mixiユーザー(id:34563293)

2018年01月21日19:52

39 view

卓ゲの話

初心者対応含めての話。

ざっくり言って「聞かれる前に教える」派と「聞かれた時に教える」派があると思うが、結論から言えばGMにとってやりやすい方でOK。
実際はある程度の折衷になるだろうし、その塩梅もシステムやシナリオにより異なるだろう。

一応双方の利点をあげてみる。
「聞かれる前に教える」は教える情報の内容や量、それに必要な時間や手間を事前に把握しやすいこと。
事前に教えておくことが多い場合や、初心者が多い、初心者対応重点な場合に向いているとも言える。

「聞かれた時に教える」は特にまとまった説明をする時間や手間を取られないと言うこと、ただし、説明回数が頻繁になってしまうと本末転倒なのでそこには注意。
特に事前に渡しておく情報が多くない、初心者が少ない場合に向いていると言える。

もちろん、GMはきちんとルール等の情報を把握していつでも教えられるようではないとダメである。

で、大事なのはあくまでGM判断こそが最優先である、他にベテランPL、GM以上のベテランPLが卓にいても、である。

ベテランとして初心者のフォローをするのは悪いことではないが、それで卓の進行管理というGMの権限を侵してはならない、つまり、むやみに「この情報今のうちに教えなきゃダメだろ」とか「そのルール今教える必要ないだろ」とか言ってはいけないのである。
GMにはGMなりの考えに基づいてマスタリングをしていることを忘れてはいけない。

たしかにマスタリングや初心者対応の良し悪しと言うのはあるが、正解はひとつではないし、セッション後にケーススタディとして語るのはいいが、セッション中に批評するのはGM権限の侵犯である。

0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月21日 20:03
    ちなみに俺はどちらかと言うと「聞かれた時に教える」派。

    事前に網羅的に情報を伝えても情報の咀嚼力には個人差があるので(頭の良し悪しではないよ)その差を都度都度埋めるよりは、最初から必要なところを必要な時、すなわち聞かれた時に教える方が楽だと感じてるので。
    もちろん、システムやシナリオ、卓内の初心者の割合にもよるけれど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月21日 20:11
    さらにちなみに。

    「事前に教えておいた方がいろいろ選択する際に有利」と言う考え方もあり、確かにそれは当てはまる部分もある。

    が、ぶっちゃけ事前に説明を与えらたルールやデータからその場で有利をかき集めるのは初心者にとってはいささか荷が重いし、自発的にそれができるなら特に初心者扱いしなくても大丈夫である。

    そもそも、そのレベルで有利をかき集める必要があるシナリオは初心者を迎えるに相応しいとは言えないだろう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する