mixiユーザー(id:3341406)

2010年10月19日00:04

1361 view

「トリノ・エジプト展」出品物破損のその後

静岡県立美術館に「トリノ・エジプト展」を観に行ったのは、7/29だった。
この展覧会は、日本各地を巡り、同館が最後だった。
その展覧会が終わり、8/23、撤収作業の途中で事故が発生、「オシリス神をかたどった王の巨像頭部」を破損させてしまった事については、8/24の新聞記事等で知った。

参:http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100824/crm1008241148009-n1.htm

自分が感慨を以ってつい最近見上げた像、そして私が行った美術館での事故という事で、この記事には、心臓に氷を圧し当てられるような気がした。

この美術館は私の郷里の美術館でもあり、そういう意味では、同郷の出来事として、私自身責任を感じてしまうのは、決して謂われなき事とは思えない。
たとえ、運送会社(日本通運関東美術品支店)に直接の責任があろうとも、県立美術館の学芸員達の責も免れないし、同郷県民もただのほほんと愉しむだけ愉しんで、他人の所為となすり付ける訳にいかない。
金銭面では保険で処理するのだろうが、そういう事とは別のところに問題はある。

で、添付したのは10/16(土)の新聞記事だ。

これによると、貸し出しを行ったトリノ・エジプト美術館として、ではなく、イタリアという国レベルの問題となっている。
イタリアは、いろんな時代の美術品,歴史遺物等、当然貸し出す事の方が圧倒的に多いだろう。
対して日本はというと、日本美術や文化財等、貸し出しもあるだろうけれども、やはり、絶対的に借用する事の方が多いだろう。日本は、資源や食糧と同様、この面でも、輸入大国なのだ。

日本で海外の芸術品等に触れる事ができるのは、大な歓びで、ありがたい限りだが、こうした事がいつも背景に存在する事を忘れたらいけない。
世界動向はナショナリズム傾向が今強くなっている。政治,外交はとりなそうとしても、国民感情というやつは、火が付いたら止められない。
仮に、中国から借用した文化財が今同様の事故に遭ったとしたら、1事故で済まない可能性もあるのではないか。
我々、身の震える思いで、こうした事故や背景の実情を視、気を配らなければならない。
 
0 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年10月20日 20:39
    例えば、興福寺の阿修羅像が海外の何処かの国に貸し出されて、搬送中に腕が1本折れました…なんてことになったら?
    国内での事故だったとしても、門外不出になるでしょうねぇ。
    イタリア美術界の「貸出し制限」の動きも、仕方がないことかもしれません。
    でも、現地に観に行くことができない庶民には、このような貸出しは美術に触れる大切なチャンス。
    あたりまえのように美術館の企画展を観に行っていましたが、心して観なければいけませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年10月20日 21:30
    to kuroさん

    本当におっしゃる通りです。

    危うい細い糸の上のバランスのような場所で、我々世界の美術品と相対し、にこにこと笑み愉しんでいる、とも言えますね。
    そんな事気にしながら美術品なんか見れないよ!というのが普通のご尤もな反応でしょうけれども。

    でも、ヘンな所に火が点いてしまったら、そんな事言ってられなくなります。
     
    観る側も大事に大事に、慈しんで接しなければ。
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年10月20日 22:40
    そういう事故が起こっていたとは知りませんでした。
    無事に運送されること
    当たり前のことと享受してきましたが
    そうではないのですね。

    イタリア政府との問題かあ・・・。
    ・・・美術品はもともとはエジプトの物ですが
    ・・・そう考えると妙な気分も・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年10月21日 00:59
    to すずさん

    ご存知なかったですか。
    はい、こんな事故があったのです。

    ああ、その問題も近年大きく取り沙汰されていますね。
    エジプトは自国の遺物、自国の財産、勝手に持ち出されたと主張。
    イタリア、というか、ドイツもイギリスもフランスもアメリカもそうですが、勝手に持ち出してはいない。持ち出さなければ、盗賊によって文化財は雲散霧消していただろうと主調。

    植民主義の時代のしこりですね。
    これはこれで、また根が深い!
     

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2010年10月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31