mixiユーザー(id:34563293)

2020年07月22日12:17

56 view

文筆家の責任

意図的に終末論を煽ってブームにしたのは確か。

彼の著作によってオウム真理教が産まれたとまでは言わないが、かの団体が終末論を背景に拡大したのは確かである。

であれば、

「かような意図のもとにこのような嘘をつきました、ごめんなさい」

くらい表明してから死ぬのが文筆家としての責任ではなかろうか。



■「ノストラダムスの大予言」の著者、五島勉さんが死去
(朝日新聞デジタル - 07月21日 22:40)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6166725
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 14:35
     お邪魔致します。
     
     嘘をつきました、とまでは言わなくても、狂信カルトによる大殺人事件にお墨付きを与えてしまった、ことは謝るべきであったのでは?
     
     若い日、彼の言説、陰謀論を信じた僕も、反省します。

     五島氏の魂が安らかであれ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月23日 01:52
    ニュースより。
    1999年7の月。大相撲名古屋場所で朝青龍が初土俵を踏んでいます。以下略。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する