mixiユーザー(id:34563293)

2020年10月05日19:57

8 view

ドラえもん映画

のび太の新恐竜は感動ポルノ、始祖鳥先輩に謝れ

という要旨の論評を読んだ。

恐竜から鳥への転換点を描くなら然るべき年代を舞台にすべきで、ドラマチックにするために隕石落下の年代に繰り下げたんならそりゃ感動ポルノと言われても仕方ないな。

別に感動ポルノ路線が悪いとは思わない。始祖鳥先輩には謝れ。

ただ、宇宙小戦争や鉄人兵団あたりのリアルタイム世代としてはドラ映画は子供向けではあってもわりとSFしてた気がする。

やはりF先生亡きあとは関係各位の合議の結果、最大公約数的安全牌として感動ポルノ路線になっちゃうのだろうか。

これはドラえもんだけの話ではなく作者亡きあとも存続してる作品にはつきものの話かも知れない。

ガンダムシリーズは原作者である御禿存命時からすでにいろんな作者がいろんなガンダムをやっていいというスタイルになっている。

でも、ドラえもんは今は亡きF先生路線を頑張って堅持しているわけだけど、F先生っぽいモノは作れてもF先生と同じモノを作るのは無理な話だよねぇ。

そもそもF先生はかなりエッジを攻めて走ってた人だしね。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する