mixiユーザー(id:33738144)

2018年01月18日11:32

281 view

●平安時代

●平安時代
◆平安時代 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/平安時代
平安時代(へいあんじだい、延暦13年(794年) - 文治元年(1185年)/建久3年(1192年)頃)は、日本の歴史の時代区分の一つである。延暦13年(794年)に桓武天皇が平安京(京都)に都を移してから鎌倉幕府が成立するまでの約390年間を指し、京都におかれた平安京が、鎌倉幕府が成立するまで政治上ほぼ唯一の中心であったことから、平安時代と称される。
 
◆平安時代
へいあんじだい

日本歴史の時代区分の一つで,古代の最終期。都が平安京に定められた延暦 13 (794) 年から源頼朝が鎌倉に幕府を開くまでの約 400年間をいう。政治史からみれば,前期,中期,後期の3期に分けられる。前期は奈良時代に一応完成した律令制度を基本に,これに修正を加えながら維持しようとした時期で,律令についての施行細則である式が編纂され,その代表的なものが延長5 (927) 年に完成した『延喜式』である。その補足改訂のために発せられた法令が格 (きゃく) で,それを集成したものが『類聚三代格』である。後世,「延喜・天暦の治」と称される醍醐,村上の両天皇の治世はこの期の最後を飾るものであった。中期は,藤原氏が摂関政治を行なった時期で,藤原氏は天皇幼少のときには摂政,天皇成人ののちには関白となり政治を壟断 (ろうだん) したが,そのためには娘を後宮に入れて皇室と外戚関係を結び,他氏を排斥し,一家の繁栄をはかるのみで,政治は停滞をみた。後期は上皇 (→太上天皇 ) ,法皇による院政の時代で,院政政治も国家社会に対する関心は浅く,一部の利益を追求する点では摂関政治と変らなかった。経済の面からは律令に基づく班田制がくずれ,荘園制度に移行してゆく時期で,中期の摂関政治,後期の院政はこの荘園制を基盤として成立したものであった。

◆平安時代の平均寿命はどれくらいだったのか
http://www.heianjidai.com/heikin-jyumyou.html
平安時代の平均寿命は、30歳前後だったと言われています。なぜ当時の平均寿命は現代人と比べてそれほど短かったのでしょうか?
 
 
◆平安時代のトイレ事情〜当時の屋敷の中はつねに臭かった?
http://www.heianjidai.com/toire.html
平安時代のトイレは現代のように衛生的なものではありませんでした。樋箱と呼ばれる部屋の隅に置かれた箱に用を足したため、部屋中が臭かったようです。

◆平安時代の衛生状況は最悪 貴族は複雑な香りをまとっていた ...
http://news.livedoor.com/article/detail/13046315/
2017/05/11 - 実際の平安時代の匂いについて、歴史研究者に聞いている。平安京はトイレも未発達で、庶民は外で用を足し、衛生状況は最悪だったそう。平安貴族は、お香と体臭が混ざった「複雑な香り」を纏っていた可能性がある.
 
◆平安時代の特徴は? 約400年もの長期スパンは3つの区分でわかりやすい
https://bushoojapan.com/tomorrow/2017/12/13/107356
江戸時代なら庶民文化の浮世絵とか歌舞伎とか。
鎌倉時代なら運慶快慶とか。
あるいは縄文&弥生時代なら土器とか竪穴式住居とか。

歴史の各時代には、それぞれ特色を表すシンボル的存在がおりますよね。

運慶・快慶とは? 焼き討ちされた東大寺南大門で金剛力士像を完成させた凄腕の仏師たち
https://bushoojapan.com/tomorrow/2017/10/03/104687

 
◆平安時代の「逢う」は、ストレートに「セックスする」ということです!
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48476
和歌ってモヤモヤしていてよくわからない!? いいえ、実はただシンプルに「やりてエ!」と叫んでいるだけだったりするのです……。作家・橋本治さんに百人一首の楽しみ方を明かしてもらいました。

◆風呂敷の歴史・平安時代|風呂敷の知識|宮井株式会社
http://www.miyai-net.co.jp/furoshiki/history02.html
平安時代後期(藤原時代)の『倭名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)』(935年頃成立)には衣ぼくの註として古路毛都々美(ころもづつみ)と呼んでいたことがうかがえます。
http://www.miyai-net.co.jp/furoshiki/img/img_history02_01.jpg
扇面古写経
この包みの使用状況は後鳥羽天皇の文治4年(1188年)9月15日、四天王寺へ奉納された扇面古写経(画像参照) 巻七 市場図の下絵に女房が衣類を包んで頭上運搬する姿が見られ、平安後期の風俗を表しています。

南北朝時代の『満佐須計装束抄(まさすけそうぞくしょう)』源雅亮、康永2年(1343年)には「ひらつつみにて物をつつむ事。」の項目に、衣筥を包む布の四隅を結ぶ順序が記載され、包み布を「平包」と呼んでいます。
 
◆平安初期文官朝服・平安時代・和様の創製 日本服飾史 資料・風俗博物館
http://www.iz2.or.jp/fukushoku/f_disp.php?page_no=0000024
 平安朝初期の風俗は不分明の所が多かったが、はじめて考証を試みた。道明寺天満宮所蔵の伝、菅原道真公遺品の革帯や牙笏(げしゃく)等を考究すると、10世紀前半迄はほぼ奈良時代同様と思考される。ここには右大臣菅原道真公を想定し袍は縫腋、衣服令による2位の浅紫が濃くなり、襴は入襴、(にゅうらん)下襲は裾をひかず単の文様は繁菱、表袴(うえのはかま)の形状は正倉院に残る形式とした。冠も笄はなく、笏は象牙製、革帯は真鍮地、鍍銀有紋紫水晶を象嵌したがつけられている。これは道明寺所蔵の国宝を復原したものである。飾劔(かざたち)を条帯[平緒(ひらお)]にて佩び、烏皮の沓をはく。
http://www.iz2.or.jp/fukushoku/wayo_img/1-1.gif
http://www.iz2.or.jp/fukushoku/wayo_img/1-2.gif
http://www.iz2.or.jp/fukushoku/wayo_img/1-3.gif
http://www.iz2.or.jp/fukushoku/wayo_img/1-3.gif

1  皀羅(くりのうすはた)の頭巾(ときん)[漆紗(しっしゃ)の冠(かん)]
2  皀羅の頭巾の燕尾(えんび)
3  衣(きぬ)[朝服(ちょうふく)][縫腋袍(ほうえきのほう)]
4  平緒(ひらお)
5  平緒の垂(た)れ
6  大刀
7  衣[朝服][縫腋袍]の襴(らん)
8  袴(はかま)[表袴(うえのはかま)]
9  大口袴(おおくちばかま)
10  笏(しゃく)
11  烏皮履(くろかわのくつ)
12  銀装(しろがねつくり)の腰帯

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する