mixiユーザー(id:34563293)

2017年05月11日19:03

12 view

出力は正義だ!

永野護がまた模型界に難題をブン投げました。

ツインエンジンの熱量を放出するため踵に装備された「アンクル・クレーン」。

あんな馬鹿デカイ物をつけて大丈夫なのか、とも思うが、出力倍なら放熱も倍ということでGTM丸々一騎分の放熱を考えればあのくらいのサイズは必要なのだろう。
重量も馬鹿にはならないだろうが、やはり出力倍なら問題ないのだろう。

やはり出力は正義なのである。零戦とF6Fを比べればわかることである。
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月11日 19:06
    ちなみにツァラトラはアンクル・クレーン以外に頭や腰にも放熱装置を備えているが、近づいただけで灰になります。
    出力無限だから仕方ないね。

    これでもフレームランチャー装備前は排プラズマで後方三キロが灰燼になる仕様だったのでまだマシなのである。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する