mixiユーザー(id:3326532)

2020年06月22日13:27

25 view

【プロ野球】観客を入れさせるにしても

■プロ野球、7月10日から観客あり 客数は各球団が調整
(朝日新聞デジタル - 06月22日 11:09)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6129191

7/10から、5000人を上限に「観客を入れる」

J-LEAGUEとどういう協議をしたのか知らないが、
ともに球団経営が危なくなるレベルの「収入源」となるのだから、
少しでも回収したいということだろう。

無観客でもなんでも「とにかく試合はやりたい」のは、
NPBもJリーグもダゾーンの放映料がすさまじいからで、
そこは観客収入がなくても手放せない。

段階的に入れるのはどうか?

例えば「ゼロか通常か?」で言うのなら、
年内はまず無理だし、来年だって怪しいレベルなのだが、
なにがなんでも東京オリンピック開催に持ち込みたい政府としては、
まさか「国内スポーツイベントは無観客」とはいくまい。

それに、飲み屋の営業を許しているように、経済活動を認めているのだから、
「興行系のハコだけやらせない」というのは筋が通らない。


5000人を上限に……というのは、
プロ野球の球場が、30000〜40000(最大は甲子園の47000)なので、

「縦横ともに隣接しない」レベルを想定したと思われる。

前方から、一列おきに使用しさらに横並びを2個おきにすれば、
おおよそ1/6となるので、それくらいの「密を避ける」ことなのだと。

そこで、大事になるのが「席の移動の禁止」

左右や、前の方にいくらでもスペースが有れば、
「勝手に移動するバカモノ」が間違いなく湧くので、
シートそのものを「座れなくする」などの配慮が必要になる。

基本、親子連れやカップル席はなし!
隣と話さないことも重要なのだから。

感染拡大を防ぐための、大事な条件は以下のようになります。

1、観客全員マスク着用!

  これは、飛沫を飛び散らせないためなので「100%義務付けして欲しい」のだが、
  絶対に外すやつが湧くよね。

2、球場内飲食禁止。

  酒のんでツバ吐かれたのでは、対策する意味がなくなる。

3、席の移動禁止。


それから、当然だけど「応援団禁止」ね。
あれは、いらない。
そもそも鳴り物が感染拡大につながるし、バカがマスク外して叫ぶ要因になる。
あとは基本メガホン禁止だけど、マスクしてればいい?
コンドーム風船のような「感染拡大グッズ」はもちろん禁止。

「そんなんじゃ行きたくねーよ」

とか言われそうだけど、やる以上はねそうしないと。

そういうことを今の段階できちっと言わないのは、
「なんとかしてなし崩し的にゆるくしたい」からでしょうね。
球場の経営権をもっている人からしたら、
売店収入はかなりでかいから。

    かたつむり   足   ビール   家


実際、感染者はそこそこ増えるだろうな。
でもそれも政府的には「狙い」だったりするんだろう。

抗体もっているやつ(つまり感染したことのあるやつ)を、
ある程度増やしておかないと、今年の冬がヤバいから。
いつまでも、無菌室住人だらけじゃダメなんですな。

経済を回すのと「適当に感染者を増やす」のは同時に行える。
で、感染者が爆発的になる前にまた締める。
この繰り返し。

プロ野球やサッカーでの「観客を絞った開催」は、
重篤患者を作るよりも、無自覚感染者を増やす方に働くでしょう。

「応援団禁止」「全員マスク着用」「飲食禁止」「隣席禁止」「移動禁止」
徹底しないんだろうな〜〜
やる気があるなら公表するよね。



それにしても、
7/10だと、それまでロードに出ていて本拠地開催が少ないチームは、
有利になるよね?
そこはもういいのかしら?















◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
プロ野球、7月10日から観客あり 客数は各球団が調整
2020年06月22日 11:09 朝日新聞デジタル

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは22日、現在は無観客で行っている公式戦について、7月10日からは観客を入れる方針を明らかにした。日本野球機構(NPB)とJリーグが合同で設置した対策連絡会議後の記者会見で述べた。政府の指針では、7月10日から認められる観客数の上限は5千人。ただ、感染状況に地域差があることなどから、観客数はそれぞれの球団が各自治体と調整して決める見込みだ。


 プロ野球は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初予定より約3カ月遅れとなる今月19日に開幕した。27日から再開するJリーグも7月10日から観客を入れる指針を示している。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する