mixiユーザー(id:33258640)

2020年07月06日23:19

6 view

「ドクター・ドリトル」(イオンシネマ岡山)

イオンシネマ岡山に、「ドクター・ドリトル」を観に来ましたよ。
スクリーン5へ。

フォト


フォト


映画のチラシです。

フォト


フォト


「愛する妻リリーを亡くした悲しみのため、引退同然だったドリトル先生。ある日、重い病に倒れたイギリス女王から宮殿に呼び出され、女王が毒を盛られたことを知る。命を救うには、伝説の島にある“エデンの樹”の果実」が必要だ。ドリトル先生は動物たちと助手のスタビンズ少年とともに、船で伝説の島を探しに旅立つ。旅が進むにつれて明らかとなっていく、ドリトル先生の過去、国を揺るがす陰謀……物語はめまぐるしく動き出す。」(映画のチラシより)

動物と話ができる風変わりな医者ドリトル先生は、冒険家の妻を亡くし、女王から贈られた庭園の扉を閉ざし、動物たちだけを相手に隠遁生活をしていた。そこへ、自分をせいでケガしたリスを助けてと心優しい少年トミーと、女王が重い病気になったから助けてとレディ・ローズがドリトル先生を訪れます。ドリトル先生はリスを手術して助けるが、人間とは関わるのをやめたと宮殿行きを断りますが、女王が亡くなったら、ここは没収されちゃうから私ら出ていくよと動物たちに諭され、女王を助けに行くことに。
宮殿に着いたドリトル先生一行を迎えたのは、バッジリー卿とマッドフライ医師。レディローズから女王が紅茶を飲んで倒れたと聞き、犬のジップに匂いを嗅がせ、毒を飲まされたためと、解明します。治すには、解毒剤である”エデンの樹の果実”を飲まさなければ。水槽の蛸に話しを聞いたドリトル先生は、壁にナナフシを絵画の裏に放ち、レディ・ローズには、君の作ったもの以外は口に入れるな犬のジップには女王を守れと言い残し、”エデンの樹の果実”を求めて、伝説の島へ、いざ冒険の船旅へ…。
ストーリーは、ベタですが、ドリトル先生、少年トミー、動物たちの仲間意識が良かったですね。CGによって再現された動物たちの個性的なキャラが楽しい。
ドリトル先生を慕う動物たち。仲間意識。妻を愛するドリトル先生の想いの強さ。
冒険を通し、ドリトル先生の能力は、仲間といる時にこそ、発揮され、他者を救うことが唯一の道と悟るんですね。
「ドクタードリトルと助手。誰でも診ます。」


帰りに、パンフレットを買いましたよ。

フォト


今日も、面白かったです。

映画って、いいですな。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する