ホーム > mixiユーザー(id:33258640) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:33258640)

日記一覧

中国銀行西大寺支店の前に、マップがあります。中国銀行西大寺支店のとなりの道より、門前町商店街に入ります。はだか祭りのシャッターアートがありますね。昭和30年代の写真が展示されています。シャッターアート「西大寺の朝あけ」。この通り、「会陽わっ

続きを読む

西大寺駅 「西大寺」
2015年02月27日07:52

赤穂線の西大寺駅に来ました。公衆電話ボックスがはだか祭仕様。ご当地電話ボックス。いいですね。駅前のロータリーに西大寺会陽(はだか祭り)の銅像があります。「会陽 はだか祭り」の説明案内板があります。「西大寺会陽 はだか祭り」の絵本パネルやイラ

続きを読む

西大寺高校書道部の方の書が展示されています。絢香さんの「にじいろ」。書も歌詞も、素敵ですね。いろいろ展示されています。吹き抜けのオブジェ。「仲よし」玉野勢三作。「構成・ロボコン」森下勲作。

続きを読む

この日は、岡山市東区西大寺に向かいました。まず、西大寺ふれあいセンターに来ました。入ります。1階アトリウムでは、「会陽ポスター&写真展」が行われていました。写真、ポスターからはだか祭りの熱気が伝わってきますね。「[会陽−はだか祭りの由来ー】 

続きを読む

「中国料理 娘娘」
2015年02月25日01:47

倉敷市中島にある「中国料理 娘娘」に家内と来ました。「ランチいただきます」の「娘娘特製ランチコース」を頼みました。前菜です。スープです。点心です。海鮮炒めです。鶏肉の甘酢あんかけです。ご飯です。デザートは、選べます。私が頼んだコーヒーです。

続きを読む

水島商店街ぶらり 
2015年02月24日08:05

「割烹 さかもと」 を出て、路地を北に歩きます。東に歩くと、南に常盤駅が見えます。西に、歩きます。八間川に出ます。水島フラワー通りと看板があり、地元の方が花を植えて、手入れをされているようですね。通る人の目を楽しませてくれますね。西に歩きます

続きを読む

「割烹 さかもと」
2015年02月24日00:45

水島の商店街を歩いていて、ちょうど昼も少し過ぎたので、お昼でも食べましょうと、倉敷市 水島東常盤町にある「割烹 さかもと」に来ました。入ります。ひとりでしたが、今日は寒いでしょうと、個室に案内してくれました。ランチでいいですか、と聞かれたので

続きを読む

水島商店街ぶらり 
2015年02月23日19:13

仁科百科店角の信号を、東に曲がります。路地を北に歩くと、そば処ときわ庵さんがあります。一度、食べに来たことがあります。美味しいおそばでした。すぐ隣に、西常盤町第二公園。西常盤町第一公園。また、東に歩き、商店街を横切って、すこし歩くと、東常盤

続きを読む

水島商店街ぶらり 
2015年02月22日22:18

常盤町商店街に入ります。以前は、アーケードがありました。清正堂さんがあります。「ぴ〜ぽ〜ようかん」ののぼりがあります。「ぴ〜ぽ〜ようかん」まだ、食べたことはありません。いつか機会があったら、買ってみたいと思います。中田書店さん。私が学生の頃

続きを読む

水島商店街ぶらり 
2015年02月21日22:47

信号を渡ります。左手に、市営水島東栄町駐車場が見えます。けっこうシャッター商店街です。シャッターアートがあります。水島商店街振興連盟の事務局かな。将棋道場と書かれています。倉敷市出身の大山康晴15世名人の写真が展示されています。いろどりのうえ

続きを読む

水島商店街ぶらり 
2015年02月20日22:27

トマト銀行水島支店横の「みずしま財団」に来ました。こちらで水島マップを2つ買いました。ひとつ100円。高いか安いかは、使い方しだい。ここから、水島栄町商店街を南に歩きます。あさがお会館倉敷市公害患者家族の会があります。私の友人のご両親で、公

続きを読む

「倉敷ぶらぶらァ
2015年02月19日23:08

中橋です。倉敷館です。「【倉敷館の由来】   この地は、江戸時代の庄屋植田氏の屋敷地であり、天保12年(1841)ここに村会所が設置された。明治以降は、そのまま村役場となり、現在の木造洋風建築は倉敷町役場として大正5年(1916)着工、翌6

続きを読む

「倉敷ぶらぶらぁ
2015年02月19日22:42

倉敷市立自然史博物館を出て、買いたいものがあるので、美観地区方面に向かいます。「大原美術館 分館」です。新渓園です。倉敷川方面に歩きます。鯉のえさを売っています。鯉にえさをやっている人がいます。おみやげ屋さんの「くらしき光畑」で、節分の飾り

続きを読む

隣の「特別展示室」に入ります。「しぜんしくらしき賞作品展」がされていました。素敵な標本、写真が展示されています。「特別展示室」を出て、3階エレベーターホール前には、動物の毛皮や骨格標本が展示されています。帰りに、受付で、展示解説書を買いまし

続きを読む

「干支(ヒツジ)にちなんだ植物」が展示されています。「くらしの中の植物」。昭和の部屋が再現されています。こうやって見てみると私たちの身の回りには、植物から作られたものがたくさんありますね。昔懐かしいおもちゃが、置かれてありますが、自由に遊ん

続きを読む

3階に上がります。第4展示室「植物の世界」 。「生物の五界説」生物を、「モネラ界」「原生生物界」「菌界」「植物界」「動物界」に分ける「五界説]というのがあるんですね。昔は習わなかったなあ。「植物のかたち」「根」「茎」「葉」「花」「果実・種子

続きを読む

愛犬ミントの夕散歩。
2015年02月16日22:53

愛犬ミントの夕散歩。夕散歩と言っても、午後5時。まだ明るいです。通りがかった小学生のの男の子に、「ミントちゃん」と声をかけられました。ありがとう。家内が、カワセミやコガモの写真を撮っていたので、望遠レンズを持って来ましたが、カワセミ、コガモ

続きを読む

お持ち帰りのカレーを食べてみました。 6食目。「本格エブリイカツカレー」。「業務スーパー エブリイ倉敷林店」の総菜コーナーで、買ったものです。色は、普通の茶色。とろみは、普通。やや弱め。甘味と酸味のバランスは、甘みがやや勝っていますが、いい

続きを読む

「昆虫の生活」「成長と変態」昆虫は、一生の間に何度か脱皮して成長するそうですが、あまり変わらないものとまったく違い姿になるものがあるんですね。扉をスライドすると、成虫と幼虫が見られるようになっています。ぜんぜん違いますね。「えさの食べ方」「

続きを読む

雑木林の昼と夜。昆虫の道具。「戦う ― 角」カブトムシ。「はさむ ― 大あご」クワガタ。「飛ぶ ― はね」「情報を集める ― 触角」「つかむ・掘る ― 前あし」「走る・はねる・およぐ ― 後ろあし」擬態。ほかの生き物などとそっくりになること

続きを読む

第3展示室は、「昆虫の世界」です。「体のしくみ」。「昆虫の歴史と分類」。「色と形のふしぎ」。オスとメスでまったく違う色や模様、形をしているものがありますね。だいたいオスの方が、角があって強そうだったり、美しかったりするのは、メスをめぐっての

続きを読む

吉備高原。中国山地。展示されているはく製が、まるで生きているようなポーズをしていますね。阿哲の石灰岩台地。ジオラマ。そういえば、新見市とかには、井倉洞などの鍾乳洞がありますね。「自然は変わる 昔の自然と今の自然」。扉を開けて、そこにいるいき

続きを読む

第2展示室「岡山県のいきもの」。岡山県の自然やそこに見られる生き物を5つの地域に分けて、紹介されています。瀬戸内。岡山平野。瀬戸内丘陵。「箱のなかみは何でしょう?」時々、テレビでやっているやつだな。まさか、生きてるものは、入っていないだろう

続きを読む

岡山県の地史。「日本は、もとは中国大陸のふちで、古生代から中生代にかけて、海の方向からおされる力と中国大陸からおされる力などが複雑にはたらいてもり上がってできました。そして、新生代にその部分が中国大陸から分かれて、今の日本列島ができました。

続きを読む

岡山のプラ板使いさんが、リンデンのお店に来てくれました。幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2015冬」に参加してきたそうです。今回は、まあまあ、よかったようです。お土産に、「とらやの羊羹」をいただきました。「とらやの羊羹」って、な

続きを読む

愛犬ミントの夕散歩
2015年02月10日08:05

昨日の、愛犬ミントの夕散歩。むっちゃ、寒かったですね。粉雪も、ちらほら。この時期、道脇で見かけられる花も少なめですね。私は、ジャンパーに、ネックウォーマー、手袋と完全防寒で、散歩ですが、愛犬ミントは、元気です。

続きを読む

隕石についてのパネル展示があります。「隕石は地球に落下した(引力で引き寄せられた)宇宙の固体物質」(案内版より)「岡山県のなりたち」『地球と生物の歴史』。「地球と生きものの歴史、大昔の岡山県や倉敷市の化石・鉱物・岩石、土地のなりたちについて

続きを読む

2階に階段を上がります。第1展示室は、「岡山県のなりたち」。「宝石の原石(宝石鉱物)」。「宝石の多くは天然の鉱石の美しく耐久性があるものを加工したものです。鉱物は4700種知られ、そのうち約70種が宝石として利用され、それらの鉱物を宝石鉱物

続きを読む

受付左側に行きます。トリケラトプスの頭骨模型があります。「角竜の中でもっともおおきくなる恐竜で、全長9メートル、重さ5.4トンもあったと推定されています。口には小さな歯が並んでいて草食であったことがわかります。3本の角を武器として、同じ時代

続きを読む

受付右側に、ナウマンゾウの母子。近づくとセンサーが感知して、リアルな鳴き声とともに動き出します。「新生代第四紀更新世中・後期に東アジアに分布し、日本で最も栄えたゾウで、およそ30万年前から2万年前までいた。更新世中期後半の瀬戸内は大小の湖が

続きを読む