mixiユーザー(id:34563293)

2018年04月22日10:05

314 view

法律に詳しい人教えて下さい

記事からはそれるけど

「相手がセクハラだと感じたらセクハラ」論について

よく上記がセクハラの定義のように言われているが、それが成り立つなら

「俺がレイプしてやってるのに喜ばないなんてセクハラだ」

とか

「貴方がこの宇宙に発生した事実が性的に耐え難い苦痛、すなわちセクハラなので即刻死ね」

とか

「あなたがなんの縁もゆかりもない私に無条件で全財産を譲渡してけれないのはセクハラだと感じます」

とか、もセクハラとして成り立つことになります。

しかし、実際にこれらを裁判で争ったらセクハラとは認められないでしょう。
と、なるとセクハラを判定するのは裁判所と言うことになるのですが、だとすると

「性遍歴の告白の強要」



「スキンシップにかこつけた卑猥な接触」

などのあからさまな性的嫌がらせ、すなわち直訳的な意味でのセクシャルハラスメントを行っても

「裁判所が判断を下すまではセクハラじゃないんだぜ」

と、言う論法が通ってしまう。

なにかもっと法体系に合致しつつ分かりやすい判別基準がいるような気がするのだが如何だろうか?

■新入社員「セクハラ被害」を相談 「モテ自慢?」「なぜ拒否しない」バッシングで二重の苦しみ
(弁護士ドットコム - 04月21日 10:02)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=149&from=diary&id=5080416
1 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月22日 10:08
    「そんなの常識で判断しろや」と言われても常識のラインは個々人で違うわけで、「社会通念上の常識範囲」を決めていいのも、決められるのも裁判官しかいないわけだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月22日 10:09
    セクハラはなくなって欲しいが、それによる誣告、冤罪もなくなって欲しい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月23日 08:01
    相手がセクハラと感じたらセクハラ。
    この文章には「相手」という言葉がありますよね?ですから、文字では表現していないけれど、意味として、二人の人間がいるという状況が前提となっています。

    この前提で考えると、
    「俺がレイプしてやってるのに喜ばないなんてセクハラだ」 
    この文章では、「レイプしてる俺」と「レイプされてる相手」しかいません。
    レイプしてやってる人でない方は、なにをしているのか?

    裁判所は、なにかをされた人の被害を受け付けるわけで、何らかの行為をしていないなら、加害行為は存在していないと判断する。
    「喜ばす」をしてるか?してないか?被害を訴える側が「してない」と明言してる以上裁判所は受け付けません。

    最低でも、被害を訴える人が「してる」と言わないと(笑)

    相手がセクハラと感じたらセクハラ、という言葉は
    前提として感じるに至るなんらかの行為の実行が存在するのです。















  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月23日 08:13
    法体系に合致する前に法の理念です。それと、文章の読解力。
    被害者が容疑者の加害行為を否定している以上、被害者が感じた被害意識は容疑者ゆえんのものではない。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月23日 08:30
    喜ばせて「いない」。全財産を譲渡して「いない」。容疑者はして「いない」。
    全宇宙に発生しなのもその人がなんかしたからではないわけで。


    セクハラは、片方がセクハラ行為をして、片方がそれをセクハラと感じたらセクハラ成立。
    片方がセクハラ行為がしても、片方がそれをセクハラと感じなければ
    セクハラ不成立。
    どちらもセクハラ行為をした方には決める権利はないのです。
    セクハラ成立になったら、裁判所に訴えるわけですが、裁判所は被害者が訴えなければ裁判は万開かない。
    セクハラをした方が名誉棄損で訴えることはできますが、それはセクハラが成立してからです。

    名誉ある人間は、そもそも性的嫌がらせをしない。
    おっぱいもんでいい?と他人に言った段階で暫定アウト。あとは天に任せるしかないわけです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月23日 08:31
    誤字多くてすいません
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月23日 10:23
    http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/00.pdf

    いちおう、お役所が出している「セクハラガイドライン」です。

    セクハラとは、
    ………………………………………………………………………………………………
     職場におけるセクシュアルハラスメントは、「職場」において行われる、「労働者」の意に反する「性的な言動」に対する労働者の対応により労働条件について不利益を受けたり、「性的な言動」により就業環境が害されることです。
     職場におけるセクシュアルハラスメントには、同性に対するものも含まれます。

    「性的な言動」とは
     性的な内容の発言および性的な行動を指します。
     事業主、上司、同僚に限らず、取引先、顧客、患者、学校における生徒などもセクシュアルハラスメントの行為者になり得るものであり、女性労働者が女性労働者に対して行う場合や、男性労働者が男性労働者に対して行う場合についても含まれます。
    ●性的な言動の例
    \的な内容の発言
    性的な事実関係を尋ねること、性的な内容の情報(噂)を流布すること、性的な冗談やからかい、食事やデートへの執拗な誘い、個人的な性的体験談を話すことなど
    ∪的な行動
    性的な関係を強要すること、必要なく身体へ接触すること、わいせつ図画を配布・掲示すること、強制わいせつ行為、強姦など

    ………………………………………………………………………………………………

    基本、職場環境で「性的な発言」をすれば、
    それはセクハラで良いということになっちょります。

    当人同士が馴れ合いでセクハラと思っていないとしてもですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月23日 10:26
    ただ「意に反する」かどうかが問題になりますので、
    一対一の関係においては、
    「セクハラではない」(つまり合意の上での遊び)と、
    変わる場合もあるのでしょうね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する