mixiユーザー(id:33738144)

2017年12月20日20:45

267 view

●はいけん【佩剣】【拝見】【拝絹】【燕尾服】

●はいけん【佩剣】【拝見】【拝絹】【燕尾服】
★はいけん 【佩剣】
腰にさげる剣。
   ・・・・・・・・・・
・はいけん 【拝見】
(名)スル
見ることをへりくだっていう語。つつしんで見ること。
「お手紙―いたしました」
   ・・・・・・・・・・
・はいけん 【拝絹】
タキシード・燕尾服など、男性用礼服の襟にかける別布。サテンなどを用いる。拝絹地。

★拝見
出典:『Wiktionary』
http://www.weblio.jp/cat/dictionary/jajcw
名詞
拝見 (はいけん、他動サ変)
1.「見る」の謙譲語。
2.「御能拝見」の略。
関連語
  尊敬語:ご覧になる
  拝聴


★黒漆剣〈/(寺伝坂上田村麻呂佩剣)〉 国指定文化財等データベース 
http://www.weblio.jp/cat/culture/ksbdb
主名称: 黒漆剣〈/(寺伝坂上田村麻呂佩剣)〉
指定番号: 1373
枝番: 00
指定年月日: 1911.04.17(明治44.04.17)
国宝重文区分: 重要文化財
部門・種別: 工芸品
ト書:
員数: 1口
時代区分: 平安
年代:
検索年代:
解説文: 平安時代の作品。


★くらま-でら 【鞍馬寺】
京都市左京区鞍馬本町にある鞍馬弘教の本山。山号は松尾山。もと天台宗。770年、鑑禎(がんちよう)の開基と伝える。本尊は毘沙門天。皇城の北方を鎮護する寺として栄えた。牛若丸伝説などで知られる。


★鞍馬寺  寺院名辞典 
http://www.weblio.jp/cat/culture/njimj
読み方:クラマデラ
別名 総本山鞍馬山
宗派 鞍馬弘教
所在 京都府京都市左京区
本尊 鞍馬山尊天

★鞍馬寺(くらまでら)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%8D%E9%A6%AC%E5%AF%BA
京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺。1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山。開基(創立者)は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている。本尊は寺では「尊天」と称している。「尊天」とは毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという。


★えんび-ふく 【燕尾服】
男性の夜間用正式礼服。上着の前丈が短く、背の裾が長く先が二つに割れて燕の尾のようになっている。色は主に黒。共布のズボン、白のベスト、白の蝶ネクタイ、黒のエナメル靴などと組み合わせて着る。


★テ−ルコート(燕尾服) 結婚用語集 
http://www.weblio.jp/cat/life/kknyg
夜の正礼装。前身頃が短く後ろ身頃はツバメの尾のように長くなっている。黒または濃紺の上着とパンツ(サイドに側章が2本入ったものが基本)に、白のベストとウイングカラーのシャツ、蝶ネクタイを合わせる。


★燕尾服(えんびふく、英: Tailcoat)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%95%E5%B0%BE%E6%9C%8D
男性の夜の最上級礼服の一つ。裾が燕の尾のようなのでそう呼ばれる。英語では、18世紀末から19世紀初頭のフロック(Frock)も含めて“Tailcoat”と呼ばれるため、19世紀中半以降の正装である燕尾服のみを指す場合は“Evening”が付けられ、“Evening Tailcoat”とも呼ばれる。
 
戦前日本の服制について定めた「明治5年太政官布告第339号」 (大礼服及通常礼服ヲ定メ衣冠ヲ祭服ト為ス等ノ件)ではこの服装が「通常礼服」とされており、この時代の記述に於ける「(文官等の)通常礼服」は燕尾服を指す。また、通常礼服は小礼服とも呼ばれ、大礼服が制定されていない下級官吏や民間人の最上級正装とされていた。●はいけん【佩剣】【拝見】【拝絹】【燕尾服】
★はいけん 【佩剣】
腰にさげる剣。
   ・・・・・・・・・・
・はいけん 【拝見】
(名)スル
見ることをへりくだっていう語。つつしんで見ること。
「お手紙―いたしました」
   ・・・・・・・・・・
・はいけん 【拝絹】
タキシード・燕尾服など、男性用礼服の襟にかける別布。サテンなどを用いる。拝絹地。

★拝見
出典:『Wiktionary』
http://www.weblio.jp/cat/dictionary/jajcw
名詞
拝見 (はいけん、他動サ変)
1.「見る」の謙譲語。
2.「御能拝見」の略。
関連語
  尊敬語:ご覧になる
  拝聴


★黒漆剣〈/(寺伝坂上田村麻呂佩剣)〉 国指定文化財等データベース 
http://www.weblio.jp/cat/culture/ksbdb
主名称: 黒漆剣〈/(寺伝坂上田村麻呂佩剣)〉
指定番号: 1373
枝番: 00
指定年月日: 1911.04.17(明治44.04.17)
国宝重文区分: 重要文化財
部門・種別: 工芸品
ト書:
員数: 1口
時代区分: 平安
年代:
検索年代:
解説文: 平安時代の作品。


★くらま-でら 【鞍馬寺】
京都市左京区鞍馬本町にある鞍馬弘教の本山。山号は松尾山。もと天台宗。770年、鑑禎(がんちよう)の開基と伝える。本尊は毘沙門天。皇城の北方を鎮護する寺として栄えた。牛若丸伝説などで知られる。


★鞍馬寺  寺院名辞典 
http://www.weblio.jp/cat/culture/njimj
読み方:クラマデラ
別名 総本山鞍馬山
宗派 鞍馬弘教
所在 京都府京都市左京区
本尊 鞍馬山尊天

★鞍馬寺(くらまでら)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%8D%E9%A6%AC%E5%AF%BA
京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺。1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山。開基(創立者)は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている。本尊は寺では「尊天」と称している。「尊天」とは毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという。


★えんび-ふく 【燕尾服】
男性の夜間用正式礼服。上着の前丈が短く、背の裾が長く先が二つに割れて燕の尾のようになっている。色は主に黒。共布のズボン、白のベスト、白の蝶ネクタイ、黒のエナメル靴などと組み合わせて着る。


★テ−ルコート(燕尾服) 結婚用語集 
http://www.weblio.jp/cat/life/kknyg
夜の正礼装。前身頃が短く後ろ身頃はツバメの尾のように長くなっている。黒または濃紺の上着とパンツ(サイドに側章が2本入ったものが基本)に、白のベストとウイングカラーのシャツ、蝶ネクタイを合わせる。


★燕尾服(えんびふく、英: Tailcoat)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%95%E5%B0%BE%E6%9C%8D
男性の夜の最上級礼服の一つ。裾が燕の尾のようなのでそう呼ばれる。英語では、18世紀末から19世紀初頭のフロック(Frock)も含めて“Tailcoat”と呼ばれるため、19世紀中半以降の正装である燕尾服のみを指す場合は“Evening”が付けられ、“Evening Tailcoat”とも呼ばれる。
 
戦前日本の服制について定めた「明治5年太政官布告第339号」 (大礼服及通常礼服ヲ定メ衣冠ヲ祭服ト為ス等ノ件)ではこの服装が「通常礼服」とされており、この時代の記述に於ける「(文官等の)通常礼服」は燕尾服を指す。また、通常礼服は小礼服とも呼ばれ、大礼服が制定されていない下級官吏や民間人の最上級正装とされていた。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する