ホーム > mixiユーザー(id:32212643) > mixiユーザーの日記一覧 > ミニ四駆 ミニ四駆ベース計画

mixiユーザー(id:32212643)

2016年11月20日16:59

477 view

ミニ四駆 ミニ四駆ベース計画

こんばんは、月影TAKAです。

以前から私がイメージしている「ミニ四駆ベース」計画について今回語ろうと思います。

当然ですが、月影TAKA個人の力では「神戸ハーバーランドに模型店を置け」と神戸市に命令できる権限はないことを前提に話します。

あくまで、私の構想の範疇での内容ですね。

もし、私が神戸に東京の新橋模型店みたいな「完全タミヤ監修(もといタミヤ専門)の模型店」を置こうと思えば、間違いなく神戸ハーバーサーカスに設営しますね。

理由は「前例があるから」です。

今からさかのぼる事10〜12年前、丁度ガンダムSEEDやSDガンダムフォースをやっていた時期に「神戸スキヤキ店」とよばれる「ガンプラやタミヤ模型などの多目的ホビーを販売している模型店」がハーバーサーカスにあった点です。

「そんなん、模型店なんてできへんやろ(笑)」

と言われれば「なんめんな、昔あったわ」と答える。

それに神戸スキヤキ店は結構スペースもデカかった為、室内にも「新橋模型店の様な5レーンコースを置けない」という事をイメージすることが逆に難しいぐらいの広さです。

しかし、神戸スキヤキ店はガンダムSEED DESTINY前後で終了。まあ、記憶にはガンダムフォースあたりまでは生き残ってた。

閉店した理由は「スポンサーの撤退と今一つ押しが弱かった」点だろうな。

ここから得た教訓は「多目的模型店はダメ」という事。

理由は三宮にある。あそこには「ウェーブがメインにしている模型店」がある。

つまり、ウェーブ模型店からすると神戸スキヤキ店は「売ってるものが被る商売敵」となってしまい、「客の取り合いの果てに神戸スキヤキ店が閉店した」という結論になる。

規模は負けてなかった。ただし、同じ物が2つあったことが問題だった。

改めて言うが、ウェーブ模型店ではミニ四駆は売ってない。

つまり、新橋模型店のミニ四駆ブースのみを切り取ったような専門店(もしくは、RCを混ぜるのもあり)の場合、まずウェーブ専門店とガチバトルになる事はない。

もし、商売敵になるお店は三宮ジョーシンとなるだろう。

しかし、これは三宮ジョーシンに対するレーサー達の報復活動となる。

理由は「店舗コース」となる。三宮ジョーシンの店舗コースは前から語っているように「OHC1セット」だった。

こんな自宅コース1個がミニ四駆ステーションとしてタミヤ公式に登録されている「店舗コース有」とされるのが逆に神戸のミニ四駆のマイナスイメージではないのだろうかと思う。

その理由もある。理由は「SKL本店の人情」である。

SKL本店の方では少し前のイベント展示で店舗コースを撤去した際に、やはり店舗コース撤去しっぱなしはミニ四駆を楽しんでくれるレーサー達に申し訳ないということで、仮ながらも今までと変わらないコースを12月頭まで置いてくれる判断に至ってくれた点。

その人情に比べれば三宮ジョーシンの対応は天と地程の差がある。

三宮ジョーシンはブース整理をすれば(それこそRC販売ブースの撤去か縮小化をすればJCJC3〜4セットの立体コースぐらい簡単に組めるブースフロアを確保できる(つまり、SKL本店と同じ条件のコースを置くプランは実はできる)。

何故、RCブースの撤去を考えたかといえば「タムタム神戸店」にある。ミニ四駆コースもあるが、タムタム神戸店のメインはRCラジコンの方にある。

「東灘のタムタム神戸店に行けばRCパーツがいくらでもあるのに、なんで三宮ジョーシンに必要なのか?」を考えればキャラかぶりにもほどがある。

必要性や売れ行きを考えれば三宮ジョーシンのRCラジコンブースは今一つな気がする。

「ブースの関係でミニ四駆店舗コースが置けない」とした場合、需要はミニ四駆にあるならブース縮小するならRCラジコン側だと考える。

まあ、ここから言える事は三宮ジョーシンも伊丹イオンモールホビーゾーンも実際出向いてみれば、「店舗スペースとブースの問題」があるため、「片手間ではミニ四駆コースは運営できない」という問題が付きまとう。

その点、神戸ハーバーサーカスでは4〜5階は真っ暗となっており「テナント募集中」となっているなら、広いスペースも確保できる。

しかも、ミニ四駆に限定すればスーパーラジコン・新橋模型店クラスのコースが余裕で置けるスペースがある為、実は神戸にミニ四駆店舗コースを置く際に一番適しているのはハーバーサーカスだと私は考える。

また、第2の理由がある。

それが「イベント大会のスペースがハーバーサーカス内にある」点。

画像2になるが、「高校の文化部の合同発表会」が余裕でできるぐらいのスペースがある。

つまり、UBサーキットを3〜4個余裕で置けるスペースはあるし、上のビックスクリーンとカメラを連動させればマシンを度アップで撮影できるし、スクリーンを利用してガッツさんとミニ四ドクターのトークショーも可能である。

しかも、仮に「タミヤ神戸ハーバーランド店」というのが仮にできて、1回の空きスペースを店舗とできた場合、大会コースのコースパーツを置くスペースがあれば、大会の次の日に速攻で組み立ても可能である。

しかも、準大会イベントというのもハーバーランド駅前地下(画像3)で開くことができる。

では何故そうなっていないか、理由はかなりあるけど理由は大きく3つ。

1.「神戸ハーバーサーカスやハーバーランド駅前のイベントを考えているのが役員のじじい共だから」
2.「三宮とやり合い過ぎて、神戸のマンパワーが低下し過ぎ。つまり人手不足」
3.「阪神淡路佐大震災による被害により。都市計画が狂ったことから抜け出せていない」

特に3は酷い。これのせいでポートアイランドはほとんど使えんしな。

2については上記の問題。かぶるお店は喧嘩し始める(しかし、「タミヤのミニ四駆限定」とするなら問題はない。それに三宮ジョーシンタミヤタイアップのブースであるため、大本のタミヤ自身が「神戸にお店出すよ」とした場合、喧嘩しようがない(親に喧嘩を売ればただじゃすまない)。

1.が最大の問題点。数々の失敗の大半はこのジジイ共の見栄っ張りが問題ともいえる。

老舗のエリアに三宮があるのに「神戸がメインじゃ」といって阪急百貨店が入ったことで勘違いして三宮から商業地区の権利を取ろうとした点で三宮とケンカしたところから「神戸内で共食い」を始めたから発展するための力まで潰したのが問題。

ハーバーランドがイベント・展示会に限定していたなら今もこうなっていない(というより、当時の耐震問題による軽視もジジイ共の言及されるところ)。

おかげで、イベントが欲しい私達世代にイベントや展示の話が来ずに、ジジイ共によって税金が無駄に使われる。


おそらく、他県の方がこの内容を書けば問題事になるが、私は「神戸市民」であり幼いころから神戸で生まれて神戸で育った人間である。

まあ、広島に島流しにされたり修学旅行として東京に行ったり、大阪に遊びに行っているため各県の特徴を統合して長所をまとめても神戸がその要素の一つも勝つ要素が無いのは明白である。

これは自分の目で確認して、自分で判断したところにある。

神戸市民である以上、神戸の会社で働けば税金も問答無用で引き抜かれて給料もらうし、それを貯めて後の生活費にしようと思うし。

しかし、ネットで見つけた「老人中心の街づくり」という神戸のプランに対して本当に腹が立った。

「俺達はお前たちを生かすための糧か!!」とも思ったよ。

自分達の見栄っ張りの果てに失敗して、それを俺達に押し付けるとはたいそうな身分だと思ったよ。

鉄人28号もそういう福祉施設も全部「税金」で作られるなら、私達が「納税の義務」出払ったお金は全て考えているジジイ共の見栄っ張りの果てに消えるとすると本当にやるせない。

今の流行の一つに「ミニ四駆」があるのなら、「親子の交流」の一環としてそういう楽しむスペースを神戸市が負担してタミヤタイアップで模型店を作ることに「流行に載る」事と「若い世代の娯楽を与える」事にならないのかと考えるよ。

あくまで、私が仮想するプランなので現実性はかなり低いです。

しかし、私も神戸市民として税金を払いながら働いている以上、「訴える権利」ぐらいはあると思います。



まあ、重い話はこんな感じ。

今回は昨日買ったミニ四駆の「アルミホイール」をレイホークガンマに取り付けました。

実を言えば、「アルミホイール」って今回初だったりします。

私がアルミホイールを見たのは今から20年前の「サイクロンマグナムの作例」ですね。

青いボディーのサイクロンマグナムでエアロハイマウントローラーのウイングでした。

そのマグナムが凄くカッコよくて、そのマシンが履いていたホイールがアルミホイールでした(凄く径が大きくて、中のスポークが手裏剣みたいにエアロスポーク化している奴です)。

「あれ、欲しい」と思っていたのですが、発売してからしばらくして一気に売れてしまったらしく第2次ブームまで届かなかったみたいです(第1次ブームぐらいで出たGUPみたいですね)。

なので、今回がアルミホイールのリベンジであり、初アルミホイールとなります。

当然、当時基準でトルクチューンですよ。

トルクチューン+3.5:1超速ギヤ、アルミホイールでどういった走りになるか楽しみです。

また、時間を見つけて試すつもりです。

今日はこんな感じです。
5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月21日 15:51
    ホイール格好いい!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月21日 18:47
    > mixiユーザー コメントありがとうございます♪

    実はタイヤゴムにも色合いの秘密があります。

    これは「彼女のカレラ」でやっていたことですが、雑誌に載せるマシンのホイールサイズやタイヤカラーについて実演しながら違いを見せるシーンがありました。

    実はタイヤゴムが黒いのは「見解上でマシン全体の安定感を出す」「どっしりしたイメージを出す」効果があるみたいですね。

    また、ホイール径が小さくタイヤ径が太いと力強いイメージがありますが、ホイール径が大きくタイヤ径が狭いと「マシンが軽く、インパクトがある様に見える」効果があるみたいです。

    ここから「ペラタイヤの大径マシンが速そう」と見えるのが実はこういう見解上の効果があるのかもしれないです。

    実車の世界でもそういう見せ方があるらしく、径の大きいホイールを履かせてシャコタンにするのは実はこういうインパクト効果を狙う手法だったりすると思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する