mixiユーザー(id:345319)

2021年07月11日12:01

25 view

時間のない館

ショートショート(?)。今朝の夢の中(?)で創作した。

ちょっと想像してみてくれたまえ、君。この世界のどこかにだね、どこでもいい、どこか山奥か、遠い海の離れ小島にでも、時間のない空間があるかもしれない。

ぼくが言っているのは、天上界とか彼岸のことじゃない。ぼくたちが生きているこの世界のどこかに、時間のない場所が人知れず存在しているのではないか、ということだよ。

何を言ってるのかわからん、という顔してるね。まあ、聞きたまえ。なにも遠い海のまん中にある島国ではなくてもいい。想像力に余分な負担がかかるからね。君が住んでるこの街の一角、ほら、その窓から見えているあの邸があるね。あそこの赤い尖った屋根の館、あの館の中には時間がない。そういう風に考えてみてくれ。

時間がないというのは、時間が流れない、止まっているということかって? そうじゃない。時間が止まるということは、時間は存在する。だって、存在しないものがどうやって止まることができるんだ。それでは時間がないことにはならない。

それに、考えてみたまえ。時間が止まってしまったら、ぼくらの意識の流れも止まる。なぜなら、意識の流れとは時間に他ならない。そうではないかね。意識の流れが止まれば、ぼくらはもう思考することができない。永遠の今に凍結されたままで、しかも凍結されてることも意識できない。なぜなら、意識した途端に、意識しなかった自分が過去になって、時間が流れてしまうからね。

だから、仮に時間が止まっていたとしても、ぼくらは気付くことがないだろうよ。だって、ひょっとしたら、もう時間は何度も止まっているのかもしれないじゃないか。だけど、ぼくらはその間のことを思い出せないだけなのかもしれない、とうわけさ。

じゃあ、時間がないとはどういうことかだって? そこだよ。ぼくが話したいのは。まあ、さっきの館を思い出してくれ。もしあの館に時計などというものがあったとしたら、さぞかし奇妙なものだろうね。

その館に住む男が、午前8時に目覚ましで目覚めたとしよう。男には10時に人が訪ねてくることになってる。だが、昨日夜更かししたために、どうもすぐに起きあがる気がしない。男はあと五分ベッドにいることにする。

だが、次に男が時計を見ると、その針はもう午後2時を指している。そして、男は自分が寝過ごしたことを悟る。あの人はもうやってきただろうか。そして、怒って帰ってしまっただろうか……

時間のない館|てれまこし
https://note.com/telemachus/n/ne64be6e055f3
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031