ホーム > mixiユーザー(id:3216992) > mixiユーザーの日記一覧 > 巡洋戦艦フッドの防御重量比は排水量の33%と、同世代の戦艦長門型より高いくらいだが、装甲の配置が旧態然としていた上、

mixiユーザー(id:3216992)

2018年03月05日14:03

179 view

巡洋戦艦フッドの防御重量比は排水量の33%と、同世代の戦艦長門型より高いくらいだが、装甲の配置が旧態然としていた上、

大改装も行われないままデンマーク海峡の悲劇で果てた、

またノースカロライナ級は41%と、KGV級やビスマルク級、そして大和型など海軍休日明けに建造された戦艦の中で群を抜いていたが、所詮は対14インチ防御のままであった、

この防御重量も堅牢さを表す数字にはならない由、しかし、そんなアンバランスな艦に惹かれてしまう。

フォト

フォト


軍艦島をマイクラ上で実寸再現 200時間かけて研ぎ澄ましたクオリティに絶賛の嵐
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=4970446
3 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月05日 14:20
    この防御重量も堅牢さを表す数字にはならない由、しかし、そんなアンバランスな艦に惹かれてしまう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月06日 03:37
    近代化改装できないほど最前線を走り回ったというのはフッドの不幸なのかもしれませんな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月06日 19:16
    > mixiユーザー 温存目的と燃料が心配で、トラックで惰眠を貪っていた日本戦艦と、どちらが幸せだったのか?不幸だったのか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月07日 05:57
    > mixiユーザー それは戦死者や遺族には大変申し訳なくも、砲撃戦で戦えたのは不幸中の幸いかもしれませんね。あくまでもあるひとつの見方ですが。その後ビスマルクの乗員は船が沈まず、上部こうぞうぶつを破壊しつくされても砲撃は止まず、なぶりものにされた事を考えたら、戦争自体が二艦にとっての不幸でしょうな
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月07日 21:51
    > mixiユーザー そう、そこなんですよ、戦艦と戦って沈没したから満足だっただろう、みたいなことを書いている人がいますが、戦死した人の命はどうなんだ?と思うのです、

    長門でも、西村艦隊に合流してスリガオへ突っ込んでいたら、100%生還できませんでしたから、乗組員は九死に一生を得ましたよね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月08日 04:27
    > mixiユーザー 実際のところ、日本とアメリカは戦前戦中のある1期間を除いて、
    開国以降100年の間で最大の友好国でした。不幸なことに両国ともソ連の良いように踊らされて、
    友好国同士が相撃つ結果となり、勝ったアメリカも得るところなく朝鮮戦争・ベトナム戦争で
    多くの国民を失いました。
    周辺諸国は今でも日本を「アメリカの犬」と蔑んでおりますが、
    彼らは日米の100年間の友好を知らないだけです。
    幸いにも現在日米は強力な同盟関係を結んで支那の脅威に対抗しようとしています。

    戦争を引き起こさないためには、まず国力を増し守りを充実し、相手が崩れるのを待つ。
    これが大事だと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月11日 21:46
    > mixiユーザー 貴殿のこういう話は何時も感心させられます、私はこの手の話はからっきしダメですから、

    私の興味は特定の戦闘の特定の場面に限定されます、因みにFBの友人がmixiにやって来て下さいました、今後も宜しくお願いします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月12日 01:42
    > mixiユーザー 了解しました。
    結局私は興味がある分野が偏りすぎていて、
    特に第二次大戦あたりは薄学ですが今後ともよろしくお願いいたします。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年03月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031