らのお目当てはただ一人、そう。自分の子ども、なのである。・・ずっと昔アウグスティヌスが言ったように、『神は我々一人一人を、愛すべき者が一人しかいないかのように、愛したもう』」

続きを読む

「助けてくれなくても良いというのでは、助けてやりたくても、助けようがないではないか」これは、よく親が子に言うことである。・・これはよく先生が生徒に言うことである。・・これはときどき医者が患者に言うことである。・・そして、これは、神が常に言っ

続きを読む

良いなと思ったところに、しおりを挟んで、それが随分、溜まっているので、しばらくは、バークレーシリーズで。「満足を求めている方向を間違えてはいないか。」それは、眼を自分に向けているときの方向である。正しい方向ーそれは、目を神に向けているときの

続きを読む

ヤングコーン
2019年07月01日19:33

何と美しい、つややかな、柔らかい緑のひげ。だけど、残念ながら、農薬を撒いた後の収穫だったので、捨てることに。14日間は、収穫NGなのだ。

続きを読む