mixiユーザー(id:345808)

2020年05月25日20:09

2 view

阿字観(あじかん)

ステイホーム中は
いろんな意味で
今までを振り返る機会が
多かったです。

例えば
以前見て消去せずに
残していたTV番組を
見返すこと。

前はさらっと
流していたのに
今回は気になったり
気づくことがありました。

その1つが『阿字観』

阿字観は空海さんが
唐から持って来て下さった
密教の座禅、瞑想法です。

梵字(ぼんじ)の
『あ』という字を
書いた掛け軸を
見ながら瞑想するので
家ではできません。

非常事態宣言が解除されたら
参加してみたいと思い
探していたら、
神戸のお寺さん
(神戸高速大開駅から徒歩6分
JR兵庫駅から徒歩10分
ぐらいで行ける)
体験できるのを見つけました。

瞑想なので話すわけではないし
三密には配慮していますとの
ことだったので行ってみました。

何度も経験されてる方が
多そうでしたが
私のように初めての方も
いらっしゃったので
阿字観を始める前に
やり方の説明も
して下さいました。

瞑想中は頭を空っぽにして…と
いうのはよく言われること
なのですが、意外と難しい。

不思議といらんことが浮かんで
次々浮かんで来る。
人って意外と無意識に何かしら
考える生き物のようです。

いらないことを
なるべく考えないように
呼吸を意識する。
これもよく言われることですが
それでもやっぱり
気が散るんですよね…

今回、それはいい!と思ったのが
息を吐く時
口から空気が出て行く時の
唇の振動を意識する。
吸う時は鼻の震えを意識する。
これは具体的で
わかりやすかったです。

半眼と言って目をつむらず
でも開くでもない間の状態が
望ましいとされるのですが
これもなかなか難しい。
でも、前に掛け軸があることで
ぼんやり見るということが
初めてできました。

おかげで、ちょっと眠くなる
気持ちいいというのを
初めて経験できました。

ご本尊が不動明王様なのですが
仏様の前で阿字観をすると
自分の硬い殻に少しひびを
入れることができる。
少しひびが入ると
また何かのきっかけで
広げていけるので
そんな仏縁をいただけることに
感謝して下さいと
おっしゃっていました。

本当にありがたいことです。

高野山真言宗 三密山西室院さん

https://2466in2466in.wixsite.com/info


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する