mixiユーザー(id:3326532)

2021年07月05日14:45

38 view

【プロ野球】キャッチャーについてのあれこれ 番外編

■巨人・炭谷が電撃移籍 楽天が金銭トレードで獲得合意と発表
(ベースボールキング - 07月04日 19:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=212&from=diary&id=6579253

昨日のゲーム中、炭谷トレードの情報がいきなり出てきた。
はああ?
なんだそれ!

同日、登録抹消(一般的には二軍行きという)発表されていたので、
ああまた原が懲罰人事しやがったと思ったのだが、
その日のうちにトレード話が確定するとはね。

そのときは、
おいおいいいかげんにしろよ!
そんなに大城中心主義を貫きたいか?ちっ(怒った顔)
と感じたのだが、
もしかしたら「本人がトレード志願してたりしないかな?」とか、
いろいろ考えたが、とにかく目の前のゲームが色々問題采配あり過ぎで、
炭谷どころじゃなかった。

しかし、謎の「登録抹消」はトレードのための作業だったんだね。
原の懲罰人事で嫌気をさしてのトレード志願あるいは、懲罰トレードではなく、
事前にトレードありきの登録抹消だったのだろう。
発表までの流れでトレードを公表するのがおくれたと。
(そう考えることにした、もしかしたら石井一久が炭谷末梢にとびついて、
 トレード打診した可能性もないわけじゃない)

落ち着いて、よく考えてみると、
「巨人には何一つメリットがない」
 *正確には「恩を売る」「貸しを作る」わけだけどね。

そういう話なので、
例によって原が狂ったことをしでかしたのか?と考えるには、
「原が望んで来てもらった炭谷」でもあるし、
FA選手を人的補償で盗られたことはあっても、
過去一度もトレードに出したことのない巨人なので、
トレードは巨人側としては、考えていなかっただろう。
もしそうなら、誰かと交換するよね。

だからこれは、「石井が欲しがった」ということでしょう。


やるなあ石井。
いいところに目をつけるぜ。


岸、涌井、牧田……楽天の主力投手は「炭谷のいた頃の西武ライオンズ」
ピッチャーにとっては、銀仁朗くるの?それはうれしい!
今楽天にはベテランキャッチャーがおらず、若手を育てている状態なので、
炭谷はかなり欲しいピースかもしれん。

炭谷にとっても、
「東海大派閥主義」の原のもとではこれ以上の出番は求めても無駄。

石井が目をつけた最大のポイントは、
「山口の復帰、菅野の不調」によって、
この二人は小林つけないと流石にダメと原が感じているからで、
そうなると「余計に炭谷は出番がない」ことを見抜いたからだと思う。

炭谷としては「小林使うのならオレ余計に出られねーじゃん」
石井としては「炭谷なら元西武軍団にぴったりだし、タダで取れねえ?」

うんなかなか。

実際に炭谷をスタメンで使うとなると、
「打てない」(小林よりもうてないでしょ??今は)
「超絶、肩が弱い」(たまたまかもしれないけれど、送球が山なりでrすよ)
などなどあるけれど、それでも投手がある程度気持ちよく投げられるのなら、
それはありだと思う。

ということでおそらく、


   『楽天から、トレードの打診があるんだけど、どうしたい?』


即答か熟考か知らんが、そうかからずに「行きます」と炭谷が言ったのだと思う。

そうじゃなきゃ、巨人が出すメリットは一切ないからね。

そういうことなら、本人も納得の「新たな機会を求めてのトレード」なので、
無理に代替選手を要求しなかった巨人も立派。
ウィーラーや高梨の件もあるから、お互い「使えなくなった選手」を出してあげて、
そっちで活躍してくれ!というのはいい話だ。


ただなあ。

もしね、楽天と巨人が日本シリーズやるとしたら巨人はちょっと面倒。

普通、シーズン中にサインを作り変えることはないので、
「そういう作業が必要になる」わけですよねえ。
炭谷は、巨人のサインをすべて知ってますから。

阪神を打倒してからの話ですけどね。






◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
巨人・炭谷が電撃移籍 楽天が金銭トレードで獲得合意と発表
2021年07月04日 19:30 ベースボールキング


◆ 16年目のベテラン捕手、3球団目へ

 楽天は4日、巨人の炭谷銀仁朗選手(33)を金銭トレードで獲得することに合意したと発表した。

 炭谷は平安高(現・龍谷大平安)から2005年の高校生ドラフト1位で西武に入団。2018年シーズン終了後に海外FA権を行使して巨人に移籍した。

 巨人加入1年目の2019年は故障離脱があったものの58試合でマスクを被り、昨季も56試合に出場。今季も岸田行倫、小林誠司らを抑え、大城卓三に次ぐ43試合でマスクを被り、第2捕手としてチームを支えていた。

 炭谷は4日付で出場選手登録を抹消されており、5日(月)に入団会見を実施する予定。新天地となる楽天は太田光ら若手捕手が多いだけに、経験豊富な炭谷には即戦力として様々な役割が求められることになりそうだ。


◆ 炭谷銀仁朗・プロフィール

守備位置:捕手
投  打:右投右打
身長体重:181センチ/98キロ
生年月日:1987年7月19日(33歳)
経  歴:平安高−西武(05年高D1位〜18年)−巨人(19〜21年途)−楽天(21年途〜)

[2021年・一軍成績]
44試 率.188(48-9)本1 点7

[通算成績]
1327試 率.212(3356-713)本39 点311
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031