ホーム > mixiユーザー(id:32212643) > mixiユーザーの日記一覧 > ミニ四駆 フラットコース帰還

mixiユーザー(id:32212643)

2016年11月26日21:04

606 view

ミニ四駆 フラットコース帰還

こんばんは、月影TAKAです。

今日は大阪のスーパーラジコンに行ってきました。

目的は前回から語っていますが、「フラットコースでのトライ」です。

一応、2007〜2008年あたりまでは三宮ジョーシンの店舗コース(フラット)で遊んでいたため、今回はおよそ8年ぶりにフラットに戻ってみました。

8年前と今回の違いはまさに「立体コースを介して現在のGUPを学習している」点ですね。

つまり、GUPに対する知識のアップデートが完了している。

8年前はVソニックやサイクロンマグナムにもあるように「第2次ブーム時代のGUPメイン」で組んでいますが、今回は「第3次ブーム時代メインのGUP」で組みました(というよりこうなりました)。

前回の画像の仕様でフラットコースを走らせましたが感想としましては「遅い…」となりました。

まあ、遅い理由もわかります。

「遅い」というよりスーパーラジコンの店舗コースが「第2次ブームのガチコースと比べて比較的安全に設計されている」事が逆に「性能のキャパ」を広げてしまったと考えます。

スーパーラジコンの店舗コースはよくに「総合コース」と呼ばれる「平地での各セクションにポイントがあるリレーコース」というスタイルです。

月影TAKAが第2次ブーム時代に好んでいたコースは「高速コーナー+ロングストレート+グライドバンクみたいなバンク」がメインに構成され、下り後に直L字というトップスピードになってからCOさせられるポイントが多かったコースです。

よくにこういったコースを「テクニカルコース」と呼びます。

そもそも、SFMの特性に「アップダウンに強い」というのがありますが「店舗コースでアップダウンってあるの?」とスーパーラジコンの店舗コースを見ると感じますね。

あるにはあるんですよ。アップダウンが「波打ったセクション」とは限りません。「4連式にしたウェーブバンク」もアップダウンです。
つまり、SFMは主にそういったセクションの安定性に強く、昔のGUPは「速度が乗りやすいコースで安定性を稼ぐ」事をメインとしたパーツとなる。

では、今回の店舗コースはどうかというと、むしろ「ウェーブパーツが多くて速度を稼ぎにくい」「低速コーナーがある為、軽くて曲がりやすいマシンが有利」とされます。

となれば、使うパーツは決まります。現在の第3次ブームで出てきたGUPを上手いこと使ってフラットマシンを詰めました。

ここで思うでしょう「夢パーツ使わんのか(笑)」と。

こういう考えを持つ奴はミーハーです。上記でも語りましたが、トップスピードになり易くCOしやすいコースでなければその手のパーツは効果を発揮してくれません。

今回のテーマは「軽量化・抵抗減少・曲がりやすいマシン」の3点です。

これを見ていくと

計量化⇒GUP単位の軽量化。昔はナローワンウェイやスライドダンパーを使っていたが、現在はハードタイヤや大径スタビを使えば安定性を確保しつつパーツ単位の重量を減らせるため、効果が出る。

抵抗減少⇒これはアトミ2というチューンモーター基準での事ですが、チューンモーターに対してこのコースではゴムリングは「高抵抗」となるため、「COするかギリギリの走り」を目指すなら
「2段アルミローラー+プラリングアルミベアリング」で抵抗を浅くしてやれば動きも軽くなり速度も上がります。

曲がりやすいマシン⇒上記ですでに言ってますが、ハードタイヤを前輪に履かせることで「踏ん張り」を浅くすることができるのでマシンが進行方向に向きやすくなります。第2次ブームではワンウェイホイールで無駄な力を逃す方式を取っていましたが、ホイールの部品点数が増えて重量が増えます。パワーロスにもつながる為、今回はタイヤの性能で曲がりやすいマシンにしてみました。


以上の3点でストラトベクターをセッティングしました。

走りを見れば、前後のローラーが「13mmベアリングローラー+ゴムリング17mmアルミベアリングローラー」でHD3+4:1スーパーカウンターギヤの仕様にかなり近い走りを実現しました。
ここから、第3次ブームでのGUPの性能の高さを再認識することができます。

しかし、第3次ブームのGUPが優れているとしても第2次ブームのGUPが無価値であるとは思いません。
今回はたまたまアトミ2基準で合わせたからこの仕様になりましたが、PDやHD3で合わせてセッティングすればまた変わります。

あくまで「第2次ブーム基準のチューンモーターに合わせたセッティング」でストラトベクターをセッティングしたためこの結果となりました。


レイホークガンマの方は久々のスーパーラジコンの立体コース走行となりました。

今回のテーマは「チューンモーター基準でマスダンの軽量化をする」となります。

実はマスダンとモーターの関係は密接です。

ダッシュモーター基準で立体マシンを組めばスポーツマシンならマスダンは重たくなります(サイドマスダンの片側で7.7g〜8.6gあたり)。

対してチューンモーター基準であれば店舗コースがかなり天邪鬼(ロータリー組んだり、スロープとLC組み合せて入りにくくしたり)でない限り、大体はマスダンは軽くなります(サイドマスダンの片側で4.3g〜4.7gあたり)。

今回、この法則がスーパーラジコンでも通じるかレイホークガンマで試したところ、通用しました。

モーター+ギヤ比は「トルク2+3.5:1超速ギヤ」です。

これでもパワーチャンプRSでガン圧をかければLD+4:1やHD3+4:1と比べてもバンクの速さで劣るものの平地コーナーでの俊敏さでは凌駕します。

これが「パワーウェイトレシオ」と「ライトウェイト」の威力となります。

「軽さは全ての動きに影響を与える」と言われていますが、これはまさにその考えを検証するテーマとなります。

HD3とトルク2ではトルクはたがいに近い物があるものの、回転数ではかなり大差があります。

この回転数を補って速度を近づけてくるため、マスダンの計量化はとても効果があります。

今回のレイホークガンマの走りは「快調」で「レッドショルダータイム」状態でした。

各立体セクションで調子よくクリアしていたため、「たっぷり上乗せ」状態で走り回ってました。


今回はフラット・立体コース共に有意義でした。

画像3は自宅に戻った後にアップデートした仕様です。

内部部品をGUPに交換してリアタイヤをオフセットトレッド(ノーマル)外履きに変更しました。


今日はこんな感じです。
3 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月27日 12:10
    スーパーラジコンて走らせるのに料金かかるんですか?(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月27日 12:23
    > mixiユーザー 一応、300円と預かり賃として100円あったと思います。実際払うのは300円ぐらいで預けている100円は後で戻ってきます。たしか、タムタム神戸店でも150〜250円なので+100円ちょっとで本格的なコースが楽しめるのはお得だと思いますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月27日 15:02
    > mixiユーザー ありがとうございます(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月27日 15:04
    > mixiユーザー 漫画倉庫は無料で机椅子充電器用電源つかえますよか(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月27日 15:36
    > mixiユーザー 良いですね♪SKL本店は無料でしたが、マシン破損と電池購入でお金払うので暗黙のルールでは「買い物手からコースを使う」という方式でした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する