ホーム > mixiユーザー(id:32212643) > mixiユーザーの日記一覧 > ミニ四駆 スーパーテクニック2購入

mixiユーザー(id:32212643)

2016年11月28日19:27

591 view

ミニ四駆 スーパーテクニック2購入

こんばんは、月影TAKAです。

今日は先週AMAZONで購入したミニ四駆本「ザウルスのミニ四駆 スーパーテクニック2」が届いたのでその内容について語ろうと思います。

ザウルス先生というと最近では武井先生の「ハイパーダッシュ四駆郎」の番外編の話で登場された漫画家さんですね。

「ザウルス先生=ダッシュ四駆郎」というイメージが強いですが、月影TAKA的には「ザウルス先生=ブーメラン10、土屋店長」です。

まあ、世代という奴ですね。

ダッシュボーイ天を見ておらず、代わりにこの「スーパーテクニック」シリーズを愛読していたため、ザウルス先生に対しては「有効な改造方法を教えてくれる先生」という印象でした。

それに、このスーパーテクニック2の内容は今でも機能します。

例えば

「2段ローラーの法則」リアステーに「上下で違う径のローラーを使う」という改造方法は現在の「2段アルミベアリングローラー」の原型です。

また、「スタビポールローラーにスライドダンパーローラーセットのテーパーローラーを使う」という改造方法もその進化版を使っているユーザーがいますね。

また、「マシンのコースへの放ち方」や「ホイールロックの危険性」等、ミニ四駆に対する接し方のポイントまで丁寧に描かれておられるため、「ミニ四駆との接し方が分からない?」という今の子供達には本当に効果のある教科書となります。

しかも、作者がザウルス先生であり、監修・協力は「田宮模型」と書かれています。

つまり、「タミヤ監修本のうえ、絵柄はザウルス先生」という無敵の本とも言えます。

また、当時のコースはどんなのがあったのか。「当時もウェーブパーツだらけにして速度が乗らないコースだったのか」を判断してこれる為、「当時を知る」資料にも使えます。

今の「テクニックポイント」と昔の改造本を見比べてみるのも面白いですね。

「昔からあった」技術なのか、第3次ブームになって新しく出てきた技術なのかの整理ができれば上手に技術の引き出しを使う事ができます。


二ツ星駆動力学研究所も第1次ブーム・第3次ブームの書物や歴史を重点的に紹介するだけでなく、こういった「第2次ブーム時代の改造本」も紹介してほしいですね。

それこそ「第1次ブームのガチ勢」としてナカムラさんがスーパーテクニックシリーズを読んだ際に「ああ、これは僕達世代でもあったね」とか「これははじめて見るな」等、ナカムラさんの基準とオンダワラ所長達と当時のフラットコースについて雑談するのも面白いのではないでしょうか(前ちゃんの取材で語っているように思えますが、コアな所を突けば「前ちゃんの苦労話」と「当時の子供達」しか見えてきません。それこそ、「当時のマシンの改造傾向」等から「当時はどんなコースが多かったのか」等、フラットコースでも盛り上がれる内容はあると思います。

例で挙げれば、各都道府県で「好みのコースの違い」等。「平地メインの総合コースが多かったのか」や「バンクメインのアップダウンの激しい高速テクニカルコースが主流だった」等。

第1次ブーム、第2次ブームの頃はネット環境なんて整備される前、あっても簡単な物しかなかった為、そこを掘り下げてみても面白のではないかと思います。


ちなみに、私の子供時代はやたらとバンクとロングストレートが多かったです。「もう、速度ももってけドロボー」見たいなコースが主流でした。オーバースピードで突っ込んでバンクでコースアウトなんてザラだったので、コースアウトしないようにワンウェイホイールやスライドダンパーにお世話になっていた感じですね。

なので、ナカムラさんのナカムラ少年の初代トゥルースシーカーの改造傾向にも懐かしいものを感じるし「昔はよくあったな」と賛同する気持ちもあります。

おそらく、第3次ブームと第2次ブームのミニ四レーサーの違いはこの「昔の記憶があるかないか」ではないかと思います。

昔の当時走らせた記憶があれば、「その頃はこういう事で苦労した」「それを克服するためにテクニカルコース向けのGUPにお世話になった」という流れができているため、当時のGUPを「夢パーツ」と批判することを逆に嫌います。

それこそ、当時の苦労がわかるから第3次ブームに出てきたGUPの性能の高さには感心させられるし「GUP単位の軽量化」の効果も納得ができる流れですね。

「昔を知るからこそ今のありがたみが分かる」というものです。

なので、今の第3次ブームの部品は凄く優秀です。しかし、それでも対処できないようであれば迷わず第2次ブームのGUPに頼ります。逆に、第2次ブームのGUPに頼るのが少ない分、今の店舗コースのフラットコースは「遊びやすい」とも言えます。

解釈の仕方でこういう言い方もできますね。

今日はこんな感じです。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する