ホーム > mixiユーザー(id:34710023) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:34710023)

日記一覧

聖書日課
2016年03月31日22:00

列王記下、始まる。エリヤが天に引き上げられるところから。梅の木に生えた、南天の若木。引っこ抜き難くて、ついつい日が経つ。

続きを読む

イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。」・・・百五十三匹もの大きな魚でいっぱいであった。リューベンス、「奇跡の漁獲」

続きを読む

エマオの途上 (2)
2016年03月29日19:54

これは10年ぐらい前の、イースターの週報の図柄。レンブラント。この静寂な感じがとってもすてき。復活された実感が伝わってくる。

続きを読む

復活後,エマオの途上
2016年03月28日22:54

最後の晩餐で、「取って食べなさい。これはわたしの体である。・・・この杯から飲みなさい。これはわたしの契約の血である。」と言われた、パンとぶどう酒。エマオに向かう二人の弟子が、復活の主に出会う。これは、どちらもカラヴァッジョ。ところで、例のカ

続きを読む

ハッピー・イースター!
2016年03月27日19:05

「わたしは主を見ました。」

続きを読む

埋葬されるイエス
2016年03月26日21:42

その後、イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れて、そのことを隠していたアリマタヤ出身のヨセフが、イエスの遺体を取り降ろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトが許したので、ヨセフは行って遺体を取り降ろした。そこへ、かつてある夜、イエスのもと

続きを読む

十字架からおろされる
2016年03月25日19:39

「フランダースの犬」の主人公の少年が最後に見たアントワープの大聖堂のリューベンスの絵。十字架昇架と十字架降架がセットになっている。これはフィオレンティーノという人の作品。

続きを読む

マグダラのマリアの信仰
2016年03月24日20:04

また、婦人たちも遠くから見守っていた。その中には、マグダラのマリア、小ヤコブとヨセフの母マリア、そしてサロメがいた。マグダラのマリア。マグダラ出身のマリアという意味。この卵形の人物画・・そうです、エル・グレコの作品です。

続きを読む

脇腹を刺す
2016年03月23日22:34

その日は準備の日で、翌日は特別な安息日であったので、ユダヤ人たちは、安息日に遺体を十字架に残しておかないために、足を折って取り下ろすようにピラトに願い出た。十字架刑は、人によっては息を引き取るまで、1週間も苦しむこともあるらしい。イエス様は

続きを読む

百人隊長の信仰
2016年03月22日19:24

すると、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。百人隊長がイエスの方を向いて、そばに立っていた。そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「本当に、この人は神の子だった」と言った。これもグリューネヴァルト。百人隊長は右端。ロー

続きを読む

イエスの死
2016年03月21日22:17

「父よ、彼らをおゆるしください。自分が何をしているのか知らないのです。」人々はくじを引いてイエスの服を分け合った。(ルカ)この後、イエスはすべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。(ヨハネ)さて、昼の十二時に、全治は暗く

続きを読む

イエスの死
2016年03月20日22:24

キリストは、わたしたちがまだ、弱かったころ、定められたときに、不信心な者のために死んでくださった。・・・わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました、これも

続きを読む

十字架にかかる
2016年03月19日15:55

I・N・R・Iイエスの罪状書きとして掲げられたことば「これはユダヤ人の王イエスである」を略したもの。当時の言語状況において、ヘブライ語。ラテン語、ギリシャ語で書かれたということは、全世界の言葉で書かれたということになる。

続きを読む

十字架にかかる
2016年03月18日21:55

ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上に掛けた。それには、「ナザレのイエス、ユダヤの王」と書いてあった。・・それは、ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語で書かれていた。ユダヤ人の祭司長たちがピラトに、「『ユダヤ人の王』と書かず、『この男は「ユダヤ

続きを読む

十字架にかかる
2016年03月17日19:18

十字架にかけられていた犯罪人の一人が、イエスをののしった。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ。」このとき、イエス様が十字架から降りられたらどうであったろうか。そんなことで、人間は自分の考えを変えはしない。私たちの罪は、どう

続きを読む

十字架にかかる
2016年03月16日21:17

そこで、彼らはイエスを十字架につけた。また、イエスと一緒にほかの二人をも、イエスを真ん中にして両側に、十字架にかけた。ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上に掛けた。

続きを読む

十字架を背負う(3)
2016年03月15日19:55

民衆と嘆き悲しむ婦人たちが大きな群れを成して、イエスに従った。イエスは婦人たちの方を振り向いて言われた。「エルサレムの婦人たち、私のために泣くな。むしろ、自分と自分の子供たちのために泣け。・・・」ここには三枚の絵が映っている。正面中央やや右

続きを読む

十字架を背負う(2)
2016年03月14日20:06

兵士たちは出て行くと、シモンという名前のキレネ人に出会ったので、イエスの十字架を無理に担がせた。

続きを読む

十字架を背負う
2016年03月12日19:14

ゴルゴタへの道の途中で。刑場は、ゴルゴタと呼ばれる丘にあった。ギリシア語で「髑髏」という意味。丘の形が髑髏の形に似ていたからと言われる。イエスの哀しみの道。「ヴィア・ドロローサ」。神様の御心には生きられない私たちの弱さの哀しみ。昨日と同じく

続きを読む

赤い外套、茨の冠
2016年03月11日22:16

・・・イエスの来ている物をはぎ取り、赤い外套を着せ、茨で冠を編んで頭に載せ、また、右手に葦の棒を持たせて、その前にひざまずき、「ユダヤ人の王、万歳」と言って、侮辱した。左は、エル・グレコの「聖衣剥奪」

続きを読む

むち打ち
2016年03月10日19:33

私たちの悲しみの中に、共に傷ついて横にいてくださる。

続きを読む

水で手を洗うピラト
2016年03月09日20:04

イエスの助命を試みたローマ総督ピラトであったが、これ以上言っても無駄なばかりか、かえって騒動が起こりそうなのを見て、水を持って来させ、群衆の前で手を洗って言った。「この人の血について、わたしには責任がない。お前たちの問題だ。」民はこぞって答

続きを読む

この人を見よ、第4弾
2016年03月08日15:10

やはり賛美歌121番3節、「すべてのものを与えしすえ、死のほか何も報いる¥られで    十字架の上に上げられつつ、敵をゆるしし この人を見よ」4節、「この人を見よ、この人にぞ、こよなき愛はあらわれたる    この人を見よ この人こそ、人とな

続きを読む

この人を見よ、第3弾
2016年03月07日17:40

たまたま、目についた、国立西洋美術館で3月1日から始まっている、カラヴァッジョ展のパンフレット。日伊国交樹立150周年記念とある。よかった、カラヴァッジョは知っている。そして、たぶん、私が思うに、手前の人物がカラヴァッジョ自身(自画像)・・

続きを読む

この人を見よ 第二弾
2016年03月05日19:43

一方、ピラトが裁判の席に着いているときに、妻から伝言があった。「あの正しい人に関係しないでください。その人のことで、わたしは昨夜、夢で随分苦しめられました。」これは、ボッシュの「この人を見よ」昨日から、まるで画家のことを知った風に書いている

続きを読む

死刑の判決
2016年03月04日19:46

ところで、祭りの度ごとに、総督は民衆の希望する囚人を一人釈放することにしていた。そのころ、バラバ・イエスという評判の囚人がいた。・・・・・「どちらを釈放してほしいのか。バラバ・イエスか。それともメシアといわれるイエスか。」人々がイエスを引き

続きを読む

ピラトから尋問される
2016年03月03日19:23

夜が明けると、祭司長たちと民の長老たち一同は、イエスを殺そうと相談した。そして、イエスを縛って引いて行き、総督ピラトに渡した。(マタイによる福音書)そこで、ピラトが、「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。「・・・わた

続きを読む

ユダの末路
2016年03月02日20:01

そのころ、イエスを裏切ったユダは、イエスに有罪の判決が下ったのを知って後悔し、銀貨30枚を返そうとして、「わたしは罪のない人の血を売り渡し、、、」と言った。しかし、彼らは、「我々の知ったことではない・・・」と言った。そこで、ユダは銀貨を神殿

続きを読む

・・・するとすぐ、鶏が鳴いた。ペトロは、「鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われたイエスの言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。これは、ラ・トゥールと言う画家の作品。レンブラントのも有名だが、「これらの絵

続きを読む