mixiユーザー(id:33884029)

日記一覧

鞍馬山
2020年11月26日10:15

鞍馬寺鞍馬寺の高い人気の秘密は、サナート・クラマ縁起や牛若丸伝説に負うところが大きいが、 くわえて「鞍馬の火祭り」、「鞍馬の竹切り会(え)」、「満月祭」などのユニークな祭りのおかげである。 なかでも満月祭は珍しい。虎は鞍馬寺と深い関わり合いが

続きを読む

慈覚大師(その19)
2020年11月26日09:57

慈覚大師(その19)第3章 立石寺(その7)第7節 聖徳太子の碑立石寺に聖徳太子の碑が建っている。http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/syoutokuhi.jpgその謂れは次のとおりである。林越前守政照という人がいる。林越前守政照は天王寺の楽人と伝えられ

続きを読む

 人はなぜ狐に騙されなくなったのか(その3)(2) 内山節(たかし)の説(その1)   すべてのものを自分の村のなかでつくり変えながら生きていく。そういう生き方をしていた人々にとつては、知 性の継続、身体性の継続、生命性の継続(注: 森岡

続きを読む

美しい日本の歌(その15)紅葉https://www.youtube.com/watch?v=CwsuMUiztF0

続きを読む

八瀬や大原
2020年11月21日10:01

八瀬や大原八瀬や大原とは、比叡山の西側の麓・高野川の沿岸地域をいう。この地域は、京都の中でも歴史も古く特別の地域である。大原には、寂光院や三千院などの歴史的な寺院が多くの観光客を集めているし、慈覚大師創建の寺もある。また、京都の風物詩として

続きを読む

慈覚大師(その18)
2020年11月21日09:51

慈覚大師(その18)第3章 立石寺(その7)第6節 消えずの灯今からおよそ1200年前、天台宗を開いた最澄が、比叡山の山中にお堂を建立し、自ら薬師如来ご本尊を彫り、「明らけく、後の仏の御世までも、光伝えよ法の灯しび」と、心を込めて点灯したの

続きを読む

人はなぜ狐に騙されなくなったのか(その2)(1) 人々の語る理由    日本では,1965年頃から,人がキツネにだまされたという新しい話が発生しなくなるのだそうだ。私の尊敬する哲学者・内山節(たかし)がそのことを問 題にし,「日本人は

続きを読む

美しい日本の歌(その14)里の秋https://www.youtube.com/watch?v=h144mLquMFs

続きを読む

平野神社
2020年11月18日11:05

平野神社 高野新笠の祖神として平城京に祀られていた神祠が今の位置に祀られ、格式の高い、また広大な神社となったのは、今の桓武天皇の意思によるものである。桓武天皇は、高野新笠の一族に大事に育てられ、道教の思想という新知識を身につけていく。その新

続きを読む

慈覚大師(その17)
2020年11月18日10:55

慈覚大師(その17)第3章 立石寺(その7)第5節 磐司と円仁立石寺の前に磐司と円仁が対面したという「対面岩」というのがある。立石寺創建の折、地元の狩猟民の首領・磐司と対面したのが「対面石」である。磐司は、日本の狩猟民の先祖といわれている伝

続きを読む

 人はなぜ狐に騙されなくなったのか(その1)はじめに「木遣りを歌う狐」というむかし話があります。これなどは「化かすといえば化している」のですが、人間に悪いことをするというものでなく、むしろ、人々の生活に潤いを与え、災いから人々を守るとい

続きを読む

美しい日本の歌(その13)赤とんぼhttps://www.youtube.com/watch?v=lLoSvWK9aJ8

続きを読む

八坂庚申堂
2020年11月15日10:17

八坂庚申堂八坂庚申堂は、法観寺に隣接していることもあって、京都の観光名所になっているが、八坂にあるということもあって、祇園花街の人たちの信仰が厚い。門を入るとすぐのところに、たくさんの「つるし猿」が吊るされている。面白いのは、八坂庚申堂では

続きを読む

慈覚大師(その16)
2020年11月15日10:06

慈覚大師(その16)第3章 立石寺(その6)第4節 秦氏の活躍第3節の(1)は、黒曜石の道や「山の道」を通じて、多分、諏訪の文化が仙台方面に伝わったのではないかとい観点から述べたものである。それの先導役を務めたのが、物部系の人たち、すなわち

続きを読む

山の再生(その9)
2020年11月15日09:57

山の再生(その9)木材利用推進中央協議会では次のように言っています。日本は森林資源の豊富な国です。この森林資源は「植える」「育てる」「収穫する」「上手に使う」という森のサイクルのなかで大きな効果を発揮します。
その効果とは、水源涵養、

続きを読む

美しい日本の歌(その12)ヤシの実https://www.youtube.com/watch?v=zxT7q-AfJy8

続きを読む

慈覚大師(その15)
2020年11月12日10:59

慈覚大師(その15)第3章 立石寺(その5)第3節 立石寺創建の謂れ(その2)(2)立石寺について立石寺の創建について、寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされている。当寺の創建が平安時代初期(9世紀)にさ

続きを読む

山の再生(その8)
2020年11月12日10:53

山の再生(その8)「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」という法律というのは、この法律の一般住宅への波及効果も期待していますが、もちろん拘束力はありませんので、波及効果ゼロということなのです。一般の人々は、木造住宅というより非

続きを読む

美しい日本の歌(その11)富士山https://www.youtube.com/watch?v=3Q2rtrOSTfI

続きを読む

天神信仰について
2020年11月08日09:54

天神信仰について菅原道真が太宰府に配流(はいる)されて不遇のうちに死んだことはよく知られている。天満宮は受験生に大変人気の神社であり、そこでは、菅原道真 は学問の神様になっているのだが、天満宮ができるまでは、道真の怨霊が凄かったらしい。遂に

続きを読む

慈覚大師(その14)
2020年11月08日09:42

慈覚大師(その14)第3章 立石寺(その4)第3節 立石寺創建の謂れ(その1)立石寺は、実に広大な境内を有し、非常に急峻な山に多くの堂が建てられている。何故こんな立派な寺が建てられたのか? それをこれから説明したいと思う。(1)朝廷の東北経営

続きを読む

山の再生(その7)
2020年11月08日09:35

山の再生(その7)多くの県では、県産木材を使った木造建築の拡大を図るため、補助金を出すなどそれなりの取り組みをしておられます。例えば私の住んでいる埼玉県の取り組みは次の通りです。https://www.pref.saitama.lg.jp/a0905/mokuzai-hojo.htmlしかしな

続きを読む

美しい日本の歌(その10)海の歌https://www.youtube.com/watch?v=6XyGGPIXc0Y

続きを読む

大将軍八神社
2020年11月05日09:17

大将軍八神社 平安京の建設とともに造られた道教ゆかりの神社は大将軍八神社のみである。中国は 長安の都にならって、平安遷都にともなって、平安京の西北を守護するために祀られた大将軍信仰の名残である。大将軍八神社:http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwa

続きを読む

慈覚大師(その13)
2020年11月05日09:07

慈覚大師(その13)第3章 立石寺(その3)第2節 ライシャワーの碑ライシャワーは、アメリカの歴史学者。長老派教会宣教師で仏教研究家の A.ライシャワーの子として生れ,16歳まで日本で過した。 1931年オバーリン大学を卒業し,32年日本および中国の歴

続きを読む

山の再生(その6)
2020年11月05日09:01

山の再生(その6)第174回通常国会において「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)が成立し、平成22年5月26日公布され、同年10月1日施行されました。その考え方は、次の通りです。我が国では、戦後、造林された人工林

続きを読む

美しい日本の歌(その9)夏の思い出https://www.youtube.com/watch?v=zFovc95Pzio

続きを読む

大覚寺
2020年11月02日11:13

大覚寺延暦13年(794)、桓武天皇は「山背」を「山城」と改め、新都・平安京に遷都する。桓武天皇ののちに即位した平城天皇は、病身のため弟の嵯峨天皇に在位わずか3年で譲位するが、平城上皇の平城古京への復都、薬子の乱などの政変によって政局は動揺して

続きを読む

慈覚大師(その12)
2020年11月02日11:02

慈覚大師(その12)第3章 立石寺(その2)第1節 円仁死して飛翔す!山寺には、円仁の入定窟という霊窟があり、 そこに円仁の遺体があるという伝承がある。 円仁は、864年、熱病のためなくなるのだが、 大江匡房の「本朝神仙伝」によれば、 入定直前

続きを読む

山の再生(その5)
2020年11月02日10:55

山の再生(その5)竹中工務店が、今、試験的に東京で30階建ての木造耐火建築物を作ろうとしている、その取り組みに期待していますが、一般の低層住宅が木造家屋になるにはどうすればいいのでしょうか?私にはよくわかりません。皆さんのご意見をお聞かせく

続きを読む