ホーム > mixiユーザー(id:3401479) > mixiユーザーの日記一覧 >  そう!政教分離原則に抵触する、と思います。

mixiユーザー(id:3401479)

2019年10月22日22:12

125 view

 そう!政教分離原則に抵触する、と思います。

■即位儀式に抗議 キリスト教団体「政教分離原則に違反」
(朝日新聞デジタル - 10月22日 16:11)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5835377

 仰る通り、政教分離の原則と矛盾する、と思います。
 以下、ぼくが思う所を記します。
 長々と、所々、脱線する、と思われますが。

 
 今日の即位式礼賛一辺倒のテレビ、まさしく、宗教団体内で、教祖や指導者を称えるような異常さを感じました(11年前まで3年ほど、ある新宗教に入信していた時のムード、みたいです)。
 天皇や皇族の人々に対する報道、まるで、現人神やその一族を崇めているが如く。
 
 戦前の国家神道の復活まで遠くない、気持ち悪さと怖さを感じます。

 皇室の先祖や天照大神に即位を報告する儀式は、(皇室一族の私的な)宗教儀式、以外の何ものでもないのでは?そして、そこに公金を投入することは、政教分離の原則に抵触する、と強く感じます。

 天皇を崇拝したい、即位をお祝いしたい、と思う人々の気持ちは尊重しなければならないし、即位の儀式そのものを否定するつもりはありません。
 しかし、それらの儀式は本来、天皇家という一家の、私的な「家の行事」として、あるいは、皇室を崇敬する人々で財団法人なりNPO法人なり・・・作って、それらの「団体」の行事として行うべきものでは、本来は(必要なら、寄付を募って。十分な額は必ず集まる、と思います)。

 今年の一連の皇室行事や、天皇制そのものに反対する人々も、一部には存在するのです。
 NHKが公共放送なら、それらの人々の意見も、少しは取り上げないと。評価や是非はともかく。礼賛一辺倒でなく。

 そもそも、「貴い」人がいる、特定の人々に対して特別な敬語を用いる、ということ、民主主義との矛盾が存在しているのでは。

 天皇は日本史において、欠かせない超重要な要素、です。しかし、天皇=日本、ではない、と僕は思います。
 
 今、この国は国民主権で、天皇は日本国民の総意に基づく象徴、ということ(日本の主人公は、国民であって天皇ではない)を、みんな、忘れてしまってはいないでしょうか?

 天皇や皇族を偉大、だと思いたい人々の気持ちを僕は否定しません、でも、自分以外の何かが偉大になったから、といって、自分まで偉大になるわけでは、絶対にありません。

 礼賛一辺倒(批判がタブーな)の今日のテレビ、明治に産声をあげた、国家神道という「天皇カルト」に僅かずつでも近づきつつあるような、そんな怖さを感じます。
 彼ら、クリスチャンの人々も、それを危惧しているのでは?


 以上、脱線しまくりな、乱文をお読みくださり、ありがとうございます。
5 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 23:02
    そうですか?あんないい人いないと思いますがね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 20:31
    > mixiユーザー コメント、ありがとうございます。個人としての徳仁天皇ではなく、天皇に対する仕組みや、関わり方、とらえ方、を、ぼくは問題だと、思っているのです。
     先代の明仁さんを、ぼくは個人としては立派な人だと信じます。今上の徳仁さんも、素敵な方でしょう。
     しかし、それ と これ とは別、です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 21:02
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1973414455&owner_id=3401479

     この日記の、続き、です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月24日 00:07
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1973417472&owner_id=3401479

     関連して。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月26日 22:14
    > mixiユーザー こんばんは。ぼくの長々した文章を、丁寧にお読み下さり、ほんとうに真摯なコメントを記して下さり、心から ありがとうございます!!
     大きく勉強になり、真に感謝します。

     上皇、明仁さんは、真剣に立憲君主制、近代日本とアジア諸国との関わりの、負の面、と真剣に向き合い、行動してきた、と、ぼくは思います(ぼくの目からは、そう見えます)。

     でも、そういった、近代日本の中での天皇制とは天皇とは何か、民主主義との関わりとは、どうあるべきなのか・・・
    と言った問題を、おっしゃるように(明仁さんに対しても含め)、他人任せ、にしてきたかもしれません。

     また仰るように、民主主義、憲法、…といったことを、生活とは関係ない爛レイゴト瓩箸靴瞳擇鵑顕瓩たこと、
    反省しなければならないかも。

     そして今、虎の威を借りる狐よろしく、天皇や皇族が (最終的には日本の支配者たらんとする)ファシストのような人物たちの「ちょうどよい権威」=「お神輿」として利用されている。
     ということではないでしょうか。

     しかし、「ツケ」とは、考えたくありません(事実、「ツケ」以外の何ものでもありませんが)
     こうなったからこそ。
     近代日本、天皇制、天皇制と民主主義、天皇とは何か、これから国民と天皇はどう関わるべきか・・・
    ということを、しっかり考えていける機会、ともいえるのではないでしょうか。
     カルト復活直前、の、危機的状況ですが。

     ぼくの日記が、この状況に対して、大宇宙の中の原子ほどでも役に立てたなら、幸いです。

     「財団法人なりNPO法人なり」・・は、民主主義と矛盾することなく 天皇が存在できる方法と思います
    (その結果、天皇というものが人々から半ば忘れられることになってもいい。そもそも、近代以前は ほとんどの庶民は 天皇などという存在すら知らなかったのだから)。
     そしてそれが、ファシスト達にお神輿として利用されることやその結果起こる「滅亡」からこの列島を救うこと、
    になると思います。

     やはり、天皇は 憲法の規定から外れ、一国民になるのがスジ、でしょうか―家元、のようなものとして。

     今回は、ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月27日 22:07
    > mixiユーザー 
     度々の心のこもったコメント、ほんとうに色々と勉強になり、ありがとうございます。

     1974年生まれの45歳のぼくにとって、昭和天皇=裕仁さんは、やさしそうなお爺さん、といった
    イメージしかありませんでした。
     アジア太平洋戦争の開戦の決断を行い、多大な犠牲が生まれながら 降伏の決断を遅くしてしまった(皇統の維持の為に)、大元帥、ということは、最近分かってきました。
     沖縄を犠牲にした、ことも(ご存知でしょうけれど、もしお知りでなければ、「安保」や「戦後沖縄」などでお調べ下ささい)。

     ぼくにとって、頭に浮かぶ「天皇像」は、明仁さんの姿です。
     
     その、被災者や戦争体験者に寄り添う姿(彼自身は誠意をこめて行なっていた、と思います)で安心し、ぼくも思考停止になってしまっていたのかも。
     ファシスト達に、スキを与えてしまったのです。
     でも、第2次安倍政権誕生以降の、「戦前回帰」を目にするに及び、危機感を感じます。

     やはり、憲法を改正する、しかないと思います。
     「准名誉人間国宝」、みたいのもの、でもいいかもしれません。

     日本で一番権威のある家元で、いまだ多くの人々に崇敬される、一流の日本文化人だが、主権者たる「一国民」
    である、となるのが、いい形でしょうね。

     仰る様に、猖楜い如嵬閏膽腟舛鮗らの手で取り戻す」こと瓩鮃圓覆錣覆い函△曚鵑箸Δ法△燭い悗鵑覆海箸
    なります。
     ぼくは、何から始めたらいいのでしょう?

     
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 23:07
    > mixiユーザー 

     見ず知らずの私に、お父さま、お祖母さまの、そんなにも大切なお話を教えて下さり、ありがとうございます。

     お二人とも、先の大戦での苦しみや矛盾を、真っ向から体験された方々なのですね。
     ぼくも同じ立場だったら、一生、裕仁氏を許せないでしょう。

     明仁前天皇の在任中は、天災や、アジア太平洋戦争で苦しんだ人々、そして日本が苦しみを与えた国々の人々に対して
    癒し、謝ろうと身を賭してきた、とぼくは思います。
     我々の多額の税金を用いた、単なるポーズだ、と言う人もいますが、そうとは思えません。
     彼の行動には、「誠意」を感じます。

     おっしゃる通り、明仁さんの地道な行動の積み重ねが、昭和天皇を憎むお父さまの心に、何か変化を与えたのでしょう。

     皇族、天皇、ではなく、一人の「人間」として 明仁前天皇は尊敬します。
     皇族、天皇としてではなく、我々と同じ 心 を持つ、一人の人間として、天皇家の人々を理解する。

     だからこそ、明仁さんを尊敬するからこそ。
     その思いを大切にしたいから。

     天皇と言う役割を―その一族に生まれたから、という理由だけで―、平和と先の大戦の反省、そのほか色々を
    彼らに期待し委ねっぱなしで 安心するだけでなく。
     ぼくらが自分の問題、として関わっていこうとしたいからこそ。

     生まれついただけ、という役割から、ファシスト達のお神輿になる危険から、皇族の人々を 解放したい、
    と 思うから。
     ここで述べている、天皇や皇族をNPO法人などとし、一主権者ーいち国民たちにする、という「テーマ」に
    なったわけ、です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 23:21
    > mixiユーザー 
     でも。
     拙速に「憲法改正」を行なえば、ファシスト達に危険な形で収斂されてしまう恐れも大きい、ですね。

     話は、大分それますが。

     明仁前天皇は、日本が先の大戦でアジア各地で行った、むごいこと、ひどいこと、に対して 反省や謝罪を
    著そうとしていた、と、ぼくは思います(政府などの意向で、ハッキリと踏み切った表現はできなかったかもしれませんが)。

     ぼくらが豊かな環境で暮らせるのは、近代日本の遺産や成果を、享受しているから、です。
     そしてそれらは、この150年間、アジアの至る所で むごいことや ひどいこと、苦しみを与えてきた結果、
    でもあるわけです。
     なら、その「負の面」も、(明仁前天皇達だけでなく)ぼくらも、ぼく、も、引き受けねばならないのです。

     自分の問題として、「負の面」を引き受け、アジアの人々に対して反省や謝罪の気持ちを持とうとすること。
     考えてみれば、途轍もなく恐ろしくて怖くて暗くて大きなもの、を前にしているような気持になります。
     自分たちの醜い部分と向き合わねばならない。

     しかし、誠意を持った反省の気持ちを持てたなら、アジアの人々と、新しい、希望のある、清々しい関係を
    築けるような気がします。

     そして、それは、世界のあちこちに苦しみを与えてきた、この世を去った先人たちへの贈り物、供養になる、
    と僕は信じます。

     長々と今回もお読み下さり、感謝します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月29日 20:43
    > mixiユーザー 
     ほんとうに、重大な問題発言、だと思います。
     1945年8月6日、8月9日まで戦争を続けるのを許したのは誰?

     ラジオ放送はまた、聴かせて頂きます。
     ありがとうございます。

     誠意と熱意を込めた一連のコメント、ほんとうにありがとうございました。
     勉強になる事が多く、ありがたく思っております。

     また、何かありましたら、コメントさせて頂きますね。
     また、なにかありましたら、コメントして下さると、嬉しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月30日 07:46
    https://mixi.jp/#!/diary/3401479/1973417472
     また、関連して。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する