mixiユーザー(id:345319)

2018年05月29日14:22

370 view

姥捨て社会

ある男が村の掟にしたがって、年老いた親を山に捨てに行く。しかし、やはり良心が咎めて、家に連れ帰ってかくまう。そのうちに、殿様から村に難題が持ち掛けれられ、村人が頭を抱えている。これを男がかくまっている親に相談すると、「なんだそんなことか」と見事に難題を解決し、殿様をぎゃふんといわせ、村を救う。そこで男は親を隠していたことを白状し、村人は反省して姥捨ての掟は廃止される。

こんな昔話があちこちで語られていた以上は、きっと大事にされない年寄がたくさんいたんだろう。しかし、少なくともこんな話をたまには聞かせんとという配慮だけはあった。親に対する愛情は今も昔も変わらんだろうが、親に対する尊敬だけは減じている。ましてや赤の他人の年寄に対する尊敬など話にもならない。

今日では、年寄りは邪魔ものである。年寄りだけじゃなくて、病人でも障碍者でも、あるいは子供でさえも、人の助けなしに生きられなくなると、厄介者扱いを受ける。街のはずれにはごみ焼却場とかリサイクル施設とならんで、病院やらリハビリ・センターやら老人ホームが並び、ご丁寧にその隣に墓地まで作ってある。街で生きられなくなったら街はずれに捨てられて、リサイクルできない者は、そのままそこに埋められるのである。こんな暗黙の圧力がかかる社会だから、年寄でも無理をしようと焦る人が増える。「お元気ですねえ。とても○○歳には見えませんねえ」と言われたいがために若作りする。

昔も、農作業で一人前に働けなくなったら、息子に地位を譲って隠居する。山に捨てられた年寄りもいたのだが、それはあくまでも飢饉の恐れのある時の緊急措置であって、あんたはもう役立たずで持ちだしの方が多いから死んでくれ、と言われる筋合いはないと思えるだけの理由があった。

例に挙げた昔話では、年寄をぞんざいに扱うべきでない理由として知恵が挙げられている。知恵に限らず、人は歳を取れば経験を積んで、人格が完成に近づく。こんな人からは学ぶべきことが多いと考えるだけの理由があった。これが今日では、人は定年になると突如として、無用の長物と化してしまう。昨日まで部長だった人でも、ただの飯を食って排泄する機械のようになって訪れる人もなくなる。

僕らはもはや歳を重ねることを精神的な成長とは結びつけない。いろいろな経験を積むことが人格の陶冶につながるとは信じてない。歳とるというのは失うことばかりで、何も得るものがないと考えている。人生とは単純再生産の労働に占められた空虚な時間が右から左に流れていくだけであると信じている。人工知能は学ぶと信じているけれども、人間は最初のニ三十年を過ぎると、だんだん性能が衰えていく機械のようにしか考えていない。だから、涙を呑んで親を山に置いて来る昔の人の行為を人に非ずと非難しながら、農作業の出来なくなった人間は山に捨てられるべきだという主張に弱い。

そう思ってるから、自分が元気なうちに修養もしない。そんなことでは歳をとっても尊敬される老人にはならない。そんな世の中にしたのは今の老人たちにも責任の一端があるが、老害は必ずしも歳をとった人の問題だけではなく、まだ歳をとらない人の心掛けの問題でもある。
1 18

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月29日 16:55
    テクノロジーの変化が激しく一昔前の”智慧”が通用しなくなった昨今において、ますます若者が老人の価値を見いだせなくなったのも原因があるようです。若者というのはだいたいにおいて現代のほんの十数年くらいの部分でしか知らないのでその時代にあるテクノロジーについていけない老人がどう見えるのは想像に難くないです。そして老人もまた戦争を経験した世代が歴史の舞台から消え去りはじめ、現代の老人の主流は戦後の豊かな時代を経験した人ばかりになっています。現代の老人と若者との経験値的な階差は少なく現代の若者が只歳を取っただけのような老人というのも若者が老人を侮る理由のように感じます。実際、私も尊敬するのは自分の両親祖母くらいで他人の老人にとりたてて畏怖のようなものは感じません。長幼の序というのは日本では崩壊しているのかもしれません。只、中国の友人家族を見ていると親への尊崇の念は日本人よりもあるように見えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月29日 22:10
    おっしゃる通りだと思います。テクノロジーだけじゃなくて、社会とか政治に関する考え方もそうとう変化が早くなっている。年寄りの知っていることはもう時代おくれだという話になる。これは年寄だけの話じゃなく、古典や古典的教養を基盤にした知識人の地盤沈下にも関係がある。普遍的な知恵がないならば、最新のアップデートを装備した奴がいちばんよいという話になる。そうなれば、尊敬を失うのは老人だけにはかぎらんわけです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 00:46
    > mixiユーザー 今の若者は老人に限らず中年だろうと理由も無く尊敬したりしません。でも古典的教養を持っている人まで軽んじているとは思いません。たぶん日本は本当の実力主義社会になったのだと思います。本質を見抜く人は年寄りでも尊敬されます。ただ、日本の表層では根拠もなく老人を厚遇する考えが無くなったのだと思います。古典的教養に普遍性が無いとは私はあまり思えなくて、アメリカではPayPalの創業者であるピーター・ティールはスタンフォードで哲学を修めた人ですし、アメリカ屈指のコンピュータセキュリティ会社”パランティア”のCEOも哲学博士です。本質を見抜く能力を身に付けた人は今でも必要とされています。古典的教養を身に付けた人たちの評価が下がっているのは日本限定の現象のような気がしています。日本の行政が実学志向を強めた影響もあるような気がします。アメリカや西洋でもそうなのかと問われればリベラルアーツの大学の人気度から推し量れるような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 12:02
    そうかもしれません。仮にもし日本が本当の実力主義社会となり、本質を見抜く人間だけが尊敬されるようになったとして、何がその実力を測る基準とされているのか、われわれがどうやって本質を見抜く人間とそうでない人間を区別しているとお考えですか。例えば、そのピーターさんが実力で評価されている人である、本質を見抜く人間であると考えていらっしゃるとしたら、その理由は何ですか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 12:51
    > mixiユーザー 私が思うに本質を見抜く力とは言い換えれば”未来を予見する力”だと思います。その力を養うには古典的教養を知っていると未来を予見する確度が上がります。世の中に氾濫する経済の本や自己啓発本もいってしまえばどれだけ正確な未来を予想出来るのかだと思います。それが出来る人は私が思うところの”本質を見る人”です。只、短期的な未来が見える人も居れば、投資家のウォーレン・バフェットのように長期的な未来を見る人もいます。彼も短期的には賢人のようには見えなかったですが、財をなしてその列席に加えられたと思います。ピーター・ティールは一般人には気が付かない市場をいち早く察知し投資し莫大な財を築き上げました。ピーター・ティールは大金持ちになったのでかれの実力が裏付けられたと思います。身も蓋もない話しではありますが。どれだけの財を成したかは本質とは違うのですが、ひとつの指標にはなります。結局、文系の学問も理系でも学問というのはどれだけ正確な未来を予知出来るか、そのための投資だと思うのです。日本の若者が老人をぞんざいに扱うのも今の老人から未来が見えないからのように思います。今の老人はとりあえず安寧なゴールに行き着いていますが、若者は違う。想像のつかないそれもあんまり明るくない未来しか待っていない。そのいらだちと若者のロールモデルとはすでにならない異質感が若者の今の老人象のような気がします。解答になっていますでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 12:56
    昔の老人はその時代の若者にとって約束された自分の未来を具現していたから尊敬されていたのかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 13:41
    なるほど、本質を見れるようになると未来も予見できるようになる。実力というのは未来を正しく予見する力で、その力を用いて経済的な成功を導き、富を手にすることができる。富はその予言力の指標たりえる。そして、それに古典的教養が何らかの形で寄与しているかどうかはわかりませんが、あり得る話ですが、因果関係を逆にして、結果から原因を辿って行くとどうなるんでしょう。経済的に成功しない人、富を持たない人は未来が予見できていない、未来を予見できてない人は本質が見抜けていない。だから、金持の年寄であれば若者から自然に尊敬を集めるし、貧乏な年寄であれば尊敬されることはないのは当然である。これもまた真でありえるでしょうか。昔の老人も貧乏より物持ちの方が尊敬されたと思いますが、それが唯一尊敬を集めた理由だと思いますか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 14:26
    > mixiユーザー 分かりやすい指標として「富」を挙げたのですが、不正を働いて蓄財した人もいるでしょうし、昔は「清貧」というのもありました。むしろ「竹林の七賢」のようにカネの執着を嫌う傾向もありました。私が思うに、昔と比べて汚職とか不正が減っていくと昔とくらべ競争が正当化されやすくなって経済的成功が「善」と見られやすくなってきたのではないのかと思います。富を持たない老人であっても尊敬されるケースもあると思いますが、たぶんそれは人よりも本質が見えている老人だからのような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 15:42
    そうすると、富は必ずしも本質を見抜く力の指標としては十分ではないということですね。本質を見抜く力がなくても「不正に」富を得られる。また富を得ないでも尊敬される人もいるから、本質を見抜く力が尊敬の原因だとすると富=本質を見抜く力ということにはならない。でも、まだ本質を見抜く力は未来を知ることにつながり、それが尊敬に値する徳であるとい見方は否定されない。ここで「不正に」ということばの意味が問題になると思うんですが、もしそれが違法という意味であれば、法律を守らないで蓄財する人は未来を見る力がないといえるのか。絶対につかまらないことを承知の上で法を破って蓄財を行ったのであれば、その人は本質を見抜いていて、ゆえに未来を知っている。これは尊敬の対象にはならんでしょうか。もう一つ問いを先取りすると、未来を知ることができるから尊敬されるというときに、この尊敬する人はいったいなぜそんな力を持つ人を尊敬するんでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 16:51
    人間とは本来、未来を知りたがる生き物だからだと思います。占い師を信じる人が一定数居ますが、占い師でなくてもコメンテーター、評論家、作家、芸術家などは今まで無かったものを新たに提示している、つまり未来を見せてくれるからなんじゃないかなーと思います(ちょっと飛躍しすぎかもしれません)。現代の老人が顧みられないのは、老人が過去の成功例に拘る(現代では再現性のないもの)つまり本質的でなく普遍性も無いものだからかなあと。本質的で普遍性のあるものは老人だから知っているというのではなく、老若男女関係無く”知っている人は知っている”というこに現代人が気が付いたからなのかなーと思います。”智慧”というのは年の功とか経験値の単なる積み重ねではなく、ちゃんと人生の意味に向き合った人が得られる果実なのではないのかということに現代人が気付いたからじゃないのでしょうか。たしかに年寄りの中にはちゃんと年齢を重ねて智慧を身に付けた人も居るのでしょうが、先述したように戦争を経験していない若者が歳を取っただけの老人という若者の認識もあるので老人の智慧をあまり期待していないんじゃないかと思います。”老害”という言葉もそんな確信から生まれているような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 17:13
    結局、老人と若者の断絶は老人が自分とは違うタイムテーブルの中で生きていることに若者が気付いたからだと思います。つまり若者と老人の間に連続性が失われてしまったからのように思います。それは社会秩序という幻想から離れ弱肉強食のような世界に戻りつつあること意味していると思います。国としては歓迎できない事態だと思いますが、社会に”競争”という考えを取り入れたための当然の帰結のように思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 23:33
    > mixiユーザー 
    うまく逃げられてしまいましたね。もうちょっと対話を続けたかったのですが、誘導訊問みたいに思えたとしたらごめんなさい。その説はどこか受け入れがたいところがあると直観的に思ったのですが、何が一体悪いのか自分にもまだはっきりと分らなかったんで、ソクラテスの対話風にそれを一緒に明らかにしてみようと思ったわけです。でも、実験台というのはあまり居心地のいいポジションではなかったですね。もちろん、あおさんの説に全面的に賛成できないということではないです。年取ってるだけで尊敬すべきだなんてことは期待できないというのはまったく賛成です。本文もまたそういう話になっていると思いますが、ちょっとわかりにくかったかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 09:06
    > mixiユーザー 

    金持ちが本質を見抜いている人と言うつもりは無いです。
    本質を見抜いている人はその能力を利用して財を成しているケースが多いと言いたかったのです。

    ・本質を見抜くようになれるには古典的教養が不可欠
    ・日本の行政が実学を重んじるようになってMBAとか建築家とかアナリストとか直ぐにお金を稼げる学問を推奨するようになった
    ・日本に拝金主義が蔓延してきた
    ・現代では老人の智慧に再現性がない
    ・老人ではなく成功者が尊敬される日本

    というのが私の認識です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 09:55
    > mixiユーザー 
    私が居心地悪く感じたのは、本質を見抜く=未来を予測できる、という点です。「本質」ということばの意味にもよりますが、もともとの哲学用語の「本質」とは「不易なもの」「変わらないもの」の意ですから、変わりゆく世界の未来の予測とは必ずしも結びつかない。むしろ、「時代が変っても価値があるもの」のような通俗的な用法の方が原義に近い。たとえば、人工知能が発達して、未来を人間より正確に予測できるようになったとする。その場合、その人工知能は本質を見抜く立派な「人物」である、人間より尊敬されるべき、と言えるのか。予言者は政治権力と結ぶつきやすいのですが、彼らの予測は大概は怪しいもんで、それだけで尊敬されたとは思えない。逆に、歴史上には、権力も金もないのに人望だけがむやみに高かった人たちがいると思いますが、彼らは未来を予測できたから尊敬されたとも思えない。西郷隆盛みたいな人物は、かえって未来予測が苦手なように見えますが、黙っているだけでなぜか人が集まってきた。頭山満なんていう人物もそうで、むしろ時代に背を向けて生きていたような人々です。そうした人たちがなぜあれだけの有為の士を集めることができたのか、われわれには想像さえつかなくなっている。それはわれわれの人間観がえらく機械的になっていて、優秀な人口知能みたいなのが理想の人間像のようなことになっていないか、そこに現状の問題があるんじゃないかと考えたのがこの日記です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 10:54
    > mixiユーザー 

    そうですね。おっしゃるとおりです。私も本質を見抜く=未来を予測できるという定義に自分でも無理があるように感じました。私の頭の中は楽観主義的傾向があって時代は下っていくほどに世界が良くなっていくような考え方が太い倭人さんとの考え方の違いが出てしまって居るような気がします。話しがややこしくなるのですが、ピーター・ティールは”逆張り屋”と言われてその時代の人では見向きもしなかったものに投資して最終的に莫大な利益を上げました。バフェットも逆張り屋です。そういう人達が私には本質を見抜く人のように見えたのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 12:08
    > mixiユーザー 
    ここでやめておいてもよいのですが、せっかくなので、ソクラテス風に対話が行き着くところまで行ってみます。自分が解剖されるわけだからあまり居心地はよくないと思います。その見返りは自己理解の深化ですが、途中でしんどくなったら、いつでもドロップアウトしてください。
    見解の相違は、私が悲観主義者であおさんが楽観主義者であるためでしょうか。思い出してください。以前アベノミクスについてやりとりしたとき、あおさんはこれ以上生活はよくならないんじゃないかという悲観主義的な見方をしてました。それに、あおさん以外にも、ピーターやウォーレンを英雄視したり憧れたりする人はたくさんいる。ジョブズ教もある。このような人が今日特に尊敬(?)されるのは、個人の気質以上に社会的、思想的理由があるように思えます。で、他方、本文のなかにも書いた、人権はすべての人に平等に与えられるべきだと信じながらも、農作業ができなくなったら捨てられても仕方がないという主張にともすると惹かれてしまう人々がいる。少なくとも、これに対して人権信仰を説く以外に反論のしかたを知らない人が多い。この二つの現象は底でつながってないのか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 12:51
    > mixiユーザー 

    書物の中でしか会えないようなこじまさんのような高い知性の人と対話出来る機会がを頂けて光栄です。それで、論客をちょっと自認している私には最低の反論なのですが、以前アベノミクスでの話しの時に生活はこれ以上良くならないと言いましたっけ?それは安倍政権が続けばとか限定的な条件が付いていた場合ではないでしょうか。
    本題に入りますが、私はこの”姥捨て山”というおとぎ話にずっと違和感を感じていたんです。老人は役に立つから生かされるべき、みたいなメッセージと解釈してしまうんです。私は老人もそうですが、誰も生きる意志があるから生きている。また周囲もその意思を尊重するべきである。役に立つから生きる権利があるという考えは個人的に危険なものを感じます。もちろん周囲の人がその人に生きて貰いたいと思うからその人が生きているというのは間違っていないと思います。でもだれもAさん(仮)に生きてもらいたいと思わない、または関心が無い時にAさんは生きる理由を失うのでしょうか。後、話しはずれますが人工知能であっても人間よりも深い知性を持つようになれば尊敬されても良いと思います。知性や知恵は人間が独占するものではなくそれはいろんなかたちに変えて様々なものが持っている。私がヒューマニストじゃないのはそれ所以だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 23:38
    > mixiユーザー 
    そんな風に見えましたか。言い訳にもならんですが、ソクラテスはその弁明で自分の無知を証明するために論客を自認している人びとと対話を行ったと証言してます。はじめから答えを知っていて論破する目的でやったんだろうと疑われるわけですが、私はあながちウソではなかったんではと思います。ましてや私なんぞが対話の結果がどこに行き着くのか予想がつくわけもなく、実験してみないとわからない。独りじゃできないので、一緒に実験してもらえるとありがたいなというのもウソとは言えない。まあ、対話はこれくらいにしておきます。姥捨て山の教訓が功利主義的なのはその通りですね。昔の人も老人の人権を守るには「役に立つ」ことを証明することしか考えつかなかったんでしょうかね。「役に立つ」から生きる権利があるという議論を捨てさって、役に立たなくても生きる権利はあるとするのが一つの論法とすると、「役に立つ」という意味を拡大して生きる権利を擁護するという選択もある。理論的にはかなり違った結果になるんですが、理屈屋じゃなく実践する人にとってはどちらが聞く者を納得させられるかという問題だったのかもしれません。もちろん、どう考えても役に立たないような人や動植物もあるだろうから、普遍的な生命の擁護にはどうも前者が必要になりそうですが、行き過ぎると水虫の白癬菌を保護するために人類を犠牲にする星新一のショートショートみたいにもなりかねない。きれいな理論は理論であるうちは美しいですが、実行に移すと往々にして醜い結果が生じるのは、理論が悪いのか世界が悪いのかどっちなんでしょうね。人工知能の話は、ロボット好きの日本人にはおなじみで、鉄腕アトムなどでも主題になってますね。もし人工知能が人間のように考え感じることができるようになれば、当然人権の問題が生じてくる。ただ、ここで問題になっている点は、今の人工知能の知性が人間の知性と本質的に異ならないもので、いわゆるディープ・ラーニングを続けていくと機械でも人間に近い知性をもつようになるのか、それだけじゃなくアトムやドラえもんみたいに人間に近い感情や意志を持つようになるのかという点だと思います。人間は機械とは違うということになると、そういう意味での知性だけではやはり人間になれない。逆にいうと、そんな知性だけで人間の価値を量ってはいけないということになるかと思われます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年05月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031