mixiユーザー(id:345319)

2020年01月25日09:07

47 view

大地の経済学

経済重視の世の中なのに、経済思想に関する文章はなぜかほとんど読まれることがない。今日では「経済」と「ビジネス」の境界があいまいになって、儲け話でなければ経済的じゃないみたいなことになってる。しかし、経済というのはわれわれの生活の重要な部分であって、ビジネスがなくても経済はある。それを不問に付しておくのは知の偏りが過ぎる。少し難しいかもしれないが、こんな文章を書いてみる価値もあろう。

https://note.com/telemachus/n/n75a1ede64eaf
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 03:01
    紹介されてるルクレティウスの詩は、良いですね。紀元前に書かれてるのに「元素の粒子」等と使っているのは、訳のせいかもしれないけど、すごいなあと思いました。無神論者のエピクロスを慕っていたのかな?6巻の詩にするって不思議な人〜と思いました。色々ご紹介ありがとうございます。
    経済学は遠いものですが、大地と関係あるのかあ?と思うと近い感じがしました。笑
    でも中世に戻れないから〜、今の実体のない経済とどうやって近しくなれるのかな?政治と似てますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 09:11
    > mixiユーザー 哲学を詩で書くというのは今日ではちょっと想像がつかんですが、ルクレティウスはそれをやった。やっぱり近寄りがたい哲学を普通の人にも近しいものにするという意図だったようです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031