mixiユーザー(id:34563293)

2020年06月17日21:16

39 view

宇宙世紀の英国面

「やりたいことはわかるがなんでそんな発想になるのかわからない」

英国面は宇宙世紀にも連綿と受け継がれていたようです。

F90Uタイプ

UはUP Lift、MS単体での地表から衛星軌道への進出を目的としたミッションパックである。
大推力のブースター、上半身を覆う空力フェアリング、空気抵抗に耐えるためにサポートアームで脚部を補強、一つ一つはとても理に叶っている。

その結果がアレである。
1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月17日 21:20
    ちなみに武装がないと指摘があるが、あくまでMS単独での軌道進出の実験が目的なので非武装でもなんの問題もないのである。

    F90はそもそも実戦投入することなど想定されてないデータ収集用の実験機なのである。

    宇宙世紀でもっとも多くの戦争を経験しもっとも多くの敵機を撃破した単一の機体だけどー。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月17日 21:22
    発表順は逆になるけどクロスボーンガンダムの打ち上げにはこのUタイプのデータが参考にされてると思う。

    トビア「MSをロケットで打ち上げるなんて前代未聞ですよ!」

    サナリィスタッフ「大丈夫!前例があります!」

    トビア「ファッ?!」
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月18日 12:10
    こんな台詞があったかも。

    木星戦役終結後。
    トビア「クロスボーンガンダムが活躍できたのはF90が様々なデータを蓄積してくれていたお陰なんだな。
    いつか見てみたいなF90、どこの博物館にあるのかな、それとももう解体されてるのかな」

    彼がいつどのようにF90と対面するのかはご存じのとおりである。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する