ホーム > mixiユーザー(id:3216992) > mixiユーザーの日記一覧 > 戦艦VS戦艦の3大決戦は、ビスマルク追撃戦、第三次ソロモン海戦

mixiユーザー(id:3216992)

2015年07月22日12:40

280 view

戦艦VS戦艦の3大決戦は、ビスマルク追撃戦、第三次ソロモン海戦

は同感だが、西村艦隊が全滅したスリガオ海峡海戦は微妙だ、通説では、

フォト



米戦艦6隻からのレーダー射撃に対して、旗艦の戦艦山城や扶桑も主砲を轟かせ応戦したが、撃沈されてしまった、とされているが、実際には、

フォト



その前の、米駆逐艦隊の雷撃で先に扶桑が沈没、山城も深傷を負ったとされており、

米戦艦群の発射した砲弾は殆ど命中しなかったものの、山城は沈没したとされている、

フォト


戦後70年談話発表 8.10以降に
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3527962
5 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年07月22日 12:53
    三大決戦なら、戦艦デューク・オブ・ヨークに、シャルンホルストが撃沈された、北岬沖海戦の方が適当だと思うのだが、

    日本では余り知られていないのだろうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月02日 15:49
    西村提督は、最後まで扶桑が最上と駆逐艦を率いて進撃すると信じていたのか【我を省みず前進、敵を攻撃】せよ、みたいに(^_^;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月04日 12:56
    > mixiユーザー 栗田は反転して逃げてしまい、西村提督の命懸けの行動は水の泡に、

    小澤艦隊も、上手くハルゼーを誘き出すのに成功したのにぷっくっくな顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月04日 14:40
    > mixiユーザー 

    ゆえに【逃げ栗】です・・・

    ヘンダーソン飛行場の砲撃に成功しても、さっさと切り上げて逃げてますし(もっとも、あと一二往復して射撃を続けた場合、砲員に熱射病など多数出た可能性は否定できませんが)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月05日 13:13
    > mixiユーザー 考えようによっては、大和と武蔵を思い切って投入する、最後のチャンスだったかも知れませんね、

    2隻共、魚雷艇の雷撃と、駆逐艦隊の雷撃で、大きな深傷を負い、速力も低下するでしょうが、

    実は、待ち構えていたアメリカの復讐戦艦6隻中、実際に砲撃を行ったのは5隻で、

    更に本格的に砲撃を加えることが出来たのは、その内の3隻だけだったことが分かりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月05日 16:02
    > mixiユーザー 

    故障とか起きていたのが実情みたいですね(^_^;)

    米機動部隊の参謀の中には、小沢艦隊を囮と見破った慧眼の持ち主もいたようですが、結果としてハルゼー提督は全艦艇を率いて北上、サンベルナルジノ海峡は「もぬけの殻」に(^_^;)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031