mixiユーザー(id:3250310)

2019年12月15日12:18

49 view

おばあちゃんの7つの百円玉

 先日の鬼子母神、文字通りの雲一つない青空の冬らしいいい天気。そんなに寒くはない。上京したいとこと一緒にお参りした。
 木の階段を上ってお賽銭を投げると、おばあちゃんが階段の下で登れないでいあえいでいる。手をっとって引いてあげる。冬の空気に冷たく冷えている。血の気が引いて白い。でも意外なほどすべすべ。手を離すとへなへなとへたり込みそう。
 おばあちゃん、恥ずかしそうに「すみません。どうも登れなくて」。照れ笑い。ゆっくりと登り、お賽銭箱の手前にやっとの思いでたどり着く。
 広げた手のひらにはピカピカの七つの百円玉。孫とお子さんの人数だろうか。でも一人で来てるんだよね。
 もう12月も中旬。もういくつ寝ると…の季節です。混まないうちにと思ったか。
 お別れを言うと、「ありがとうございます。もう来れないかもしれない」。返す言葉がないなー。でも不幸な感じはなかった。
 最後の写真二枚は一昨年の正月のもの。
8 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月17日 00:47
    良い話ですねえ。
    おばあちゃん、嬉しかったと思いますよー。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する