ホーム > mixiユーザー(id:3333662) > mixiユーザーの日記一覧 > 刀使の巫女 13話以降

mixiユーザー(id:3333662)

2020年01月10日09:13

31 view

刀使の巫女 13話以降

少し時間が過ぎ
それぞれが大勢を建て直す中
後輩ができたり
新たな敵が出来たりと
展開が早い。

そんな中でも
個人的には
16話の話が良かったと思う。

俺の一押しキャラの薫が大活躍
というか彼女のための回と言うべきか

この16話は薫の性格と沙耶香の性格を
比較してみるとなお面白い。

薫は任務と言う枠組みが嫌いで
自分がこれと言うものにしか前向きにはとらえない。
上長である紗南の命令は軽く流して仕事らしい仕事をしない。

そんな時、沙耶香が合流するが
これがまた真面目でチームのメンバーには
尊敬される。

しかし薫は信念を持っている。
後半、探索エリアに荒だまの反応があり
それを見つけた時
かわいい荒だまだった

沙耶香は無機質にもこれを討伐しようとするが
薫はそれを止める。

こんなちっぽけな荒だまは敵ではないと言う。

ここれへんから
荒だまにも良し悪しがあると言う事が解り
ストーリーを一層深いものとしている。

結局このかわいい荒だまは
タギツヒメ(真の敵)の影響で暴れる
が薫はしっかり戦う。
この姿を見て沙耶香はまたひとつ勉強になり
成長してゆく。

ましこのけじめ
かっこいいわ

また前半敵対していた真希は
さすらいの刀使となり
タギツヒメと対峙する

ここもかっこええ

いやあ
熱くなってきてキャラが引き立ってきた。

真希はここ一連ののろを回収する犯人とされる。

この後の
薫と紗南のギャグもさえているが
紗南のキャラ少し変わってねえか??

この話
しっかりと落ちもあり
キャラの持ち味も出している。
すばらしい。


2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月11日 01:55
    この後、怒濤の展開です。
    いっきに最後まで観ていただきたいです!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月11日 07:07
    ここまで来ると
    キャラの人間関係が出来上がってきて
    面白い。

    薫はラインで姫和に
    けっこうちゃちゃ入れてるが
    こんなこと言うのは薫だけで
    あとの皆は近寄りがたいオーラのせいか
    一目置いているように見える。

    舞依の父親との再会の話もよかった。
    女3人で次女がちょっと横着で
    ハイは一回(ハイハイは赤ちゃんじゃなかった)とか
    なんかあの回は家族思いの感じが良く出ていた。
    誰の演出や?

    年のせいか
    パパさんがかっこよく見えたわ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月11日 07:35
    薫は見た目ロリですが、パーティー最大のパワーファイターであり、
    精神的にも一番しっかりしています。
    益子隊の部下たちからは舐められてる風でしたが、あれは逆に信頼の裏返しで、
    部下たちは本当はめちゃめちゃ薫隊長が好きです。

    マシン的だった沙耶香ですが、
    可奈美に熱を教えてもらい、
    舞衣に母親的な優しさを、
    薫に父親的なことを教わり、
    一番成長していくキャラクターです。
    この辺もお見逃しなく。

    舞衣のお父さん、ダンディですね。
    関市とか、長久手とか、愛知辺りのエピソードでした。
    最後、舞衣(中学二年)が背中から抱きつくのですが、
    娘が成長してたので、ちょっと困っていた感じでした。

    ちなみに姫和と同じ学校の友人、岩倉早苗の名字、岩倉は、
    岩倉市からいただきました。(平城なので奈良県ですが)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月11日 21:53
    ああ
    やはり長久手は愛知だったのね。
    じもとの名前が出るとうれしいわ。

    さてこの後どうなる事か?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!