ホーム > mixiユーザー(id:3216992) > mixiユーザーの日記一覧 > 地上からの高さが45僂50僉△匹辰舛低い?とか、鉄板の厚みが10僂8僉△匹辰舛厚い?など、

mixiユーザー(id:3216992)

2018年03月31日13:16

119 view

地上からの高さが45僂50僉△匹辰舛低い?とか、鉄板の厚みが10僂8僉△匹辰舛厚い?など、

わざわざ答えるまでもない愚問だと思うが、

前者がカウンタックとBBのエンジンの地上からの高さ、後者がティーガーIとパンター戦車の前面装甲なら、そんな単純な数値の比較では結論が出せないのではなかろうか?

マア、一種の数字のマジックと言えよう、



■「陸上総隊」発足、運用を一元化=機動師団、旅団へ改編−対中国念頭に離島防衛
(時事通信社 - 03月23日 16:30)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5039481
6 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月31日 13:21
    そんな単純な数値の比較では結論が出せないのではなかろうか?マア、一種の数字のマジックと言えよう、
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月31日 15:19
    > mixiユーザー レーシングカーはあまり得意分野ではありませんが、速度を出すレーシングカーであれば重心位置は低いほど安定が良くなるのでサーキットを走るならカウンタックの方が有利な可能性がありますね。
    でも、両者は一般道も走るスポーツカーです。実用を考えたらシャコタンが走行性能クソみたいに悪いのから分かるようにBBの方がマシと言えるのでは?
    戦車装甲については一般人のイメージではティーガーの強大さが目立つのでしょうが、実を言えばほぼ無傾斜のティーガーの100个鳩梗个鬚けたパンターの80个和膾垢覆い鵑任后
    差が出るとしたら徹甲弾を食らった時に逸らせるかどうか、榴弾のような炸裂力の強い砲弾やHEAT弾のような特殊弾に対する耐性でしょうかね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月31日 16:08
    > mixiユーザー 流石ですね、そうらしいのです、今は無きツクダホビーが、戦争モノのシミュレーションレーションゲームを手掛けていた頃、戦車ファンのデザイナーが機関誌に述べていました、ティーガー1とパンターの前面装甲はどちらが上かと、昔から戦車ファンの間では議論が行われて来たと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月31日 19:38
    岡田さんでしたね。
    シミュレーター読んでました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月31日 21:25
    > mixiユーザー はい、シミュレーターでしたか、ツクダのオペレーションでしたか、どちらかだったかと手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月31日 21:41
    > mixiユーザー これも少し捻りが入ってまして、エンジン高はカウンタックは地面から45僉BBは50僂函確かにカウンタックの方が低いのですが、

    カウンタックのエンジンは60度V12、対するBBは180度V12、つまりフラット12になります、ですから、重心の高さは両者同じか、若しくはカウンタックの方が高いかもと言われています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月01日 01:46
    > mixiユーザー なるほど、カウンタックもBBも五十歩百歩ってことなんですね。
    ティーガーとパンターについて言うと両者の戦場でのタフさを分けた要素があるとしたらその重量ではないかと思います。
    足回りに欠点を抱える両者なので整備性の悪さはさて置き、45tのパンターと57tのティーガーなら被弾時に衝撃に耐える力に差が出たかも知れません。(軽いように見えるパンターでも日本陸軍基準なら立派な重戦車なのはご愛敬)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年03月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031