mixiユーザー(id:34710023)

日記一覧

祈り
2020年09月20日23:06

祈りは愛から。祈りは主の前に静まること。

続きを読む

詩篇を教えて下さい
2020年09月19日22:30

詩篇のノートに、2017年11月28日起、とある。早、3年かぁ〜水浴びをして、気分上々のくりまる。

続きを読む

詩篇を祈る
2020年09月18日22:18

自分のことばでは、御心にかなう祈りにはならないから、詩篇を祈る。神の言葉を心に宿らせる。

続きを読む

畑の企画書
2020年09月16日22:50

年2回、畑のレイアウトを決める。連作障害対策はもちろん、作物の片付ける時期と植え付けのために耕す時期とが、ダブルブッキングしないように考えるため、過去のも大事。年表のようになる。

続きを読む

アナザーストーリーで
2020年09月15日23:03

20年前の旧石器時代の遺跡の捏造事件をやっていた。驚くことばっかりだった。これは、このカバンに日曜日の礼拝のプリントを、指定された日時と場所に置いておけば、いつの間にか中身だけが消えているという魔法のカバン。

続きを読む

久しぶりに
2020年09月14日22:34

お墓へ。雑草対策に塩を撒く。いつもの場所にカラスウリの赤ちゃん見っけ!

続きを読む

教会学校の
2020年09月13日22:25

出席カード。コロナの字が、悲しい。

続きを読む

FEBCで
2020年09月12日22:18

コロナ前に戻ることを求める危険性。勇気を出して変わることも。

続きを読む

FEBCで
2020年09月11日21:10

コロナで明日のことがわからなくなったと、言われるけれど、コロナの前も、明日のことなんてわかってなかったはず。わかっていると思っていただけ。

続きを読む

FEBCで
2020年09月10日19:55

関西学院大学の先生が、コロナについて。〆の状況は、ちょうど、家の中の物を全部一度出してきて、本当に必要な物だけを選び直しているのに、似ている、と。

続きを読む

大草原の小さな家で
2020年09月09日22:27

本当に悲しんでいる人は神様しか癒せない、というセリフを思い出す。私には何も出すものがないので、パンを3つ貸してください(ルカによる福音書11章5、6節)と、真夜中でもしつこく願おう。

続きを読む

今度は
2020年09月08日22:04

根性裸ほうずき。人参と春菊を蒔く。

続きを読む

取っ組み中
2020年09月07日22:50

「キリストに結ばれて」は、本当は「キリストの中に」というニュアンスという。あぁ、その方がイメージ豊かだなあ〜

続きを読む

ガマのその後
2020年09月06日23:16

なかなか、葉が芸術的。

続きを読む

SF草分けの時代
2020年09月05日23:26

小松左京と星新一は、同じ車に乗せるなと言う、暗黙の了解があったという。交通事故などでどちらもが、命をなくすと、日本のSF界が成り立たなくなるからと。昨日の写真では大きさがわからないと、撮り直す。

続きを読む

9月になったので
2020年09月04日22:17

久々の散歩。大王松の葉を拾う。

続きを読む

戦場のピアニスト
2020年09月03日22:02

録画してあったのを、ようやくの思いで見る。ショパンのバラード1番。

続きを読む

小松左京のSF
2020年09月02日22:13

テレビの「アナザーストーリー」でやっていた。戦争も阪神大震災も東日本大震災も経験した。妬みと憎しみと復讐が、人間を狂わせる。

続きを読む

子守り歌
2020年09月01日22:09

コロナの自粛が始まった頃、勧められた賛美の歌。

続きを読む

ローマの信徒への手紙
2020年08月31日23:08

5章1節から。加藤先生曰く。「聖書のすべてが消えても、この箇所だけ残っていれば、キリストの福音は伝えられる」と。

続きを読む

いなりこの現状
2020年08月29日22:05

一番インスタ映え(笑)する角度から。

続きを読む

小さい時の記憶
2020年08月28日22:46

同じ風景でもまるで違って見える。

続きを読む

バークレーの一日一章
2020年08月27日22:15

「わたしから離れては、あなたがたは何一つできない。」「神とともにあれば、何でもできないことはない。」たったひとりで人生を生きていける人はない。でも、たった一人で人生を生きていかねばならない人もいない。

続きを読む

ササユリの会
2020年08月26日22:29

9月からの再開に向けて。これは、畑用のグッズ。2段階に分かれるのがミソ。下には道具が、上には収穫物を入れる。

続きを読む

バークレーの一日一章
2020年08月25日22:09

もし人が忠告を受け入れるだけの謙虚さを持っていたなら、どんなに多くの人が過ちをしないで済むことか。ある若者が、一人の老人に遠慮がちにお手伝いしましょうかと、たずねた。その老牧師は振り向いてこう言った。「ぜひ、お願いしますよ。助けを拒むのは年

続きを読む

信徒の友
2020年08月23日23:20

9月号も面白そう〜

続きを読む

永谷園のお茶漬け海苔の東海道五十三次のカード。親族の協力もあって、後1枚、袋谷を残すのみ。

続きを読む