mixiユーザー(id:32861981)

2019年11月24日23:11

176 view

イベント「誘拐・拘束・〇〇責め」を開催して、フウーッ

久しぶりに自分主催の「ボンデージ・シチュエーション」コミュのイベント「誘拐・拘束・〇〇責め」を開催しました。

自分としてもとても楽しみにしていたイベントで、なんとか開催にこぎつけたというところでしたが…
コミュの開催報告にも書いたのですが、何かと反省点の多かったイベントになりました。
思っていた通りにはうまくいかないということはいつものことです。それでも皆が結果的に楽しめればいいと思うのですが・・・

あと、ちょっと無理をしたかなぁ。人数が少なくなり、自分以外のスタッフも置かず、準備、段取り、力不足の中で、行き届かない、コントロールできなかったところがあった気がしました。
不運なこともあったから、仕方ないという面もあるのですが、「うまくいかなかった」という感が強いですね。

参加者の皆さんに迷惑かけた、負担をかけた、振り回したのではないか?
楽しんでくれなかったのではないのか?不満が残ったのではないか? 心配になる結果です。
こんな気持ちになったイベントは今までにありません。
自分自身も不愉快な思いをして、なんとも後味の悪さが残ってしまいました。

これはしんどい。
次回イベントは今は考えられません。
6 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月25日 14:20
    縄田さん 振り返りはいろいろとあると思いますが、企画して実際に実行するだけどとても凄い事だと思います。これからも是非自分のペースでいいので、継続頂いたらうれしいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月25日 20:30
    > mixiユーザー 

    ありがたいお言葉です。恐縮です。

    振り返ってみて「うまくいかなかった」と思えた原因・理由は整理できているのです。
    それは反省点でもあり、ある意味で、不運、理不尽などうしようもないことのせいだったとも言えます。

    残念だったのは、いつもグダグダな進行のイベントに終わったとしても、自分を含めて、でもまあ「楽しかった」「よかった」と思えるものなのですが、その感が少なかったということでした。

    たぶん、能力以上のものを目指して上手く回らず、むしろ空回りしてしまったという感じだったのだと思います。
    わかっているならその場で修正しろよという声が聞こえてきそうですが、「現場」ではなかなかそれができないのです。

    土壇場で人数が減ってしまい(それはよくあることですが)、欲張らずに、もっとゆる〜く実施する方法をスタート前に選択するべきだったんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月25日 20:48
    > mixiユーザー 

    今回は参加いただけず残念でした。

    まあ開催できたことはとにかく良かったです。
    昨年は2度ほど計画が頓挫してしまい、久しぶりのイベント開催だったので(それで無理してしまったところもあるわけですが…)ちょっと期待しすぎてしまいました。

    DID的なボンデージイベントってなかなかないのですよね。
    「緊縛会(縄会)(講習会)」のようなもの、ハプバーのようにめいめいで楽しむもの、またはラバーとか鞭とかフェチに特化したイベントなどは時々見かけます。
    他所にはないニッチ産業的なテーマ企画がもともとの活動の趣旨でもあったので、原点に返って、英気を養って、またいつの日かカムバックしたいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月27日 15:14
    お疲れ様でした。
    まずはご自身のことを最優先に考えて、次回に向けて楽しい想像と創造を♪

    最近はいろんな事が手軽になり便利な世の中になりましたが、利用者の予定変更や参加取消も手軽になってしまって、ホスト側が振り回されるようになったと感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月27日 19:23
    > mixiユーザー 

    ありがとうございます。
    直後よりも少し気持ちは落ち着いています^^

    そうですよね。10年くらい前と比べても違いますね。あの頃もう携帯電話もiモードもあったけど、その後のスマホやSNSの普及が大きいでしょうかねぇ。
    主催者は「リスクを取る」気持ちを持っていないと厳しいですね。
    でも、プロでも興業でもないわけで…
    まあまあ同好会として楽しくやればよかったのでしょうけど、「できるはず」と思っていた「企画」をするには「マネジメント力」が足りなかったというところなんですね、やっぱり。

    そこのところにアクシデント的な心乱されることがあって、歯車が狂ってしまったまま、止めるにやめられないことを推進したので、後味が悪かったのです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する