mixiユーザー(id:34710023)

2018年04月26日19:21

52 view

サムエル

といえば、「主よ、お話し下さい。僕は聞きます」、の祈りの絵で知られる、あの可愛いサムエルか、サウルに油を注ぎ、また、ダビデに油を注ぐ、苦悩の老人のサムエルか、のちょっと脇役的なイメージだったが、祈祷会で聞いたのは、圧巻のサムエルだった。
確かに、世界史的には断然有名なサウル王や、ダビデ王でさえも「サムエル記上、下」という冠の中で語られてしまう。
エリにとって、実の息子より、「我が子」。生涯、「主よ、お話下さい」を貫いて、全イスラエルが従った。
これは、母の辞世?の句。友達が清書してくれたもの。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する