mixiユーザー(id:34563293)

2020年08月04日22:33

237 view

ヒロシマは核を使われて幸運だったなぁ

無差別攻撃で市民が犠牲なった都市は数あれどヒロシマ(とナガサキ)は使われたのが核という珍しい兵器だったという一点で現在も特別扱いされてるのだから。

焼き殺される側は核反応の熱戦だろうと焼夷弾の燃料だろうと二次火災だろうとそこにどれだけの違いがあろうか?

放射線被曝による後遺症に今も苦しむ人がいる、が被曝以外による後遺症とそれは比べられるものだろうか?

犠牲者の慰霊にかこつけて核兵器反対という「政治的、軍事的主張」を行うのは犠牲者を利用、ひいては「核を使われたこと」を利用している様に感じられる。

核に対する是非はきちんと議論すべきだし、そのための資料としてヒロシマの惨状を引き合いに出すのも良かろうと思う。

が、それは犠牲者への慰霊とは切り離されるべきではなかろうか。逆に言えば8/6は慰霊に専念し各種主張は控えるべきに思う。


オバマ氏ら 広島へメッセージ
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6182702
3 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月04日 22:35
    あんまり軽々しく「平和」とい言葉を使いたくないのだけれど、ヒロシマやナガサキが他の空襲にあった都市と同じように扱われる時がきたらようやく少しは平和になったと言えるのかもな、と思う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 06:53
    『幸運』という言葉に驚きましたが、慰霊と「核兵器反対」という政治利用は分けられるべきですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 06:55
    平和団体とやらが『廃絶せよ』と叫ぶ核兵器は、主に西側のものだけで、ロシアや中国・北朝鮮の核廃絶には殆ど言及しない。また戦後、世界各国で合わせて2000回以上行われた核実験での被爆者に関しても、ロシア・中国はほどんど保障をしていないのも、平和団体とやらはダンマリだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 09:24
    話題の日記からきました。医師です。
    被ばくした本人だけでなく子や孫の代までおよぶ放射線障害があります。
    放射線による遺伝子異常ですよ。
    他の兵器ではこれがありません。
    むしろ、他の兵器で焼き殺されれば子孫は残せない。
    核兵器は、爆死や焼死した人以外にたくさんの
    「やけどしたが生き残る」人間をだしてしまう。
    福島原発事故の例でわかるとおり、爆発後にも放射能が残り、
    「爆発が終わった助かった」と戻ってきた方々まで被害が及びます。
    他にこういう兵器は、ベトナムで用いられた枯葉剤くらいではないでしょうか。

    そんな兵器を使用された過去を、「幸運だった」とは
    とても言えないと考えます。
    もちろんこれはわたくしの考えで、他の方々には別な考え方もあるでしょうが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 13:04
    「幸運」というのはお察し方もいるとおり問題提起兼ねた皮肉表現で文章を通読して頂ければ大意はわかるはず。

    わからんならお互いの国語力に隔たりがありますね、で終了案件な。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 13:09
    要するに

    慰霊は大事、政治的主張大いにけっこう、でも二つがごっちゃになってない?政治的主張に犠牲者を利用してない?

    と、

    ヒロシマの惨禍の本質は無差別爆撃で理不尽に命を奪われたこと、それはほかの無差別爆撃をうけた都市の犠牲者と変わらない。
    なのにヒロシマばかり特別扱いするのは他の都市の犠牲者にまるで「核を使われなかった分マシだよね」と言うようなものではないだろうか?

    な。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 13:15
    > mixiユーザー 
    質問です。
    あなたは焼夷弾で焼き殺された人に「核の熱戦で殺されなかったんだからましだったね」と言えますか?

    もうひとつ。
    「通常爆撃で殺されて子孫を残せなかった人」と「核攻撃の影響で障害は出たけど子孫を持てた人」どちらがマシと考えますか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 13:43
    > mixiユーザー 比べることはできないでしょう。人間は一度死ねば二度とは死ねないので、どちらも経験してどっちがましか、は判断できません。死、は同じ結果にしかならないのです。子を持つのも同じです。子を持つ人生持たない人生、両方を経験することはできません。ただ持たなければ「ほしかった」と後悔することもあるでしょうし、持てばもったで「自分の生涯(被ばくも含む)が子に伝わらないといいが」と一生心配し続けると思います。あなたが「核が使われて幸運だった」とお書きになったので「核が使われないより幸運だった、もしくは他の手段を使われるより幸運だった」という意味と解釈し、比較してはいけないものではないか?と意見を述べただけです。比較はできません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 14:46
    > mixiユーザー 『幸運だった』というのは皮肉ですよね。 あと、本当に核廃絶を願うんだったら日本国内でいくら叫んでも無駄ということですね。

    実は広島でも長崎でも原爆犠牲者の中に アメリカやイギリスの捕虜が居たということを欧米に発信すべきですね。

    原爆投下は戦争終結に殆ど寄与しておらず、アメリカの戦略爆撃調査団の最終報告書でも『ソ連参戦や原爆投下が無くても日本は10月、遅くとも12月までには降伏していただろう』と言われています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 17:46
    > mixiユーザー 
    つまり、そういうことなのです。
    戦禍の犠牲者、そこには遺族や二世、三世の被曝者も含まれます、は皆悲惨な目に遭った、遭っている。
    その悲惨さはあなたの仰るとおり比較のできないものなのです。

    ヒロシマだけが悲惨なめに遭ったわけではない、他にも同じよう(比較のできない)に悲惨なめに遭った方々はたくさんいる。だから、ヒロシマだけでなく他の無差別爆撃を受けた都市のことにも想いをはせてね。

    と言うことを言いたいわけです。

    で、比喩、皮肉が下手くそ、例示が不適切というならそれは俺の国語力が低くてごめんなさいという話。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 18:09
    > mixiユーザー なるほどそうでしたか。それがわからないわたくしのほうに毒解力。もとい読解力不足があったかもしれません。ただ時節柄、あなたさまの日記の題名に悲しく感じてしまう被爆者の方々もしくは被爆者家族、遺族の方々はいらっしゃると思います。そういう方々には皮肉は通じません。「自分たちは幸運だったの?誰と比べて?もっと不運ってどういうこと?」と思ってしまえばそれから先には考えが進みません。やはり人間は「自分の悲惨な体験」から先を見るのはとても難しい生き物だと思います。わたくしは東日本大震災で一番たくさん死者が出た土地に住んでいますが、何かにつけて悲惨な光景が目に浮かんでしまいます。「もう10年たった、過去のこと」と言われたらつらいです。悲しくなってしまった本人が目の前にいれば「あなたのその思いは当然です。大変ですよね。自分は戦争や紛争の犠牲になった方々は世界にもっとたくさんいる、そちらにも目を向けよう、と言いたいだけであなたの思いを否定しているのではありません」と言えますけど、目の前にいない傷ついた被爆者とその関係者は、あなたの文章で悲しんでも何も言わない(コメントしない)でしょう。これまでにいわゆる「心無い発言」(もう戦争から何年たったと思ってるんだ、同情引いて目立ちたいだけだろう、金もらっているんだろう」など)を浴びているから、言い返すも無駄と思ってしまうからです。被爆者やその関係者の中には、被爆体験を語り継ぐことを通じて「核兵器だけでなくすべての兵器が使用されない、戦争のない世界」を目指す運動をしている方々もたくさんいらっしゃいます。このニュースのもとになったオバマさんも、ヒロシマだけに注目しているわけではありません。日本に核攻撃をしたアメリカ合衆国のもと大統領としては責任を感じずにいれないのであり、今回もそれを表明することによって被爆者とその関係者に少しでも謝罪したいとお考えなのだと思います。原爆記念日のヒロシマの話題が出れば、体験者でなくてもあの戦争で起きた他のこと、他の戦争のこと、今も戦争に近い状態にある地域のことが思い浮かぶかもしれません。ふだん考えない戦争のことをちらっとでも考えるためにこういう記事は大切で、ミクシィにしては珍しく「何かを考えさせる」内容と思いました。長々と失礼しました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する