mixiユーザー(id:33046421)

日記一覧

6/2木曜日は神社清掃。
2022年05月25日09:14

9時30分〜2時間清掃する。その後は神社で勝手に奉納音出しをしたいと思っている。何をするかは決まっていない。決めずにやれる事をやれる事を味わいたい。昼飯は弁当かラーメンかそれともクラッセで調達するのか?余目でするのだからクラッセで調達する。JUJU

続きを読む

犬の散歩すて思った事…お断りの看板がいたる所でと目につく昭和にはそんな看板はたあまり見かけなかった。港座前には日活ロマンポルノの怪しげな立て看板…見ていいのか?悪いのか!子供心に怖いもの見たさお祭りの見世物小屋的な感覚…自己責任と言う言葉も

続きを読む

大阪あたりならありがちな風情…キャバレーの外でラーメンとか…まったくブルースな事です。川柳のワンタン麺味は前のまま…久しぶりに食したがなんかホッとする味だった。暑くもなく寒くもなく穏やかなる日和に呑気におじさん2人で…貸し切り状態でこんな感

続きを読む

いつも出てくるその楽器店店構えも大きくて地元にはないタイプの店…ギター講師も常駐している展示されているギターも品揃えも申し分がなくハイグレードなギターを拝む事もできる。昨日の夢は意を決してエレキギターを持参して予約なしに直談判する偶然にも講

続きを読む

絶品チャーハンと餃子のセットそれを絶品と言うのかは個人差もあると思うが油のコーティングが凄い気もする。値段を考えたら文句は言えない。アホ見たいな夕日が沈み妻は晩飯を作らなくて良くて機嫌がいい柴犬を返して気落ちしている暇はない解放された気分と

続きを読む

柴犬のいる生活も明日まででまたこの時期の来年になる。早朝の空気太陽が昇るころ草木もまだ寝ている頃の空気は淀みがなくてフレッシュに感じる己の身体の細胞も寝ている時に再生されているのだったら新しい自分になっている。予約までしてやりたい事…スプラ

続きを読む

通行止めの看板があるその場所はワタ君が店番をしていた店の前にあった。犬と中町散歩…露天の店は静かにその時を待っている白バラの告知看板犬を白バラに連れて行く計画朝まで遊びほろけての朝帰りの若者とすれ違う…何がそんなに面白いのか?俺にもそんな時

続きを読む

公共施設を借りる特権か…誰も練習もしていないのに散歩中は灯っていた。夜間の散歩するにはありがたい。酒田祭りは道路規制があるからその近辺には近づかない様にした。仕事終わりの娘と一緒に夜の散歩を楽しむ虫も余りいなく夜は犬にとっても涼しくなり最高

続きを読む

自分が体験したことや…経験した事だけはフェイクなしにしたいけと…そうもいかない、要求だけする犬それは正当であり本人が望んでいるからハッピーですむ。酒田祭りだからラーメンラーメンを作ってと妻が言う寿司とラーメン…少しはこれで祭りらしくなるのか

続きを読む

かたや…億の金を投じて再生!かたや…現状維持での再生!昨日の朝、余目にJUJUマスターを迎えに行く…朝は早いからと言うので予定よりも15分早く着く…ピンポンをしても誰も出てこない…車に戻りタバコに火をつけて時間を潰す電話したら出て来た。突然なんで

続きを読む

昇る朝日日の出を見ながら歩く…草陰から猫と対面逃げるでもなく凝視される。騒がしくなる前に事を済ませる3年ぶりの祭りは静かに始まる夕暮れ時に買出し犬も連れて…毎朝4時に起こされるから玄関に枕を持っていき寝る…なんでくるんだと言う顔をされて…5

続きを読む

漁にむかう船を眺める
2022年05月19日04:28

港街である事を忘れて生活する日常と連結していないとそんなもんだ…メインストリートの道を祭り前に新たに舗装工事白線がやけに眩しい早朝散歩の収穫は猫の集会所らしき場所があったりここにも犬が、いるのかとか…些細な発見そこに生きついている者たちの観

続きを読む

造語…セカンドファイル
2022年05月17日19:24

2回目の最後?最後は一回こっきりの事を言うのだろう〜造語だから勘弁してもらいたい。いぬねこ病院の外周を呼び出しされるまで歩く雲一つない鳥海山頂上まで登った記憶8ミリビデオで撮影したから記録は残っている。何もしてないのに病院の中で吠える注射

続きを読む

日が沈むにつれてその色合いは濃くなっていくそれに負けないようにと満月満月が移動する。風に運ばれる祭囃しほ単調で本当に演奏しているのか疑うテープの再生?幸せな夕やみの中、犬を散歩する。妊婦と思しき人がショルダーバックの中にミニチャアダック

続きを読む

光と影脳梗塞の違い…軽い重いはあれど俺の場合はかなり奇跡的にあと数ミリその穴がズレていたらこんなにも呑気にやっていられないだろうと言う実感をもった。巨大なる箱物の悲しさ維持する事を考えるとそれだけで目眩がする威圧感脳🧠と同じで再生す

続きを読む

野良風情にはなれない…
2022年05月15日03:39

何なんだろう…迫力?凄み?のしのしと目の前を過ぎ去る野良猫一般的には寿命が短いとされる野良猫精神的には野良猫でも実生活ではそうはなれない…年を取れば取るほどに黙っていても劣化するし野良な状態に自ら選択する事はないぬけ道よりも大道を選ぶだろう

続きを読む

霧雨〜雨に変わる瞬間を見た昨日は余り寝れなかったというので朝早くツルハで冷えペタと湿布を買いにいく…3日目からひどくなったとか…1週間は経過を見るしかない自分が食べるには自分で作れるから問題はないこの際好きな物を作り食べる事にした…月曜日は脳

続きを読む

いつもならギロを持ち出しその鳴き声に対抗したりするが…今夜のところはそっとしてやるさ!アメリカさんメンソールタバコをきんしする?何故メンソールタバコがやり玉にされるのか…圧倒的に黒人が吸っているからと記事には書いてあった…タバコの銘柄の浮気

続きを読む

足場の悪い斜面を這いつくばり…竹の子が出ているその頭を探す境界線がないからこっちからは違う他人様の山…その見分け方がわからない生きのいいハエ、蚊、虫(ヒル)獣の巣穴…綺麗なものだけを撮るそう思いたい事を書く現実はそうでなくともそう思いたいな

続きを読む

カレーの救済と紹興酒…
2022年05月12日09:27

3回目のワクチン接種でやる気のない妻…材料がなくてもカレーを作ったけど…人参も玉ねぎも一つローリエは入れない…豚肉とジャガイモで作ったけど…美味しくなかった。美味しくない次いでに何故か紹興酒を買ってしまった。ウオッカもそうだっつが…何かしら

続きを読む

散乱するさま…
2022年05月11日06:29

楽器移動も疲れる…玄関前でピックなどを散乱する。困ったもんだ。音楽を続けるにはもっと色んな事をしっかりとしないといけないと痛感する。弦の交換とかメインテナンスとか…最低の準備も…もういいや…となる事が増えた分最低限の事を怠らない事を。ボロボ

続きを読む

フール・オン・ザ・ヒル
2022年05月10日20:32

珍しくネットで大丸ラーメンの営業時間を調べて音出しの会場から徒歩で歩くのさ…なに!定休日が水曜日だったのに本日は定休日だと…高砂三日月までまた歩く…腹がもうラーメンラーメンを求めていたので歩く…短い昼休み時間時間で食べていた時とちがい時間を

続きを読む

大量のニラを持って来てくれたチビちゃんとそのおじさん。柴犬✕柴犬の対面は呆気なく来週までの別れを惜しむのは人間だけ…いつもの野菜のお礼にと張り切って温海の里山に竹の子を掘りにいくも…乱獲されていて小さい竹の子を探すのがやつとで…収穫は

続きを読む

気温があがり風の吹く日は花粉が散布される。黒い車に黒いシューズは黄色くなる。2重毛の柴犬の抜け毛の季節暇を見つけてはブラッシングしてやる。子育て以上に熱心になるからこの感覚は何なんだろうと思う。無償の愛が自分にも存在するなら…この感覚だろう

続きを読む

旧市営プールの小高い場所で!フールオンザ・ヒル(昼)計画来週の火曜日あたりを予定です。平日の昼に野外での音出し月(顔つき)小高い丘でオッサン2人が音を奏でるその前にマルケンでラーメンラーメンドッグランは事前に予約しないと出来ないから仮想ドッグランを

続きを読む

日が昇るから頃に起こされる…頭をなでてもう1時間待ってとなだめる。犬にとっての刺激的な事は散歩なのは解るけど…まだ早いと人間は思う…サッカー場の照明のその先にはかわいい三日月三日月夜は…夜の香りで満ちている、生きている事はそういうことだ。甘

続きを読む

心待ちにしていた愛の巣つくり…幸せは自分で探す事にした。これじゃ巣作りどころでない。立て付けが悪くて戸がピッチリ閉まらない事のほうが毎回苛つく🤑チャルメラたまに食べたくなるお取り寄せのチャーシュー分厚く切りすぎてありがたみが薄れる…

続きを読む

出羽大橋を犬を連れて歩くこと素晴らしいすぎる朝を迎える日の出今日の日の出と共に好きな事をする無限と有限の間で可能な事を選択する。目的を果たす為に生きているのか?目的を探す為に生きているのか?その答えよりも…とにかく欲望のままに前に進む途中

続きを読む

早朝一番乗りさ!里の山を感じる緑色の複雑さ…言葉にすれば陳腐になるネイチャーパワー落葉(風)豊かな自然に癒やされて煩悩を払いのける桝田この地名を見る度に思い出す人キャバレーバスバス最初で最高になった高校の同級会何故か名前は覚えてきるが名字は

続きを読む

ナイター夜間照明でソフトボールの練習中学生女子電動式のピッチングマシンでなく玉を一回ずつ手入れしてペダルを足で踏むと玉が出る仕掛け…掛け声を出すその声が何処までもこだましている。路肩に座るおやたち…娘の成長を見守る姿。診察台からいち早く降り

続きを読む