mixiユーザー(id:345319)

2021年08月25日13:55

18 view

【読書日記】ケーベル先生と漱石

「東大生の○○」とか「東大式」なんていうものが流行るのは今に始まったことじゃないだろうけど、かつては「東大生の必読の書」なんてものがあった。いやしくも東大生であれば誰でも読んでる、もしくは読むべきであるという書物である。

興味深いことに、マルクス主義の席巻や軍国主義の台頭にもかかわらず、戦前戦後を通じてこのリストには教養主義的な本が多かった。今回の読書日記は、かつての東大生の必読の書に必ず含まれていたケーベル先生と漱石の話。

【読書日記】ケーベル先生と漱石 /てれまこし
https://note.com/telemachus/n/n9d2db81ea884
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年08月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031